Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

民進党幹事長に山尾氏起用 枝野氏は代表代行へ

2017-09-03 22:49:51 | 日記

2017/9/4 (敬称は省略します)

民進党幹事長に山尾氏起用枝野氏は代表代行へ

●思わぬいい人事が出来た。 攻撃とウィングを拡げるチャンスの可能性がうっすらと見える。 それに加えて前原が小沢と話し合った今までの理解の深まりが前原の視野をどこまで広げられるか?   淡い野党連合の可能性すら感じられる。

その意味で枝野が代表代行になったことは大きい。 とにかく前原が一皮剝けた成長のあかしとして捉えたい。 こうなれば若狭の日本ファーストに引っ張られるイメージから政策調合を経て両者が一極打破のために対等に競りあがることも考えられる。 詰りは民進が日本ファーストに寄っていくのではなくお互いが切磋琢磨の末の共存の可否までが想像できる前向きの予想ができる。その方が自民からの移民流入の際にはイメージが良い。 そのうえで換骨奪胎の新たな野党連合の目が出来れば日本の政治に幅広い野党協調の横の統一戦線が出来る可能性を秘めている。 そのときに小沢の自由党がそれを繋ぐ接着剤になればある意味、心強いし自公にとっては怖いことである。 いまは想定していないことが興る、それもある日突然でもある。 野党がいつもそれに対して後手であった時から先制攻撃に素早く動ける体制挽回の時期の到来のかすかな胎動を民進の人事からもすこしく垣間見れる。 論客の山尾のあのがむしゃらな攻撃的論戦が幹事長の要職を得てさらに磨かれることを強く期待したい。 稲田の様なへなちょこヘリコプターで墜落したようなオンナとは一味違う根性の据わったオンナ幹事長をみせてほしい。 期待の星だ。 枝野もワンランクアップで広い拘りの政治家からもう二皮くらいは向けてほしい。

野党全ての獲得票は自公を上回っているこの神聖な事実を野党の政治家はもう何十年も見殺しにしてきた。 改めて思案せょといいいたい。

アベの外交下手がとうとうここまで日本を危機に追い込んだ。 それは無策の野党にも絶大なる責任がある。 いまこそまたまた退廃して政官財産学の既得権益に沈殿した自民政治に5年ぶりのマタマタの神の審判ならぬ現実の野党の生の政治家の義憤が新たな国民の支持をえて大ナタを振り上げて自らの手で政権奪取まではすぐに行きつかぬまでもその確信くらいは掴み取れ。 そのつぎにそれを成しても遅くはない。 それほどの長い惰眠を野党連中も貪っていたのだ。 その無駄な時代の歳費という税金の浪費をこれから償って返済するのは当然の議員の仕事だ。 それと日本は大陸との関与なしには地政学的にもありえない。 これを無視したアベの歴史に掉さす異次元のアホ外交はとうとう日本をここまで危機に追い込んだ。 はやくこんな奴はトッカないと日本ロスになり兼ねない。 しかしそれは大変な深みからの日本引き上げの大仕事でもある。 しかししないわけにはいかない。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進の2足わらじに危惧 | トップ | 民進党幹事長に山尾氏起用枝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL