Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

小池は10日には参戦すべき。どうせ拾った希望のチャンスだ。

2017-10-06 08:27:21 | 日記

2017/10/6 (敬称は省略します)

小池は10日には参戦すべき。どうせ拾った希望のチャンスだ。

●小池ももう自縄自縛、自己矛盾の罠に堕ちたのか?  これでは偉そうにアウフヘーベンなんて言わなきゃよかったに。 この言葉の矛盾を乗り越えるところにあなたのエネルギーの元の発露があるのでは?   ここ10月に入ってからの貴女の右顧左眄はどうにも隘路にハマって行き場を失ったチョロネズミ。 信長も桶狭間を乗り越えて天下取りに道を開いたのだ。 ここまで来たのだから、小池の旗印のもとに秀吉の中国大返しならぬ、小池の大狂気を演じるならば物凄いエネルギーがこの選挙期間中に集中して大番狂わせの単独一位にもなるかも。 自民は150近く減る可能性も無きにしもあらずだ。 ここでヘタレては何のための都議会制覇であったのか?  いまに都議会に後戻り逃げかえってもこいけの居場所はもうない。 あれも風の又三郎の一過性のつむじ風だ。 いまそのつむじ風はまさにこの解散選挙にあるそのさなかのいまだ。ここにこそ全エネルギーが溜まっている。 アベの逃げのウソを徹底的についてこの短期の政争選挙を勝ち抜くのだ。 もうチマチマした手練手管の小手先を弄するときではない。 今日を入れてあと4日間、大どんでん返しのおお芝居を前原とともに熟慮断行あるのみ。 アベのインチキ政治に較べれば何の遠慮がいるものか?  このままでは小池も前原も犬死だ。 それなら都知事で終わればよかった。 あんたの国政への色気がこんな後戻りで自滅することになったのだ。 後の結果で判断するとはなんと情けない言い訳だ。 乗った前原を死なせることにもなる。 あんたが今持っているエネルギーを爆発させないでなんとする。

後の結果はいまの決断でなんとでも変わるのがいまだ。 崖の上にまでまたまた上ったのはあんただ。もう降りられない。 自決するならば死を覚悟で飛び降りろ。 絶対に活路は開かれる。 有権者はその糞度胸を期待しているはずだ。 虎穴に入らずんばだ。

https://www.facebook.com/?sk=welcome

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結果をみて判断する。 小池... | トップ | 小池の最後の下駄の履き方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事