わたしのブログ

楽天ブログから引っ越しました

2017年度・フィギュアスケート強化選手 追加指定予想 6

2017-06-14 | フィギュアスケート(覚え書き)

同様に、ペアについても調べてみました。

まずは、ISUシーズンベストと強化選手のランクの関連をみてみます。

ペア

  1. 須藤&オデ組(164.96):A
  2. 須崎&木原組(130.85):A
  3. 三浦&市橋組(120.19):B

資料1:ISUシーズンベストスコア 2016-17

資料2:平成29年度強化選手/フィギュアスケート- 日本スケート連盟(2016年5月19日)

 

リストに掲載されていたのは85組(79.69~232.06点)。うち日本スケート連盟の選手として登録されているのは3組のみ。なので上記プラス「全日本選手権」「全日本ジュニア選手権」を含めたシーズンベストとの関連をみてみました。

  1. 須藤&オデ組(164.96):A
  2. 須崎&龍一組(146.25):A
  3. 小野&キリング組(136.06):解散
  4. 成美&柴田組(122.38):B
  5. 三浦&市橋組(120.19):B

資料3:第85回全日本選手権大会 公式結果

 

序列について全く疑問はないのですが、男女シングルと同じ認定基準を当てはめた場合、

  1. 須藤&オデ組(164.96):特別 ※全日本メダリスト
  2. 須崎&龍一組(146.25):特別 ※全日本メダリスト
  3. 成美&柴田組(122.38):A ※全日本入賞
  4. 三浦&市橋組(120.19):A ※全日本ジュニアメダリスト


となります。シングル選手であれば特別強化選手に認定されるものが、ペアだと認定されない理由って何だろう? 競技人口に対する予算配分とかもあるのかな? となると、競技人口が倍に増えると強化選手の人数も倍になるのかな? それとも何か別の基準があるのかな?


そして気付いた事なのですが、この4組、国際大会に派遣したら、全てシーズンベスト75位以内に入れて、来シーズンのグランプリシリーズに出場出来る可能性があるのでは

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日 | トップ | 2017年度・フィギュアスケー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む