びわ山「裏」日記

びわ山従業員が裏でこっそりつづる日々。

今年もニョキニョキ

2017年04月18日 | 季節の話題

散り始めた桜を一気に終了させてしまったこの雨はしっかりと地面にしみこんで次の命をはぐくんでいるようです。

 

この時期竹やぶ周辺の見回りを重点的に行います。

竹やぶの隣は農地(どちらも当農園の所有地)になっていて、そこからタケノコが生えてくるのです。

どうやら竹の地下茎が農地に侵入しているみたいで、生えてきたタケノコを放っておくともちろん竹になってしまいます。竹やぶにしないためにも生えてきたものはきっちり収穫して腹におさめる必要があるのです。

またタケノコはイノシシの大好物でもあって、放置することはイノシシを誘引する原因にもなるので(来れば荒らされる)とにかく取り除くしかないのです。

(上記の内容は毎年書いているような気がしますが…)

 

 

今年は少雨のせいで出が悪いなんて言っていましたが

何回か雨が降ったら、出てきましたよ!

もうニョキニョキと(笑)。

最近は、仕事終わりに見回りをしてタケノコが生えていたら収穫する→その晩すぐにあく抜きをする…の繰り返しですね。

あくを抜いたものはタケノコごはんや煮物そして天ぷらにしていただいています。

今年は小さいうちにGETできているためか、根に近い部分までやわらかくて大変美味です。

もう食が進んで大変です(爆)。

 

もうしばらくタケノコ攻めの毎日が続きますが食べきれない分は知人などに差し上げたりして、農地の保全に努めていく所存でございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原点もよきかな | トップ |   
最近の画像もっと見る