竹林の愚人  WAREHOUSE

Doblogで綴っていたものを納めています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡崎神社

2006-09-06 16:53:39 | SIGHT

岡崎神社(おかざきじんじゃ) 京都市左京区岡崎東天王町51
社殿によれば桓武天皇の平安遷都に際し、王城鎮護のため平安京の四方に建てられた社の一つで、都の東にあることころから東天王と称した。
其の後、社殿が炎上したため貞観11年(869)社殿を造営し、あらためて播磨国広峯から祭神を迎え祀ったという。
古くから産土神として付近氏子の信仰を集めていたが、冶承2年(1178)中宮の御座の奉幣を賜ったことから安産の神として信仰され、また、往時の王城鎮護方除の勅願により方除厄除神として信仰されている。
例祭は7月16日に行われる。氏子祭は10月16日で、この日行列を整えて氏子町々へ神幸があり、櫓太鼓を先頭に11基の振鉾を連ね、神輿の渡御が行われる。この振鉾のうち、特に大鷹鉾は平安時代の姿を伝える名鉾として有名である。


社殿 祭神:素盞鳴命・櫛稲田媛命・五男三女神


創立当時、兎が多く、氏神様のお使いとしている。
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレードランナーの未来世紀 | トップ | プロ脳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。