パンセ(みたいなものを目指して)

サッカー・音楽・本・旅・それから市民生活に関すること、普通の庶民が思いつく偏見と独断に満ちた省察(?)

江戸時代の奥三河の事件

2016年10月12日 18時36分26秒 | 徒然なるままに

今朝の中日新聞に興味深い記事があった(画像クリックで別ページに飛びます)

 これはいつもの市政絡みではなく、単純に面白い
記事には、江戸時代、1832年から37年にかけて「議定論騒動」と呼ばれる農民と
商人の争いがあった 。そこで双方とも江戸に出向き勘定奉行の裁きを受けるまで
争議は拡大したとある

きっかけは天保の大飢饉のときに、農民は米がとれないのでコウゾや串柿、たばこを商人に
販売し、その代金で年貢を納めていた。
ところが農民はある書類を手に入れた。それは商人が農作物の買い取りのルールを決めた「議定書」
農民は商人が結託して農民を苦しめていると憤慨し、5年にも及ぶ争議が勃発したのだそうだ

この騒動の顛末を日記に残したものがあったが、戦後所在不明となっていた
それがこの度見つかったというのだ 
ロマンというには生々しい話だが、こういった欲絡みの話はリアリティがあって面白い
商人たちは今で言う「カルテル」を結んだということなのだろう 

そして、この話の現代的なこと
呆れるくらい人間というのはいつの時代も同じことを行っている
こうした例は、あまりにも多すぎて人間の本姓ではないかとさえ思ってしまう

江戸時代のこの地方の裁判沙汰は作手と矢部(だったかな、違うかもしれない )の
境界線についての争いがあり、それを大岡越前が裁いたという話を聞いた記憶がある
江戸時代なんて昔の話と思っていたが、案外身近なところにあったりするものだ

この日記、誰か現代文に書き起こして本にしてくれないかな
是非読んでみたい
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議な光景、よくある光景 | トップ | 新城の若者議会についての疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。