パンセ(みたいなものを目指して)

サッカー・音楽・本・旅・それから市民生活に関すること、普通の庶民が思いつく偏見と独断に満ちた省察(?)

ボブ・ディランか!

2016年10月14日 08時25分39秒 | 徒然なるままに

今年のノーベル文学賞はボブ・ディラン
村上春樹はまたしても受賞を逃すことになった
日本人としては少し残念なところもあるが
(出版社が一番悔しがっているだろうが)
ボブ・ディランは前々から候補に上がっていたし
仕方ないといったところかも知れない

ところで、今までに文学賞を取った人の作品を読んだかと言えば
日本人の川端康成は、少し読んだ
大江健三郎は、途中で挫折した作品ばかり
外国人では、古いところではヘッセはしっかり読んだ
ウンベルト・サバはなにか気持ちよくて時々読み返す
オルハン・パムクはこちらに気力と体力がないと続かない
リョサは面白そうだけで、やはり本の厚さに圧倒される

少し分野が変わってベルクソンも面白そうだが、やはり気力が必要
こうしてみると、ノーベル賞をもらうような作家を読むには
それなりの根性が必要ということになりそう
(それだけ作家も全エネルギーを費やして書いているので
読む方も同様のエネルギーを必要としているかのようだ)
さて、村上春樹は気力が必要か、、、、

そんなに気力を要しない(?)ボブ・ディランが受賞したのだから
やはり気力をそれほど要しない村上春樹も、いつかは、、、

多くのミーハーが多分するように、
今日はボブ・ディランのレコード(CD)を聞こうかな

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新城の若者議会についての疑問 | トップ | 読みたい本から、読む本へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。