パンセ(みたいなものを目指して)

サッカー・音楽・本・旅・それから市民生活に関すること、普通の庶民が思いつく偏見と独断に満ちた省察(?)

「奔馬」やっぱりよくわからない三島由紀夫

2017年05月18日 20時05分15秒 | 

「奔馬」を読み終えた
学生時代からの二度目だ
「春の雪」を読んで時間が経っていないので 
前作で仕込んだエピソードは思い出す事ができたし
次に繋がるだろうエピソードもなんとなく予想がついた

しかし、よくわからない
というのが読後の正直な印象
まず前提となる「純粋な美しさ」なるものがよくわからない
そして「切腹」につながる死へのあこがれみたいなもの
それらがほとんど理解できない

神風連のエピソードの後半は、切腹シーンの連続で嫌になるくらい
これは森鴎外のなんとかいう小説にもあったが、時代背景とか時代の空気というのか
今の自分にはとても理解できない

確かにイメージを喚起する文章はしばしば存在する
でも、相性が良くないから全然心に響かない

ついで「暁の寺」に行こうと思ったが、どうやら気持ちは離れている 
「暁の寺」よりは今は現代語訳で「源氏物語」でも挑戦してみようか
という気分の方が強い
いやマンガの「あさきゆめみし」の方がいいかな(図書館にあればの話だが) 

いつもの、どうでもいい話!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とりあえず復活、議会改革検... | トップ | 上司の命令に従う義務(何が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。