パンセ(みたいなものを目指して)

サッカー・音楽・本・旅・それから市民生活に関すること、普通の庶民が思いつく偏見と独断に満ちた省察(?)

中古レコードを手に入れた

2016年10月29日 15時26分00秒 | 音楽

古いカメラを何台も持っているアンティーク好きの人から
中古レコードを頂いた

実はその人も別の人から譲ってもらったのだが
自分がレコードを聞くと知って、声をかけてくれた

話があったのは昨日のこと
早速頂きに出かけた
ダンボールに入ったレコードは、クラプトン、グランドファンク、ユーライア・ヒープ、
クリーム、ウイッシュボーン・アッシュなどロックのカテゴリー
そのほとんどが聴いたことのないものばかり
それで比較的大きな音量でも許される(?)昼中に聴いた

まずはウイッシュボーンアッシュ、ついでグランドファンク(フェニックス)
クラプトン(just one night)ユーライア・ヒープ(the magicians birthday)を
片面づつ

なかなかご機嫌だ レコードで聴くよりライブで聴く方が絶対楽しい
と思わせるものばかり
それに、今は客観的になっているが生命力に溢れた若い時に聴いたら
これらの音楽にもっとハマってしまっただろう
この疾走感、エネルギー、理由もなく魅入られたに違いない

で、今日聞いた中ではライブのクラプトンが良かった
クラプトンはダミ声で歌うパートよりギターの雄弁な演奏を聴くところのほうが
ずっと楽しい
それはまるでオペラのアリアを聴いてる感じと似ている
歌詞はなくても明らかに何かを言っている  そんな感じだ

ということで、まだまだこれからお楽しみの時間は続く
ながら聴取はもったいないので、しっかり聴くぞ! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他市の「自治基本条例」と比... | トップ | 新東名バスは相変わらず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。