パンセ(みたいなものを目指して)

サッカー・音楽・本・旅・それから市民生活に関すること、普通の庶民が思いつく偏見と独断に満ちた省察(?)

読みかけの本(戦争まで・まちづくりの哲学)

2017年01月04日 21時14分54秒 | 徒然なるままに

昔は一冊を読み終えないと次に行けなかった

でも今は読みかけの本がいくつもある
果たしてそれらは最後まで行くのだろうか
と思えてしまう

今手元において気分次第で開いているのが

気楽な気持ちで購入したが、思いの外手応えがある(ありすぎる)
少しばかり気合を入れないともったいないかもしれない

と思いつつ、図書館からは吾妻鏡絡みの歴史本を借りてしまった
マンガの記憶のあるうちに読むのは効率的だが
画像の二冊は絶対読み終えねば! 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンガの吾妻鏡 | トップ | ブルックナーの4・8番をオル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。