河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

あ~あ、キャンプ中止!

2017-06-30 08:35:27 | 日記


今日から2泊3日でキャンプに行きま~す・・・

キャンプに行って来ました~・・・

だったのにね~アンタッ!
行かれないじゃんか、バカ。
窓の外を見ると・・♪ 雨、雨ふれふれ母さんが~じゃんか、バカ。

気象庁はだね~、天気予報じゃなくってさ、
天気操作庁になれないもんかね~。バカ。
あ~ホントにバカバカ、バッカも~んッ!

西湖自由キャンプ場。
いいキャンプ場なんだよな~。



いつ入場しようが自由。
何処にテント張ろうが自由。
そこらに居る、いい女をテントに引きずり込もうが自由。
何をしようが、他人に気づかれなきゃ自由。
ホントにいいキャンプ場なんだよな~。

だのに・・♪ 雨、雨ふれふれ母さんが~・・バカヤローッ!
俺は許さないぞッ!
絶対に誰かに石ぶつけてやるッ!



俺は、もう朝から焼酎飲んでる。
って事は、もう決定的にキャンプはオジャンって事なんだよな~。
涙・涙・・・のやけ酒。

もう仕方ない。
今夜は、聖蹟桜ヶ丘のオイスターバーにでも行って呑みまくるか・・・
大好きな牡蠣を食べまくり、呑みまくってくるか~。

土日はね、適度に歌声喫茶なぞ行って・・どうなるかな~?
やけ酒ならぬ、やけ唄いだと・・一体どうなるのやら?

さてと、問題は来週の火曜日だよ。
俺は、ともしび合唱団の女性と焼き肉デートの約束をしたらしい。
というのは、全然覚えていないんです。
妻が記憶していて、
「貴方は火曜日の約束をしていたわよ」と言うのです。

俺は「エッ!」と本当にビックリしました。
全然、な~んも覚えていないんですから。
ま、そういった事ってのは、俺の人生じゃ、さほど珍しくもないんですが。

火曜日の昼は、ある歌声があり、
それが終わった後、俺は調布に行って、彼女が現れるのを待つしかないな~。
だって彼女の電話番号を知らないんだから。

さてさて、と、
いっつもいい加減なこの俺らしき、この週末。
と来週の火曜日。
ま、テキトーないつも通りの人生なぞ、やるかね~・・・




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もしガンになったら・・

2017-06-28 09:39:07 | 健康
もし、自分がガンになったら・・どうするか?

ここ数年間で、私の身の周りでガンによって亡くなった方が何人か居ます。
その方々で70歳を越えていたのは、一人だけ。
殆どが私より若い50代、60代で亡くなっています。
また自分の知り合いではなく、有名人でもガンによって亡くなった方も居ます。

そういった方々を見ていると、
私は、これは個人的な見解ですが、
ガンになったら、結局は精々5年とかで逝ってしまう様な気がするのです。

知り合いの男性は73歳くらいだったか、
ガンと宣告された時点で、全てをあきらめ放棄してしまいました。
病院にも行かず、何の治療もしなかったのです。
彼はそれから、やはりというか1年と経たずに旅立って逝きました。、
彼の心は、人間だったら「生きていたい」という気持ちは勿論あるでしょう、が、
70歳を越えて、既にある程度、人並みの寿命を生きたという思いもあり、
ジタバタせずに神の召されるままに残りの日々を生きる。
それで自分はいいんだと覚悟を決めたのですね。

何とかして助かりたい、もっともっと生きて人生を楽しみたいと、
頑張りに頑張る人も居ます。
しかし、そうやって頑張りに頑張っても、
精々5年程度しか人間は生きられない様に思えるのです。

73歳の彼の様に、あきらめられる人もいますが、
その人の諸事情により、死ぬに死ねない人もいるのです。
その人は男性で多分70歳前だったと思うのですが、
奥様が身体障碍者で、彼の介護なくしては生活に支障があったのです、
死ぬに死ねなかったのです・・が、ダメでした。
「俺は死ぬ訳にはいかないんだよな」と言いつつ、
結局は後ろ髪引かれる思いのままで逝かざるを得なかったのです。

ある男性は自分がガンだとは最後まで家族からも知らされず、
知らないままで、1年足らずで逝きました。68歳でした。

私の母親も、
もし自分が大病になったら、どうか治療をしないで欲しい、
身体中に管を差し込まれ、意識も有るか無しかのベッド人生にはしないで欲しい、と、
正式な文書をしたためていました。
ですから94歳だったかで乳がんが見つかった時、
既に母は半ボケ状態で何も判らず、
私は私の判断でそれからの治療を決めなければならずに悩みました。
結局、摘出手術をしたのですが、
母は自分がガン手術をした事すら覚えていませんでした。

歌声の女性は、57歳、58歳、69歳でそれぞれ亡くなってしまったのですが、
何年か前にガン手術をしていて、それが再発した為だったり、
何年間かのガン治療を受けていて、抗がん剤により脱毛していたり、
といった具合で、結局は5年持つかどうかで逝ってしまったのです。

ガンは早期発見、早期治療が最も大事とは言いますが、
もしそうならなかったら、どうするのか?
そこが問題なんです。

ガン細胞を圧倒的に短期間で駆逐するという方法を、
ネットで見たのは、ごく最近の事でした。
酸性体質を、アルカリ性の体質に変えればいいとか・・・
そんな事だったかな。
それには、野菜のゴーヤ(苦瓜)を摂る事だそうな。

それで数か月前にその方法を試みて、
ガンにならない体質作りをやってみました。
ゴーヤをジューサーにかけて飲むのです。
しかし、そのままでは不味くて飲めないので、
私はバナナもジューサーにかけて一緒に飲むという事をしたんですが、
やっぱり不味くて、まるで三日坊主で終わってしまいました。

しかし、もし自分がガンと宣告されたら、
私は身内に迷惑をかけて多大の治療費をかける事はせずに、
ひたすら不味いゴーヤジュースを飲む事でやってみようかと思っています。
生きるか死ぬかの時の不味さなど、いくらでも乗り越えられると思うのです。

それでもダメなら、自然のままに死ぬ。
それでいいかなと・・・そんな事を思うのです。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コロブチカ集大成本が凄い

2017-06-27 10:28:47 | 歌声喫茶


久留里の歌声喫茶「JOY」は、
10年という足跡を残し、
今や歌声喫茶界では押しも押されぬ(有名人)的な歌声喫茶となっています。

ロシアの歌が大好きといった方々が大挙して押しかける・・
そんな歌声喫茶になっています。

それもひとえにオーナーである、清水幸雄さんが、
大のロシア贔屓であるからです。

清水さんは、その性格が緻密でもあるんでしょうが、
それらロシアの歌の経緯といった事を、事細かに調べ、
それを月一回の歌声喫茶開催日に「コロブチカ」というプリントにまとめ、
その集大成として、今回一冊の本にしたのです。

全143曲、本の厚みは1センチもある、
本格的な歌声大全です。

143曲の歌を、一曲一曲驚くべき緻密さで調べてあります。

さて、その中から最も有名な歌である、
「カチューシャ」を参考に見てみましょう。

4500人は「カチューシャ」を歌う


うたごえ喫茶に参加される方で、‘ロシア民謡‘として知らない人はいないでしょう。
もちろんロシア‘民謡‘とするのは誤りで、
作詞は「灯」「リンゴの花咲く頃」「おぉカリーナの花が咲く」など
数多くのロシア大衆歌謡の傑作を残すミハエル・イサコフスキー(1900~1973)。
よく知られる‘リンゴの花ほころび~‘の訳詞は関鑑子(せきあきこ:1899~1973)。
ともに2024年までは著作権が残る現代の詩人です。
もっとも、この訳詞は丘灯至夫の補作にかかるもので関、丘の共訳とする表示もあります。
(長田暁二「懐かしのうたごえ喫茶名曲集」2006、英知出版社)。

作曲は、これも「バルカンの星の下に」「樫の樹」などの傑作を残す
マトベイ・ブランテル:1903~1990)。
作られたのは1938年。
前年に日独伊が三国防共協定を結びソ連を包囲、
日ソの軍事衝突が始まっている年で、「ノモンハン事件」の前年。
その時期にブランテルがリーダーを務めていたモスクワの国立ジャズ・オーケストラの為に
イサコフスキーが作詞し、それにブランテルが曲を付けたされています。

テンポが早く生き生きとしたこの曲想の特徴はロシアン・ジャズのリズムにあるようです。
「灯」も同様ですが、戦時下に前線に送られる若者と、恋人・家族の押さえきれない
別れの哀しみと再会への願いが託されている歌です。
こうした詩が、戦意高揚につながるのかも知れませんが、
政治体制の違いはともかく、庶民が気持ちを歌に託して歌える社会は良い社会です。



ここまでで、ページの半分程度で、
この先に更に細かい解説が続きます。
これほど、事細かな解説をした本が今まであったのでしょうか?
私はチョッと気の遠くなる様な思いがしました。

ロシアの歌が大好きだと自認する方には、
この本は絶対に避けては通れない通行手形というか・・
「この紋所が目に入らぬかッ」といった黄門様の印籠みたいな本ではないのでしょうか。

この本を知らずして、歌声喫茶を語るなかれ。
そういった本ですね。

私の手元に2冊ありますから、是非にでも欲しい、
何が何でも欲しいというかたに、お売りしてもいいですよ。
今回に限り、一冊100万円にまけときます。
マスター・・怒っちゃダメよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久留里・JOYママ誕生祝い

2017-06-27 01:05:16 | 歌声喫茶
久留里の歌声喫茶JOY。

そのママさんが、今度、生まれて初めて古希を迎えるという事で、
かの新宿ともしびを、(全館貸し切り)にして、
誕生日パーティーをやらかしてしまったんです。



いいですね~。
アンタね~、全館貸し切りって意味。
分かる~?
まごう事なく全館貸し切りって事の重大性、これってホントに凄いんだよね。

そんでもって、司会はあの人気者の修ちゃんと山岸あかねさん。
厨房で料理の腕を振るってるのは、山男の中西さん。
ピアノ伴奏は、店長の斎藤さんって・・凄ッごいじゃん。



JOYマスターのもくろみで、
ホントはJOYママの誕生祝いなんだけど、それは秘密。
秘密なんだよね、秘密。
ママさんを騙しちゃおう、驚かせちゃおうという企画。
一応の名目は(コロブチカの集大成祝い)

コロブチカというのは、ロシア民謡ファンのマスターが、
毎月発行しているパンフレットが、コロブチカという名前なんです。
それは、マスターが大好きなロシア民謡を色々解説をしているパンフレットで、
今回私達が頂いた本は、その集大成なんです。

その本はA4版の150ページに及ぶ本格的な本で、
これだけで、完璧に一冊の本として売れる物です。

その本の記念という名目ではあったんですが、
実はJOYママさんの誕生日を祝いたいというマスターの、愛情だったんです。
いいですね~(愛情)ですよ、愛情。
この心って、人が人としていられる最も根本的な想いだと、私は思います。

でも、チョッと不安でした。
出席者70人という烏合の衆の口が、軽くなければいいが・・・
どっかでJOYママさんに漏れなければいいが・・・

で・・・ホントにJOYママさんに漏れていなかったのか?

エリカさんがママさんにその辺を訊いた所、
ママさんいわく、
「コロブチカ云々の日は、自分の誕生日とたまたま合致していたので、
ひょっとしたら」という気持ちは、実はあったそうです。
「でも、まさかこんなに大きなイベントになるとは思っていなかった」そうです。



仙台からは11人の出席者があったんです。
これには私もビックリもし、また嬉しかった。
歌声喫茶の仲間達って・・本当に素晴らしい。
人のパーティーの軒先を借りてなんですが、
歌声って本当にいいんだよね。




いつ見ても、流れのギター弾きさんと、京子ちゃんのカップルは仲睦まじい。
京子ちゃんが津波で九死に一生の、生きるか死ぬかの思いをして、
今だに、まともに(海)を見る事が出来ないなんて信じられない。

でも、JOYママも、そんな京子ちゃんが大好きなんだよね。

本当に、いいパーティでした。
JOYさん達、いつまでもド田舎久留里・・・よろしくね~。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本一の歌声喫茶ここにあり

2017-06-24 20:29:16 | 歌声喫茶
16.7.24.青春・歌声どんちゃか


私は歌声喫茶歴・・たった10年足らずの新参者ですが、
今まで1070回、72か所という歌声喫茶を経験してきました。
それは、歌声喫茶仲間では異常と言えるレベルだと思います。
そんな中で、私が(日本一)と言えるのは・・・
それは東京・多摩方面の歌声喫茶だと感じています。

これは、あちこちの歌声喫茶をユーチューブ動画や、
ネットで観た結果、そう思うのです。

何故、東京多摩方面か?
それはMさんという、これも歌声喫茶歴としては、
私と同じ新参者の方の存在によるものです。
その方の信頼を一身に集めたのがOさんという、
この方は歌声喫茶歴の長い方なのですが、
そのお二方の尽力によって、
今日の歌声喫茶全盛が成ったと言っても過言ではありません。

本当に私の歌声喫茶人生が、これほどまでに楽しいものになったのは、
それはひとえにMさんとOさんの存在があったからです。
その方々には感謝の言葉もありません。

この動画「府中どんちゃか」もMさんが企画したものであり、
それは私の歌声人生で、最も好きだった歌声イベントでした。
昨年をもってそれは終了してしまいましたが。


12.10.7.深浦の空・仙台~深浦うたごえツアー


これはMさんの企画ではありませんが、
青森県・深浦に行く歌声ツアーなど、ありましたね。
これは、インターネット界での超有名人、〇ーちゃんが立ち上げたとか・・
これもまた、楽しい、それでいてインパクトある歌声喫茶ですね。

私は当初「たかが歌を唄いに、何でこんな遠くまで行くの?」と、
三下り半だったのですが、
今年は行くんです。
何でなんでしょうね~、私にも解りません。
きっと(いいから)なんだと思いますよ。

2012.4.22.ケサラ・仙台バラライカのお花見


かと思えば・・・
私が「日本一の歌声喫茶」と断言したのが、仙台バラライカ。
以前の店は、諸事情により閉店せざるを得なくなりましたが、
やはり、あの素晴らしさは、天下一品でしたね。
バラライカと言えば「ケサラ」
閉店時の「ケサラ」は、まさに涙、涙のケサラでした。
それは、今思い出しても泣けてきます。

11.1.25.松電バスの歌・さんたま屋


そして・・・

そういった先人たちの偉大な功績がある中で、
それでも、私は(多摩方面の歌声喫茶は素晴らしい、偉大だ)
そう感じるのです。

45年間住み続けた横浜から、府中に引っ越したのも、
そりゃ再婚という事もありますが、
歌声喫茶に通う為という事が、如何に大きかった事か。

最高の駅はですね~・・・
国分寺なんですよ、色々検索した結果が国分寺。
歌声喫茶にはまってる連中よ!
いいですね、国分寺ですよ国分寺。

歌声喫茶ってのはですね~、それくらいインパクトある行為なんですよ。
分かったね、国分寺。

歌声喫茶というのは、(たかが)歌声喫茶であり、
たかが、(たかが如き)に人生を左右されてなるもんかッ!
って事も、そりゃ分かりますよ。

でもね、ふざけんじゃね~よッ。
世の中に(歌声喫茶)くらい大切な、
そんでもって生きるか死ぬかって事が、他にありますか?
そんなもんある訳ね~だろ、バカッ!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加