河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

南京結び

2017-05-30 16:04:56 | 自動車
万力結び(南京結び)の解説  株式会社栄興運


皆さんは、こんなロープの結び方を知ってる人は居ないでしょうね。
私は、若い頃にトラックでオートバイを運ぶ事があり、
こんな便利な結び方を知らなかった為に、
現地に着いたら、オートバイが横倒しになっていた事があって、
ロープの結び方に興味を覚えました。

あの時はレンタカーを借りて、
オートバイ(イギリス製・トライアンフ)を横浜から、
多摩方面の何処かへと運んだのですが、
バイクのハンドルを曲げた(切った)状態で、
固定しなければならない事も知らず、
ロープは南京結びにしないと、ゆるんでしまう事も知らず、
全くのド素人ゆえに情けない事になってしまったのです。



トラックの荷台で、こんな状態のロープを目にした事はあっても、
まるで気にせずに、それが素晴らしい効果がある結び方だとは、
誰も思わないでしょうね。
しかし、この結び方を発明した人ってホントに凄い。
よくぞ、こんな事を考えたものだと感心してしまいます。

私は自分の情けない経験があるので、
トラックでそんな光景を見た時、覚えようと眺めた事があります。
今では動画で、より分かり易く見る事が出来るので、便利になりました。

しかし、これを実際に使うチャンスなど殆ど無いでしょうね。
でも、ホントに素晴らしく芸術的なんです。

また、これも若い頃、
ある工事現場の前を通りかかると、
20歳くらいの若者が座り込んで何かロープをいじっていました。
何をしてるんだろうと覗き込むと、
彼は5センチくらいのロープ2本の末端をほぐして、
編み込んで1本のロープとして繋ぎ合わせていたのです。

私は、こんな若い作業員がよくぞ、こんな複雑なやりかたを
知っているものだと感心というか尊敬してしまいました。
全くロープの結び方は色々なのがあって、
私みたいなキャンプをする人間は、
まず、結び方の王様(もやい結び)程度は知っていないとダメで、
これを知らなかった私は、
タープにロープを結び付けるのに、
(硬結び)などでゴマ化した事もありました。



しかし、この南京結びってホントに凄いよ。
荷台の上に乗った人が思い切りロープを引っ張り上げ、
次の瞬間に荷台の横に居る人が自分の体重をかけてロープを引っ張る。
これでロープは硬く張って絶対に緩まないんですね。

人間の知恵って、本当に芸術的な凄さがあります。
たった南京結びだけの事で、そんな思いがするのです。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(おもちゃのまち)の、歌声喫茶

2017-05-30 13:02:23 | 歌声喫茶
28日(日)は、栃木県・壬生町のおもちゃのまちの歌声喫茶に行きました。

佐野歌声喫茶の特別企画「修ちゃんと歌おう」がありました。
「おもちゃのまち」は、東武宇都宮線の駅なんですが、
その全部が(ひらがな)表示なんですね。

佐野の歌声喫茶でピアノ演奏をされている田中純子さんの家が、その会場です。



グランドピアノが2台も置いてあるなんて、凄い家ですね~。
昨年の7月にも、やはり栃木県のある家で歌声喫茶をしましたが、
あの家もグランドピアノが2台置いてあって、
栃木県って、みなどこの家にもグランドピアノ2台が有るもんなんでしょうかね~??
それって、栃木県の常識なんでしょうかね~??

今回は、新宿ともしびの人気司会者であり歌手である、
金指修平さんを招待しての歌声喫茶という事でした。
それにしても「修ちゃん」の人気は凄いですね。
会場の都合で40人の客という事でしたが、
男性客は私を含めて4人だけ。
後の36人は全員が女性という、大もての修ちゃんでした。



歌声の前の打ち合わせ練習風景です。
右側はギターの高橋一徳さん。フランス語のエキスパートです。



右が、この邸のオーナーでありピアニストの田中純子さん。
赤いズボンは實さん(昨年はともしびで司会をやった事もありましたね)
そして、金指修平さん(修ちゃん)と、
司会の女性は、金子久子さん(チャコちゃん)



歌声は2時から4時15分までの2部構成で、
途中の休憩時間には、テラスでのお茶が美味しかった。





後半には、修ちゃんのピアノ弾き語りの「ケサラ」がありました。
修ちゃんという人は、歌も司会も、ドラムもピアノも、
その上に料理まで出来るという天才ですね。
ピアノを弾きながら唄うケサラを聴いていると、
「あ~、俺はひとつも敵わないな」と死にたくなってきます。

車で行ったのですが、
行きは圏央道経由で行ったら、ほぼ200キロの道のり。
帰りは首都高で帰ったら140キロ。
この60キロの差は一体何なんだ~と、家に帰ってから地図を見たら、
おいおい冗談じゃないよッ!

俺はナビ通りに行ったというのに、
ナビは何で、俺を騙すんだよ、いくら土地勘が無いからって、
馬鹿にするんじゃないよッ!

府中から中央道で八王子へ、一旦一般道の新滝山街道で、
あきる野から圏央道に入り、久喜白岡JCTから東北道に入ると思っていたのに、
ナビは鶴ヶ島JCTから関越道を指示。
そこが土地勘の無い悲しさ、まるで意味も分からずに指示に従っていたら、
行った先は高崎JCT、そこから北関東自動車道に入り、
そんな道、俺が知る訳ないだろう。
何か遠い気がするなと思いつつ行った先は岩舟JCT。
やっと東北道に入ったと思ったら、10キロくらいで栃木都留JCT。
そこから再び北関東自動車道って、意味が分からんじゃないか。
しかし、そこからは間もなく壬生に出たのです。

つまり三角形の2辺を走らされたのでした。
あのね、ナビってそんな人を騙す道具だったとは。

あ、そんな事はど~でもいい事だったんだよね。
問題は、佐野の歌声喫茶・・・
これがね、楽しかったんです。
いつも行く歌声喫茶とは違った雰囲気で、それが良かったんですね。

お客さんたちも、みんなが「良かった、楽しかった」と言ったみたいで、
そんな事なら来年もやりましょうに、なった様なんです。
でも40名限定という枠があるのが悩ましい。
私達も来年もまた是非行きたいと思っているんですよ。

「楽しかった~」
スタッフの方々、皆さん本当にありがとう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の名所・三大ガッカリ

2017-05-28 05:55:33 | エリカの日記
日本の観光名所は各地いろいろありますが、
行ってみると「エ~ッ、こんなの~ッ」という場所が、
少なからずある様ですね。

三大ガッカリと言われる場所のうち2か所は皆が口を揃えているのですが、
他は様々のようです。
地元の人はどう思っているのか?

〇  高知のはりまや橋



私が30年以上前に行った時には、この状態の橋しかありませんでした。
これが為に「三大ガッカリ」になったのだと思います。



しかし、地元でも流石に気恥ずかしくなったのか、
今までの橋の横に、小川を造り、赤い欄干の橋を復元しました。

〇  札幌時計台



大通り公園からはかなり離れた場所にあり、
周囲にはオフィスビルが立ち並んでいるので、埋没していますね。
昔、周囲に何も無かった時代には、高らかにそびえたっていたんでしょうけど。

ここから先は諸説ありますが・・・

〇  長崎オランダ坂



江戸時代には長崎は貿易港であり、
外国人は「オランダ人」と呼んだので外国人が多く通るこの坂を
「オランダ坂」と言ったようです。
横浜や神戸のように洋館や外人墓地等、
洒落たスポットを思い描いて来る観光客が多かったのでしょう。
長崎のオランダ坂は、ただの坂なので坂を上っても下っても何もないので、
がっかりした人が多かった様ですね。

〇  沖縄・守礼門



戦時中に首里城が消失してしまい、城が復元されていなかった時代に、
観光で訪れた人が門しか無かったのでがっかりした事で、
がっかりの名所になってしまった様です。

現在は世界遺産に登録されていますし、2千円札のモデルにもなっていますね。

他には・・・

〇  京都タワー



京都の駅前に聳え立っていますが、京都の街並みには合わないと言われている様です。

〇  仁徳天皇陵



古墳として、面積では世界最大と言われ観光に訪れる人も居ますが、
上から見ないとその規模が分からないのですね。



真横に行っても、これじゃ~ね~。

私は沖縄本島には行った事がないので、守礼門は知りませんが、
他のガッカリの各地には一度は行っているのです。
その何処もが「エ~ッ、何こんなの~ッ」と、
言ってしまう様な場所でした。


ついでに、世界のガッカリもいくつか・・・

〇  デンマーク(コペンハーゲン)人魚姫の像



丸印で囲ってあって、日本語で「これ」って言うのが笑えますね。

〇  ベルギー(ブリュッセル)小便小僧





これも、他のガッカリと同じで、あまりにも小さいですね。

〇  シンガポールのマーライオン



〇  ドイツのローレライ



〇  イタリア・ローマの、真実の口



1953年の映画「ローマの休日」
オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックによる、
あまりにも有名になった名場面です。
これが為に「真実の口」は世界中の人に印象づけられたのですね。



しかし、実際の場所は・・こんなもんだったのですね。

〇  オーストラリア(シドニー)のオペラハウス



これの何処ががっかりなんだかよく分からないですね。


まだまだ色々とある様ですが・・・・





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラインハルト・ハイドリヒ暗殺

2017-05-27 06:02:48 | 軍事
1942年5月27日、
ナチス支配下のチェコ副総督・ラインハルト・ハイドリヒが暗殺されます。





ラインハルト・ハイドリヒは、
ヒトラー・ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男と呼ばれ、
ヒトラーの後継者とも言われていました。



ユダヤ人大量虐殺の実権を握り、
蔭口が発覚すればハイドリヒは激怒し、徹底的に相手を追い詰め、
その容赦ない報復に周囲は戦慄し、その冷酷さから、
「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」と呼ばれたナチス親衛隊の大物でした。
身長191センチの大きな身体から発せられるのは甲高い声でした。
その甲高い声は子供時代にイジメの対象になっていました。

イギリス政府とチェコ亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、
7人の暗殺部隊をチェコ領内に送り込みます。



そして、ヨーゼフ・ガプチーク。ヤン・クビシュの二人が、
通勤コースを待ち伏せ、ハイドリヒのベンツを襲います。
ガプチークは車の前に出て自動小銃を発射しようとしますが、
銃が故障し弾が出ません。
そこをクビシュが手榴弾を投げて、ハイドリヒは負傷します。





ハイドリヒは重傷を負いますが、
その傷は死に至る程ではなく、彼も自分が死ぬとは思っていなかった様です。
しかし、傷口から菌が入り込み、彼は一週間後に敗血症で亡くなります(38歳)

ハイドリヒの死を知ったヒトラーの怒りは並大抵の怒りではありません。
ヒトラーはその報復に、リディツェ村という何の関係もない、
ひとつの村を地図から消し去ってしまうのです。

1942年6月10日。
リディツェ村にナチスの軍隊がやって来ます。
村民は約500人。
男200人はその場で全員が銃殺。
女子供は全員が強制収容所に送られます。
そして、村はブルトーザーで更地にさせられ、村が在った痕跡は皆無になります。



リディツェ村を始め、この暗殺事件で報復処刑された者は、1300人に達します。
強制収容所に送られた人々の殆どは帰ってきませんでした。



ハイドリヒを殺されたナチスの暗殺者追及は激しく、
遂に密告者によって暗殺者たちは暴かれ、追い詰められて行きます。
逃れる事の出来なくなった暗殺者達は銃撃戦で倒れていったり、
捕虜になるくらいならと自殺して行きます。



この暗殺事件は非常に有名であり、
それを元に1975年には「暁の7人」という映画が作られました。

戦後、リディツェ村の惨劇が世界中に知れ渡ると、
リディツェの名を冠する町が諸外国に登場しました。
特に中南米の国に多かったようです。



この8月12日に、
チェコ・イギリス・フランス合同の映画「ハイドリヒを撃て」が公開されます。
「暁の7人」はずっと前に観ましたが、
今度の映画も勿論、観に行くつもりです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼と夜がごちゃごちゃ

2017-05-27 04:12:14 | 日記
10時に目が覚めました。

「エッ、もう10時なの」
「何で妻は起こしてくれなかったんだろう?」
「だって、今日は昼頃に家を出て歌声喫茶に行くんだろ」

パソコンを立ち上げ、今日の天気などを眺めたり、
ウェブサイトをあちこち確認したりしていました。

「それにしても何か変」
部屋のカーテンをチラッと開けると、外は真っ暗。
「エ~ッ、まだ夜じゃんか」
「10時って、昼じゃなくて夜だったんだ~」

そういえば、昨夜は焼酎など飲みながらの晩飯。
6時頃に眠くなってベッドに入ったんだった。
って事はまだ4時間しか経っていないんだ~。

私はぶつくさ言いながら再びベッドにもぐり込みました。・・・


私はカメラで何かの撮影をしていました。
途中から具合が悪くなったので良く見るとフィルム切れ。
バックに新しいフィルムを持ってきてたので、良かった。
フィルムを入れ替え様といじるんだけど、何~んか変。
フタは開いたんだけど、何処に入れるんかが分からない。
「そんな訳ね~だろ~」っとよく見ても分からない。



そういえば俺のカメラって確かデジカメだったよな~。
「デジカメが何でフィルムなの?」
そこで初めて夢を見てた事に気付きました。

でも、まだ夢うつつで、何とかしてフィルムが入らないかと、
悪戦苦闘する俺だったんです。


4時です。
これは夕方ではありません。
正真正銘、朝の4時です。
あれから私は約6時間の睡眠をとったのです。
「もう寝るのは飽きました」
「早く夜が明けないかな~」

こういった中途半端な時間って長~いんだよね。
今から寝るのも飽き飽きしてるし・・・ど~しよ~かね~。
最近、ダイエットなど始めたもんだから腹が減ってるな~。
3キロ減ったけど、少し腹は減るんだよね。
でも、こういった空腹感が無いとダイエットなんか無理だよね。

そんな事を考えてたら益々持て余す時間が長く感じられてきた。

まだ外は真っ暗。
「あ~、早く夜が明けないかな~」



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加