河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

今井雅之・・貴方は立派な男だった

2015-05-29 07:41:04 | 日記


俳優の今井雅之さんが亡くなりました。

数日前のテレビでの会見を観ると、
もう、痛々しいほどの激痩せぶりに、誰しもが彼の死期が近いのを感じたと思います。



私は今井雅之という俳優の顔は知っていましたが、
彼がどんな役柄を演じ、どんな人柄だったかまでは知りませんでした。

しかし、あの激痩せテレビ会見を観ると、
「あァ、もうこの人の余命は長くないな」とすぐに思いました。
そして、まさにその通りになりました。

54歳。
それは、あまりにも若すぎる命でした。

ですが、彼は己の死期を感じながら、涙を見せる事なく、
仕事に対する意欲を語っていました。

立派です。
人間として、同じ「男」として、貴方の姿には胸を打たれました。


松田優作。
彼が死んだ時にも同じ様に、
「人間としての死に方」・・そんな事を思いました。

今井雅之の54歳に対し、松田優作は40歳という役者としての絶頂期でした。
自分がガンと知った松田は、大病院に行く事なく、
かかり付けの近所の医者に、己の命を託しました。

はっきり言って、もう自分の病気をあきらめたのかも知れません。
ハリウッド映画(ブラックレイン)に、残された命を賭けたフシも感じます。

あの時も、松田優作という「男」に立派さを感じました。
そして、今、今井雅之という一人の男に、立派さを感じるのです。


先日のブログに書いたのですが、
ロシア・バルチック艦隊のウシャーコフ号・艦長のミクルフ大佐。
彼は、強力な日本軍艦に囲まれ、逃れるすべは無いにもかかわらず、
「私はロシア海軍軍人である、栄光の為に死を辞さない」と負け戦を挑み死にました。
その立派さは、日本海軍の兵士たちの心を打ちました。

そんな死は、男として憧れすら感じます。
私は、子供の頃から母親から「お前は体裁屋だね」といつも言われていました。
なので、自分が彼等と同じ様に死期を悟った時に、体裁だけでのカッコ付けでの死を迎えるかも知れません。
ですが、とても涙もろいというのも私の本質なので、
泣いてしまって、とってもカッコ悪い死に方をするかも知れません。

以前、ある知り合いの男性が亡くなった事があり、
彼の死にざまは、あまり誉められた死に方ではなかった事があります。
死んだ人は自分を弁護する事はできません。
ですので、死んだ人を悪く言うのはルール違反なのでしょうが、
あの死に方はやっぱり・・自分ではそうなりたくないと、心に思った事があります。

今井雅之・・松田優作・・ミクルフ大佐。
そんな彼等の立派な死を思うと、
人として、一人の男として、深く「死」に対する思いが胸をよぎるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両親の位牌

2015-05-28 05:00:55 | エリカの日記
河童さんと一緒になって一年経ちました。

河童さんは毎日の日課として、彼のお父さん、お母さんと、
赤ん坊の時に亡くなった弟さんの位牌に向かい、
お線香をあげ手を合わせています。
その上で私の両親の位牌も作って一緒に手を合わせたらどうだろうかと言ってくれました。

私は位牌というのは、
葬儀を取り行った施主の家にひとつだけあるものだと思っていたので、
ずっと渋っていて、命日やお盆にお墓参りをすればいいと思っていました。

でも河童さんが毎日お墓に行く訳にはいかないのだから、
せめて家で位牌を作り手を合わせた方がいいよと、
何度も言ってくれました。

それでインターネットで検索して仏具屋さんに注文する事にしたのですが、
考えてみたら現在の我が家では本箱の中に仏壇スペースを設けているので、
二人分の位牌を置く事はできないのでは・・・と、
いろいろ探してみたら、二人連名の位牌を作る事ができる様なので、
戒名や亡くなった日や、俗名を入れて注文したのが10日前。

そして本日届きました。



私が思っていた以上に立派な位牌が・・・
早速手を合わせました。

夜になって、この日記を書きながら位牌を見ていたら、
思わず涙が込み上げてきてしまいました。

優しい河童さんに感謝・・・

                  「エリカの日記」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サービスエリアはバイクの展示場

2015-05-27 20:11:36 | 日記
休日の高速道路のサービスエリアに行くと、
さながら高級バイクの展示場みたいな光景に出合いますね。

バイクの駐車スペースがエリア施設のすぐ前面な事である事が多いので、
尚更そんな印象を受ける事もあるし、
彼等バイク乗りのファッションが一般的自家用車とは明らかに異なる点もあるのでしょう。

そういったバイクの中でも最も態度のデカイのが、
言わずと知れた(ハーレー・ダビットソン)
アメリカを代表するバイクメーカーです。

以前、あるキャンプ場にバイクの連中が徒党を組んで来ていた事がありました。
彼等のバイクは、メーカーは雑多でしたが、
そのリーダー格の男が乗っていたのがハーレーダビットソンの最高級の新車でした。
その値段を聞いてビックリ。
250万円。
私は多分、バイクの最高級車は150万円くらいだとばかり思っていましたので。

しかし、今回のキャンプでも高速道路のサービスエリアに行くと、
バイクの展示場さながらの光景に出会い、
そんなバイクの値段は一体いくらなんだろうと調べてみて、再びビックリ!

それでは、その値段を紹介しましょう。



最高価格はやはり、というかハーレー・ダビットソンの502万円でした。



外国車からいってみると、
ドイツを代表するメーカー・BMWが406万円

次はイタリアのメーカー3社となります。



ドカッティー・499万円



モト・グッツィー383万円



MVアグスター・435万円


さて、では世界を席巻するバイク王国・日本のメーカーはというと、



ホンダ・ゴールドウィングが、367万円



ヤマハが237万円



スズキ・隼が161万円



カワサキ・バルカンが146万円


イヤ~、やはりと言うか意外というか・・・
私が250万円のハーレーにビックリしたなんて世界じゃなかったんですね。
改めてたかがバイクには驚かされました。

でも、もし私が若い頃みたいにバイクに乗るとしたら、これしか無い。



カワサキW800・・・90万円

21歳でバイクに乗るのを辞めた私が最後にに乗っていたバイクが、
イギリス製のトライアンフ・ボンネヴィル・・650cc。
その強烈な魅力は今でも忘れられません。
その面影を最も良く今に残すのは、現在のトライアンフではなく、
このカワサキW800なんですね。

でも、バイクの高価格にビックリするなんて、まだまだ子供。

4輪車の世界じゃ、桁がまるで違うんですからね~。



ブガッティー・ベイロン・・・その値段

何と2億円・・あんたね~、2億円だよ2億円。
それって普通の人の生涯獲得金額と同等なんですから、
バカも休み休み言いなさいって金額。

も~、やってらんね~やい!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西湖にキャンプに行ってきました

2015-05-24 14:10:36 | キャンプ
5月22(金)から24(日)まで、
2泊3日で山梨県の西湖自由キャンプ場に行ってきました。

実は一週間前に西湖のキャンプビレッジ「ノーム」に下見に行ったのです。
キャンプ界のカリスマ的な存在、木村東吉氏がプロデュースする著名なキャンプ場なのです。
じっくりと下見をして、テントを設営する場所まで記憶して帰ったのです。
その時、すぐ隣に隣接するキャンプ場のある事は把握したんですが、下見はしませんでした。

家に帰ってネットで検索して、それが西湖自由キャンプ場だという事を知りました。
それで色々調べたら、
キャンプビレッジ「ノーム」が一泊8000円なのに比べ、
西湖自由キャンプ場は何と2000円という安さ。
ロケーションはまるで変わらないのですから、もうこっちで決まりです。







対岸の山の上からホンのちょっこっとだけ富士山が頭を出しています。







朝の湖上には湯気が立っていました。













私たちのテントサイトです。







近隣には名前を知らない、こんな花が群生していました。


今回のキャンプは天候に恵まれ、絶好のキャンプ日和となりましたが、
西湖の朝はまだ寒く、キャンプ用の薄地の寝袋ではチョッと寒かったですね。

カメラを持ってお隣のキャンプ場「ノーム」にも散歩に行きましたが、
事務所で立ち話をしていた木村東吉氏と目が合ってしまいました。
私は何となく後ろめたくなりました。
木村東吉氏の事は近じかブログに書こうと思っています。

こういった(いいキャンプ)をすると、もう次のキャンプに行きたくなります。
次回の予定は今年、天候に恵まれず2度の中止をみた、千葉の久留里を予定しています。
6月5日はかずさオートキャンプ場から歩いて歌声会場に行ける事を願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北アルプス大縦走

2015-05-21 07:45:41 | 登山
白馬大雪渓をかき登り、後立山連峰を縦走して針の木雪渓から下山。

の計画だったが、初日から浮腫(むく)みが出てしまい体調不良。
行程の長丁場に計画を断念、八方尾根をションボリ下山する羽目になった。

家を出る時は
「オラオラー、行くぞー、雪渓から雪渓へ大縦走だー、邪魔だー、どけどけー」と
イッチョ前な山男気取りで大変な鼻息だった。

「キャー、河童様って素敵ィ、カッコイー、しびれるわー」
まあまあ騒ぐなって。

だが・・八方尾根からゴンドラリフトに揺られて下山した時は、
見るも無残にヨレヨレ。

「やっぱり、あの人って馬鹿だったのね。サイテーね」

・・俺、もう立ち直れない。



かつて「新ハイキング」誌の投稿欄(せせらぎ)に掲載された文章です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加