河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

海上自衛隊観艦式

2014-12-30 18:33:55 | 軍艦
海上自衛隊観艦式は3年に一度開催されます。
世界中に軍艦を見る、あるいは体験的に乗艦させて貰えるというのはありますが、
軍艦が隊列を組んでパレードし、それに乗せてもらえるのは、
世界中でも、この海上自衛隊観艦式だけです。

古くは日本海軍にも「観艦式」はありました。
その頃は、戦艦・巡洋艦・空母といった花形艦ばかりが徒党を組んでいたのですから、
現在とは比較にならない豪快で、豪華で華やかな事だったのでしょうね。
私の様な(軍艦オタク)は、そんな光景を思い浮かべてはウットリとするばかりです。

私は2000年から、これまでに4回の乗艦体験をしました。
自衛艦から、隊列を組んで大海原を走る艦隊を眺めている時の胸の内は、
戦艦や重巡洋艦などが隊列を組んでいた、帝国海軍観艦式のまるでそれと同じだったのだと思います。

それにしても観艦式のチケットを入手するのは大変です。
2000年、私は横須賀で自衛艦の艦内見学ができるという新聞記事を見て、
一人横須賀へ行き、生まれて初めて自衛艦(要するに昔の駆逐艦)を見る事ができました。
初めて見る(ホンモノ)の肌触りに私は大興奮状態になりました。
そこで買い求めた海上自衛隊の本(自衛艦のカタログ)を帰りの電車で見ていた時、
隣に座っていた男性から声をかけられました。
「観艦式に行くんですか?」
私は、その日観艦式なるものがある事も初めて知ったのですが、
その方はその事を言っていたんですが、
私は「行きたいんですがチケットが無くてね」と言ったら、
「私のあげますよ、行こうと思ってたんですが都合で行けなくなってしまって」
というので私は初めて、海上自衛隊観艦式のデビューを果たす事になったのです。
乗った艦は(あおくも)2150トンの旧式艦でしたが、
それこそ正に日本海軍の駆逐艦に他ならない軍艦だったのです。

さて3年後、多少の応募ハガキは投函したのですが、チケットは入手できませんでした。
3年前にあれほどの大興奮を私が忘れる筈がありません。
私は現地・横須賀・京急田浦駅に行き、「チケット譲ってください」の
手書きプラカードを持って、駅で30分間立ってましたが、誰からも声はかからず、
しかし、私は絶対に乗れると信じ駅弁を買ってから乗艦港へと歩きました。
係官に「頼むから一人だけ乗せてくれ」と土下座をすれば絶対に乗せてくれると信じて。
そして、係官に「頼むから」とおねだりしていたら、
横を通った人から「チケットだったら私に余ったのがありますからあげますよ」
というので、やっぱり私の予想通り乗艦できたのです。

その3年後、2006年、私は80枚の応募ハガキで無事チケットを入手。
しかし、2009年、遂にチケットは当選せずに、ネットオークションで2万円でゲットしました。
2012年、首を長くして自衛隊の応募広告を見ていたというのに、
全くどうしたんでしょうか?
私は見落としてしまったのです。
それが何でそうなったのだか全然解らないままに、私は戦意喪失してしまってアウト。

さて、来年2015年の10月にその一大イベントは開催されます。
今度こそ・・今度こそ!

それにしてもな~、戦艦大和や、長門や金剛や山城とかだったらな~。
ビスマルクとかシャルンホルストなんか(ドイツだけど)見たかったな~。
みんな海底の藻屑になっちゃったな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌は、自分が唄うから楽しいんです

2014-12-26 17:45:09 | 歌声喫茶
歌声喫茶は、いったい何が楽しいんでしょう?
答えは簡単です。
つまり、自分自身が唄うから楽しいんですね。

先日の歌声喫茶でこんな話がありました。
その女性は昨年と今年と、東北被災地での歌声喫茶の遠征に行ったのですが、
その会場である女性にこんな事を言われたそうです。
「今まで有名な歌手などが支援コンサートに来ました。
だけど、私たちも一緒になって唄えたのは、今回が初めてです。」

彼女が言いたかったのは、
有名人が来てくれるのは、それはそれで嬉しいんです。
それに比べて貴方がたは全然有名人じゃないけど、
有名・無名など関係なく、私たちは大きな声を出して唄いたかったんです、と。

そうなんです。
彼等有名人がやっている事は、ある意味善意の押しつけ。
「俺たちは歌を聴かせてやってるんだから、ありがたく聴けよ」
じゃないんでしょうか?

私は以前、所属していたハイキング雑誌「新ハイキング」に載せようと、
(上高地音楽祭)に取材に行った事があります。
・・投稿文は写真付きとは違った形で一応採用されましたが・・
その時、強烈に感じました。
「有名人歌手の歌など、ただ聴いててもまるで面白くないよ!」
「俺は、この穂高の山に向かって思いっきり大きな声で唄いたいんだよーッ!」
だったのです。

歌声喫茶でも、ある特定の人の歌を聴かされるハメになる事があります。
そんな時ってまるで楽しくないんですね。
歌なんて下手であろうが、声が悪るかろうが、自分が唄うからこそ楽しいんですね。

東北被災地の人達は、みんな心から大きな声を出して唄いたいんじゃないんでしょうか?
歌なんてね、ただ聴いていたい時も勿論ありますが、
やっぱり基本は、自分が唄うから楽しいんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年を振り返って

2014-12-23 09:45:26 | 日記
2014年(平成26年)・・・
それは私の人生で大きな転換期になった年でした。

歌声喫茶で知り合い、4年付き合ったエリカさんと「つがい」になり、
45年間住んだ横浜から東京・府中へと「巣」を移した事でした。
お互いにバツイチ同士の再婚という事ですが、
(エリカさんのバツイチは私との結婚の為のバツイチなんでチョッと意味は違うんですが)
ま、これもありかな~、いいんじゃないの・・・

キャンプと歌声!
これが現在の私たち夫婦・共通の楽しみ。
歌声喫茶、今年の参加回数は多分124回となりそう。
これは2010年の132回についで2番目の記録です。
エリカさんに至っては147回という正気の沙汰じゃない回数です。
私が3日に一度ならば、エリカさんは2,5日に一度というバカですね。

その気になれば、一年364日、歌声喫茶を満喫できるのですね。
ただ元旦だけは、何処の歌声喫茶もやってないんですね。
新宿ともしびの様に昼・夜の2部制の日があったりを入れれば、
また、一日に3か所の歌声喫茶を掛け持ちのできる日だってある事を入れれば、
一年500回くらいを味わえる計算が成り立ちます。
ただ、これをこなすには、何処の歌声喫茶も中途半端となるムードはありますね。
こういった馬鹿げた行為は本末転倒であり、やりたいとは絶対に思いませんが。
一日3回・・これを現実にやっている人を私は知っていますけど。
歌声喫茶は、そこの歌声を心から楽しまない事にはね。

それにしてもショックだったのは3月の、仙台バラライカ閉店でした。
現在は場所を変えての営業をしていますが、
バラライカと言えば(歌声喫茶ここにあり)という、あのムードを失う悲しさは切なかった。
5月にはいよいよ45年間住み慣れた横浜から府中への引っ越し。
8日は私が引っ越し、翌9日にはエリカさんが引っ越し、
2日間に渡る引っ越し作業は今思い出しても、本当に大変だった。
また昨年に引き続きエリカさんが又もやの骨折。
昨年の手首に引き続き、今度はろっ骨の骨折。

いい事もありました。
9月に、府中のパソコンサポートに電話し、来てくれた女性が頑張りに頑張って
数年間も調子が悪くアップできなかったユーチューブを直してくれたのです。
横浜のパソコン救急センターなど
「ユーチューブですか、分野外で全然分かりません」と一蹴されてしまったというのに。

10月には車の買い替えという出来事がありました。
それまで乗っていたトヨタ・マークⅡクオリス・・これが最後の車と思っていたのに、
オイル漏れを直すにかなりの金額がかかる為、
それだったら買い換えた方が正解かと
トヨタ・クラウンのステーションワゴンに買い換えたのです。
ただ甥が新しく中古車販売の仕事を始めたので、相場より30万円くらい安く買えました。
クラウンは私の車歴で最も(お気に入り)の実に出来た車で大満足です。

また、ユーチューブで知った「東京大衆歌謡楽団」を見に、
浅草・吾妻橋に路上ライブに行きました。
これがきっかけになって、来年2月に小田さんがイベントを立ち上げてくれたのです。
3月に渋谷でヨーデル歌手の北川桜さんの歌声を聴きに行ったりと、
こういった出会いは実に楽しいものですね。

同じ様にユーチューブで知った、沖縄・宮古島の居酒屋(うさぎ屋)
そこで三線を弾き語る重ちゃんに魅せられ、
エリカさんと「ここ絶対に行きたい」と飛行機で行ったのは11月でした。
これが今年唯一の(旅行)でした。
過去に行った、湯西川温泉や日光や・・
やっぱり旅行っていいもんですね。


さて、来年。
まずは、長年通った鎌倉・鶴岡八幡宮への初詣。
こいつを何処に変更するか?これが問題。
近くの大国魂神社にするか?はたまた高尾山にでも行こうか?

ま、来年もキャンプと歌声喫茶と旅行と・・・
エリカさんと「もうこの歳になったら楽しい事以外はやらない」をモットーに、
楽しい事三昧でやっていく所存ですので、よろしくで~す。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて中国に行った時

2014-12-13 08:06:07 | 旅行
初めて中国に行ったのは20数年前でした。
中国人妻の里帰りの意味と、仕事とを兼ねて1歳10ヶ月の娘を連れての1ヶ月間の旅行でした。

北京空港に降り立つと迎えの車が来ていました。
北京から目的地の天津までは100キロの道のりです。
車窓から、初めての中国の第一印象は・・
「共産主義はダメだなー」でした。

兎に角、人々が働いていないのです。
道端に寝そべっていたり、あちこちでダベッている光景ばかりで、
真面目に働いている人なぞ、トンと見かけないのです。

天津で、商談に行った会社でこんな事がありました。
商談が終わって、さて帰ろうとしたらトラックが荷卸しをし通せんぼをしていて、
私たちの車が会社の敷地から外に出る事ができないのです。
その周りでは多くの人達が腕組みをし車座になって話をしています。

私は彼らが一体何で立話をしているのか意味が分からずに中国人の妻に訊きました。
「彼らは何をしてるの?」
妻が言うには「あの人たちは事務所の人達で、他の車が出られない光景をチョッと珍しい思いもあって
話し合っているみたいですね」と。
私は唖然とするばかりでした。
そんなのって日本ではあり得ない光景です。

上海の駅で重いスーツケースをコインロッカーに預けて観光に行こうとしたら、
係りの人が「ロッカーが壊れているので預かれない」と。
困り切って他の職員を呼んだら、ロッカーは壊れていないと預かってくれました。
つまり、仕事なぞしてもしなくても給料は同じ。
だったら仕事などする気にもなれない。
(客なんぞ来るんじゃね~よ、あっちに行け)だったんです。

街中では夕刻になるとスピーカーから行進曲のメロディーが流れ
何か共産主義的なニュースなどが勇ましく放送されていました。
「日本から距離的にそんなに離れていないけど、ここはやっぱり共産国なんだな~」
そういった思いが強烈にしました。

今、私が最も行きたい国に、北朝鮮があります。
あの国がいつ崩壊するのか・・色々取沙汰されていますが、
あれほど強烈な共産主義にがんじがらめの国を見れる機会など・・
今のうちに見ておきたいと思うからです。

(東洋の真珠・香港)も、
共産化されて、デモをやる様になってしまいました。
もう、東洋の真珠など何処にも無くなり、全く魅力のない国になってしまいましたね。
私が行った時の香港は魅力いっぱいだったんですけどね~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松電バスの歌

2014-12-12 04:52:07 | 歌声喫茶
「松電バスの歌」

これは、2007年3月10日、私の歌声喫茶デビュー(丹沢・見晴茶屋)で初めて聴いた歌です。
この歌を聴いた時の衝撃はかなりなものでした。
「なんじゃ~!この歌は!・・」
私が、今現在、歌声喫茶にはまったのは、あるいはこの歌があったからかもしれません。

松電→松本電鉄→現在のアルピコグループ

① 北アルプスを 背に受けて 松本平を かけめぐる
  独占企業が 親会社 ああ松電 松電バス

② 浅間温泉 ドル箱路線 ビデオの姉ちゃん 微笑みかける
  ここで稼がにゃ 元とれぬ ああ松電 松電バス

③ 美ヶ原 上高地 アンノン族を 詰め込んで
  ロマンを乗せて 銭を取る ああ松電 松電バス

④ 今日は四賀村 三郷村 明日は生坂 梓川
  山道坂道 なんのその ああ松電 松電バス

⑤ 県外ナンバー 蹴散らして 松本小道で 腕みがき
  峠越えなら 日本一 ああ松電 松電バス

⑥ 長野電鉄 敵じゃない 上田交通 鼻にもかけず
  川中島は倒産だ ああ松電 松電バス

⑦ 松電ストア 松電ボウル 色んな業種に 手をだして
  元の鉄道 どこ行った ああ松電 松電バス

⑧ アップルランド ハイランドシャトル 元の名前を ひた隠し
  名前を変えても あか抜けぬ ああ松電 松電バス

  ああ松電 松電バス
  松本電鉄 ばんざ~い! ばんざ~い! ばんざ~い!

ビデオの姉ちゃんというのは、バスの中でビデオを流していたそうです。
動画はブログ容量の関係上、アップできないのですが、
ユーチューブで、AKTAIZAN(以前のアドレス、小文字可)・・「松電バスの歌」で出てきます。
ちなみに今後は(赤川泰山)のアドレスでアップします。

この歌は、信州大学山岳部で生まれたとかになっていますが、
歌声喫茶の主催者が松本電鉄に電話したところ、
この歌を知ってる人は居なかったそうです。
その電話をした人も、そしてこの私も、
松本電鉄が、この歌を社歌にしてくれたら、どんなにか素敵な事かと心から思っています。

こんなフザケタ歌を社歌にする。
そのユーモア精神はきっと社内の雰囲気を明るく変える、ホントにそう思います。

こんな楽しい歌を聴いた人、それを唄う人。
み~んな楽しくなって、面白がって・・・
そんなのって、とってもいいと私は思っています。

歌声喫茶でこの歌を唄う時って、み~んなすっごく楽しそうなんです。
そんな歌ってそうそう無いよね。

お~いッ、松本電鉄よ、この歌を(社歌)にしろよってッ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加