河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

栄光のトヨタ・カローラ

2016-10-29 08:22:14 | 自動車
トヨタ・カローラが生産開始から50年を迎えたそうです。





初代カローラが誕生したのは1966年でした。
その少し前に、日産は大衆車サニーの販売を始めます。排気量は1000CCでした。
少し遅れて開発されたカローラはサニーを視野に入れて、
「プラス100CCの余裕」などというキャッチフレーズで販売します。
日産から見れば実にいやらしいフレーズでしたが、
結果は、カローラの勝利。

それ以後、サニーはいつもカローラの後塵を喫し、負け続け。
サニーはいつの日にか撤退して行きましたが、
カローラは現在11代目となって、売れ続けています。
トヨタという会社は、決してあきらめない、したたかな会社です。

若者からは「オジン車」と蔑まれ、嫌われても、
長年培った実績の重みには凄いものがあり、
確かに運転していて、面白くも可笑しくも無い中庸な車ですが、
買ったからには絶対に損はさせないというトヨタカラーは、本当に凄い。

カローラの累計販売台数は、何と4000万台だそうです。
これは4輪車としては、世界一の台数です、本当に凄い。

私は、どっちかと言われずとも昔からトヨタ派で、
若い頃乗っていた日産・スカイラインGTという車に関しては好きでしたが、
平均的な完成度となると、もうトヨタには敵わないのです。

日産も、社長がカルロス・ゴーンになってからは、
息を吹き返しましたが、
昔の、労働組合のボスが社長より偉い存在だなんて、
バカをやってた時代の日産は、不必要な自動車会社でしたね。


日産と言えば、世界一売れたスポーツカーは、
日産・フェアレデイーだそうです。





販売台数は、55万台だそうです。
フェアレディーが何で世界一になったのかと言うと、
それまでの常識であった「スポーツカーはラジオもヒーターも無い」
屋根はオープンで、帽子を被ってマフラーを首に巻いて寒さをしのぐ。
そんな常識を覆して、ヒーターもラジオも全部が付いている、
快適に運転できる、しかも高性能なスポーツカーが安価で買えたのです。
世界中がこのスポーツカーに飛びついたのです。
フェアレディーは以後、スポーツカーの常識を一変させてしまったのです。

ついでながら、
世界で最も売れたオープンカーは・・・
これもまた日本製なのです。





ユーノス・ロードスター(マツダ)ですね。
販売台数は90万台。

この車は世界中の自動車会社からは、まさに「目からウロコ」でした。
性能的に特に優れていた訳ではなく、単に小型車をオープンカーにしただけ。
これが、こんなにも車本来の面白さがあるものだという事を世間が気付き、
買いまくったのです。
世界中の自動車会社はビックリして、
そんなのだったらいつだって簡単に出来るよと、
BMWやポルシェなどが競って「真似っこ車」を売り出してきました。
何も難しく考える事なんてなかったのでした。

さて、4輪車として名前を挙げない訳にはいかないのが、
ヒトラーが造ったとも言われるドイツのフォルクス・ワーゲン。



つまり「カブトムシ」。
これは基本的なコンセプトは変えずに、恐らく70年くらい造っているのかな~?
その総生産台数は、2100万台とか・・・



バイクの世界では、
以前のブログにも書きましたが、
ホンダのスーパーカブは、総生産台数5000万台。
2輪・4輪を含めて、最大の生産台数が、このスーパーカブの5000万台です。
これは、まさにその存在が、まるで「空気」と言えます。
本当に凄いのひと言。

しかし、お気づきでしょうか?

ここに登場した車は、フォルクス・ワーゲン以外は、
全部が日本車なんです。

カローラといい、スーパーカブといい、
その凄さは圧倒的で、世界に冠たる日本車・・バンザーイですね~。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未完成交響楽よ永遠に | トップ | 明後日はいよいよハロウィン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自動車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。