河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

霧の摩周湖

2017-06-18 19:11:31 | 旅行
布施明=霧の摩周湖=


日本の47全都道府県の内、46県を踏破していた私が、
最後に訪れたのは北海道でした。
それは46県を達成してから、40年くらい経ってからでした。

別に意識して達成した訳でもないので、
北海道だけが残っている事は知っていましたが、
何が何でも成し遂げるなんて気持ちは全然ありませんでした。

ただ妻のエリカさんと一緒になって、
沖縄・宮古島など行っていましたが、
その後、何処に行こうかとなった時、
自然と「北海道」となったのです。

2015年6月26日~30日までの4泊5日でした。
初めての北海道旅行は実に思い出深い旅行になりました。
その中でも私が「北海道に来たな~ッ」と思ったのは、摩周湖でした。

1966年に、布施明の「霧の摩周湖」が大ヒットします。
それ以前の摩周湖は、マイナーな観光地だったそうですが、
流行歌というのは、凄い力を持っているのですね。
行った事のない北海道。
その中での摩周湖。

布施明が感情豊かに謳い上げる「霧の摩周湖」
それは、かなりのインパクトで若い私の心を揺さぶったのです。
それは、当時の若い男女たちに共通の、ある種の(想い)でした。
この歌がきっかけで(摩周湖=霧)(神秘の湖)というイメージが定着しました。



摩周湖は、現在バイカル湖に次いで、世界第二位の透明度を誇る湖で、
1931年には、透明度41,6メートルという、
今まで破られた事のない世界最高記録を持っているのです。



周囲20キロ、最深深度211,4メートル。
よく晴れた日の湖面は「摩周ブルー」と呼ばれているそうです。



もっと若い時に来るべきだったな~。
そしたら、もっと頭髪がな~・・・(涙)
布施明なにするものぞ、だったのにな~。



これを作曲した平尾昌晃は、
結核により歌手の夢を断念して療養中に、
訪れた事のない摩周湖を想像でイメージして、この曲を作曲したそうです。

2013.7.22 摩周湖滝霧 By RX00 Hokkaido Lake Mashu


これは、幻想的な摩周湖の滝雲です。

ま、60過ぎの新婚もいいもんです。アハハ・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年3回目のキャンプ | トップ | 歌声喫茶の司会者さまざま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。