河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

歌声喫茶で知った歌

2017-07-20 22:15:02 | 歌声喫茶
青い空は・青空よ白い雲よ・あかつきの空に・朝霧・あなたが夜明けをつげる子供たち・あなたはどこで・あの青い空のように・アメージンググレイス・嵐・アンジェラスの鐘・生命をささえて・インターナショナル・美しき五月のパリ・美わし春の花よ・熟れたぶどう・おいで一緒に・おいらのシンディ・尾瀬ヶ原・折り鶴・風よあなたは・カタクリの花、君のこと・かなわぬ恋・鐘の音は単調に鳴りひびく・がんばろう・君についてゆこう・君をのせて・行商人・夾竹桃のうた・漁夫の歌・月桃・ケサラ・呼応計画の歌・国際学生連盟の歌・心さわぐ青春の歌・心の歌・心はいつも夜明けだ・心つなごう・この勝利ひびけとどろけ・この街で・蔵王のうた・ジグーリ・シベリア大地の歌・しゃれこうべと大砲・収穫の歌・勝利を我らに・すずらん・炭掘る仲間・青春・青春は雲の彼方に・青春万々歳・全世界民主青年歌・祖国の山河に・空より高く・そんな町を・たんぽぽ・地底の歌・罪つくり・手と手と手と・手のうた・友よ(2曲)・仲間のうた・なため・人間の歌・野に咲く花のように・果てもなき荒野原・母なる故郷・バラライカ・春に・晴れた五月・ビリーブ・ヒロシマの有る国で・深浦の空・船のり・ヘイ!ヤシネック・ベンセレモス・ポーボーイ・牧師と奴隷・星よおまえは・街・松電バスの歌・民族独立行動隊の歌・みんな一緒に・みんなの笑う日まで・みんなのうた・みんなの心にとどくよう・ロシア私の故郷・私に人生といえるものがあるなら・わたぼこの中に咲いた花・ワルシャワ労働歌・われらの仲間・・・・

これで全93曲。

これ、一体なんだと思いますか?

これは、私が歌声喫茶で初めて知って、
そして好きになった歌なんです。
歌声喫茶を知る以前には、こんな歌など全く知らなかった歌なんです。

思えば20代後半から中国の歌にはまってしまい、
それから30年以上、中国以外の歌など見向きもしなかったんですから、
知らない歌のオンパレードなのは当たり前なのかも知れませんね。

今は、中国の歌を聞く事は殆どなくなっていますが、
でも、本当は中国の歌が一番好きなのは変わらないんです。
歌声喫茶ではロシアの歌が大好きという方が多いのですが、
私は本当はやっぱり中国の歌が好き。

でも、今はこういった歌声喫茶で知った歌を皆と一緒に唄う事が好き。

そういった歌の中でも印象的なのは・・・

11.1.25.松電バスの歌


まず「松電バスの歌」
私の歌声喫茶デビューは、2007年3月10日の、
丹沢の山小屋・見晴茶屋での歌声でした。
そこで、聞いたのがこの「松電バスの歌」でした。
この歌を初めて聞いた時は、衝撃でした。
あまりの面白さに度肝を抜かれてしまったのです。
その衝撃が今日(こんにち)の私となった・・・そんな気がするのです。
そのくらい「松電バスの歌」は衝撃でした。

11.12.24.私に人生と言えるものがあるなら・仙台バラライカ


「私に人生と言えるものがあるなら」
この歌も、ある意味、私には衝撃でした。
それまで全く知らなかったこの歌の楽しさに私は魅せられ、
それは我を忘れてしまうほどでした。
私は楽しいと手が大袈裟に反応してしまうので、
皆は面白がって私を焚きつけていた感じがありましたね。

19空より高くを歌うドリームキッズ


そして「空より高く」
これもまた印象に残る歌になりました。

と言うのも、私と妻が二人で行った、大阪の歌声喫茶「ピープルズ」
そこで大阪の人達が最後に、当たり前にフツーに唄った歌が、
この「空より高く」だったんです。
それも衝撃的でした。

「エ~ッ、これ、凄くいいじゃんか」
「こんな歌、東京じゃ聞いた事ないよ」
「これ、東京でもやろうよ」
と楽譜を貰い、東京へと持ち帰った歌だったんです。

合唱曲 折り鶴 おりづる ~ 平和への祈りを込めて ~


去年5月。
私達は広島へ旅行に行きました。
原爆資料館で、12歳で逝った佐々木禎子ちゃんの(命)を知り、涙しました。
禎子ちゃんの祈りと願いを込めた「折り鶴」

そして、去年10月には、歌声喫茶仲間だった、
明美さんがガンに倒れわずか58歳で逝ってしまいましたが、
彼女が大好きだったこの歌を、
葬儀場で御主人が涙ながらに彼女の棺の横で唄う姿を思い出すと、
彼の明美さんへの愛情の深さを感じ、
今でも涙で私達は唄えなくなってしまうのです。

12.4.22.ケサラ・仙台バラライカお花見


最後に「ケサラ」
これこそ仙台バラライカを最も印象付ける歌。
古き店の最終日に涙・涙で皆で唄った歌。
それが「ケサラ」
あの時の、胸が張り裂けそうな思いで唄った「ケサラ」は、
今、思い出しても泣けて泣けて・・・


ただ最近の歌声喫茶は、ニューミュージック系とでもいいましょうか、
そういった傾向の歌が増えてきた様に思います。
私はそういった系統の歌はあまり歌声喫茶には合わないと感じています。
それらは仲間内でカラオケで唄っていて欲しいですね。
歌声喫茶にそれらを持ち込んできてほしくはないですね。

1 2四重唱 卡秋莎ダークダックス カチューシャ 1996


以前から知っていた歌でも、
この「カチューシャ」の様に「こんないい歌だったのか」と、
初めて気がついたなんて歌もあります。
それは「乾杯の歌」もそうなんですが。

イヤーッ、
歌声喫茶って、ホントにいいんですね~。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫好き・犬好き | トップ | フェイスブックを始めました... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歌声喫茶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。