河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

懐かしい3本立ての映画館

2016-10-19 11:08:55 | 映画


最近の映画館は、何処でも大体、上映映画は1本だけの入れ替え制になっていますね。
それも上映時間がまちまちで、あらかじめ調べてから行くか、
行ってから初めて上映時間を知ったなんて具合だったり・・・

先日も、あらかじめ調べて行ったのに、
当日になって時間が変更になっている事を知ったりと悩ましいったりゃありゃしない。



私が映画好きだった高校生とかの時代は、
殆どが3本立てで、開始時間も午前10時からとかだったりでした。
あの頃は、良き時代でした。
何となく映画館に入って、居たけりゃいつまでだって居られたのですから。
今では映画が終わると強制的に追い出されちゃう。

座席も指定制で、いきなり「何処に座るんだいッ」っと催促されちゃうんだよね。
中に入ってから適当に選ぼうなんて悠長な事は言わせてもらえない。
「ヤイヤイ、だから何処がいいのか訊いてるんだよ」と急かされちゃう。
やだねー、人間は見てから選ぶ権利があるんじゃないの?



私の憧れの君・・吉永小百合様の映画を、封切り日に真っ先に駆けつけたり、
ドキドキしながら幕が上がる瞬間があったり・・・
今は画面のどん帳が上がるなんて映画館は見かけないよね~。

中学校の時に、近くのボロな映画館のトイレの窓が壊れているのを見つけ、
そこから何回も侵入して、ただで映画をよく見たのは感動ものでした。
「OK牧場の決闘」なんか3回も観させてもらった。
「いつか出世払いでお金は払うからね」と思っていたんですが、
いつの間にかその映画館は取り壊されてしまいました。
俺は払う気があったんですから、これはまあ仕方ないよね、時効だな。

高校の時の試験の日に、
いつもの場末の映画館に行ったら、国語のセンコーとばったりッ!
お互いに見て見ぬふりをしてたな~。
あいつも、きっとバツが悪かったのかもしれないな。
それから学校で、そのセンコーに会っても、
奴も「お互い見なかった事にしとこうな」みたいな、
暗黙の了解が何となくあった様な気がしました。


やはり高校生の時、平日の午前中に学校さぼって映画館へ・・・
前の席の背もたれに(長い)足をぶん投げて煙草を吹かしてたら、
何処から来たのか背広姿の大人が「外に出ろ」と脅かしながら、
俺に見せたのは(警察手帳)
俺はビクッとしてロビーまで連れて行かれ、
煙草を強制的に没収されて、ゴミ箱に捨てられてしまった。
その刑事はそれで映画館を出ていったのでホッとしました。

その後で、映画館のおばちゃんが、煙草を俺に届けに来てくれました。
だけど、俺は高校の制服だったんだけど、ま、いいか~。

高校の時は今と同じ身長があったのですが、
その映画館はボロでガタガタの建物だったのです。
ある日、トイレに入ろうとしたら、イヤというほど頭をカモイにぶつけたのです。
普通はぶつけた事など無いので、全然気にもしてなかったのですが、
そのボロ映画館のトイレのカモイには何かの補強でかまぼこ板が張ってあったのです。
私はまさに目から火花が出るほどぶつけ、一瞬クラッと目まいがして倒れそうになりました。
頭には血が滲んでいました。
日頃の行いがきっと悪かったんだと思います。

高校の制服を着て、いつもと違う映画館に行ったら、
窓口で「生徒手帳を見せろ」と言われ、
その時は持ってなく、戸惑っていたら、
横を通った若いアンチャン2人が「見れば分かるだろ~」っと言ってくれて、
何なく関門通過・・感謝しましたね~。

大人になってから友人と3人で、オールナイトの映画館で夜を過ごした事があります。
勿論、飲んでますから眠くて眠くて・・・
そんな時に限ってやってる映画が凄く面白い映画だったんですが、
睡魔には勝てずに寝入ってしまいました。

だけど「あの時の映画は面白かったぞ、もう一度観たいな」と思い、
それからずっと後になってからDVDを買ってキチンと観ました。
その映画は「マッケンナの黄金」といいます。


今日は、先日見損なった映画に行く予定ですが、
本当に、あの頃の3本立ての映画館が、懐かしいな~。



そう言えば、シルバーになって初めて行った映画館で、
「年齢の証明書」の提示を求められましたが、
最近は、もうそんな事はまるで無くなっています。
きっと顔を見れば「納得」となったのかも知れませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリカ | トップ | 観てきました・ハドソン川の奇跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。