河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

今日は厄日だったのか?

2016-10-14 19:55:07 | 日記


府中に映画を観に行きました。
実話のアメリカ映画「ハドソン川の奇跡」です。
監督は、あのクリント・イーストウッド。

映画館に着いて、さてチケットを買おうとしたら、
上映時間が予定の14時10分ではなく、19時00分になっている。
「エッ?」
一昨日ネット検索で時間を確認していたのに何で?
係員に訊いたら今日から上映時間が変わったとの事。
「そんな~・・・だったら言ってよ」・・(誰に?)

と嘆いても後の祭り。
19時までは待てないので喫茶店で時間調整をする事にしました。
本来なら映画が終わった後には、調布に行って中華料理を食べる予定だったんです。
中華料理といっても、まだ夕食時間には早いし・・・

その喫茶店で、帰り客とママさんとの会話に「歌声」という言葉が出てきました。
私達は「おや?」と聞き耳を立て、
ママさん(と思われる)女性に、歌声の事を訊きました。
すると、その店(カフェ・ド・クロワッサン)では第三土曜日の夕方から、
歌声喫茶をやってるみたいなんです。
つまり明日なんですね。

・・・これ、家に帰って調べたら、
アコーディオンは神野さん、司会は奥様の、ささいさんの歌声でした。
神野さんのテリトリーは広いんですね~。
たまたま入った喫茶店がまさか歌声喫茶の会場だったとは、ビックリ。

喫茶店で思わぬ収穫があった後、
各駅の電車で調布に出ました。
その中華料理店はパルコの6階にある店で、
以前より気になって狙いを付けていた店です。

以前、よく行っていた分倍河原の中華料理店は、
店内が従業員の子供たちの、保育園状態になっているので嫌気がさし、
府中の中華料理店は、分倍河原の店と同じで、一応は中国人がやっているのですが、
味が濃すぎてあまり美味いとは言えないのです。
それで何処か美味い店は他にないかと探していたのです。

入ったその店は綺麗な店でした。
メニューは、あまり多くはないので、
一般的な中華料理を何品か注文し、ビールと紹興酒での夕食。
しかし、味は・・ガッカリでした。
味は薄くて本場の味など何処にも無い。
そこらの日本人のやってる店の方が全然美味い。
これでも中国人コックの調理なんですから、信じらんな~いッ!



こんなんだったら、セブンイレブンの酸辣湯麵の方が全然美味しいや。
全く、拍子抜けもいいとこ。
こんなんで6180円・・無駄だった~。返してよ。
これが調布のパルコに店を構える中華料理店なんだからね~。

どこか本場の中華料理が食べられる店はないのかな~。
まさか横浜まで通う訳にもいかず、
しばらくは放浪の旅となりそうです。
私は、中華料理が大好きなんで、切ないな~。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台・・だんだん好きになる街 | トップ | 箱根駅伝、最高の名場面 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。