河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

今年3回目のキャンプ

2017-06-18 16:31:04 | キャンプ
今年になって3回目のキャンプに2泊3日で行ってきました。

場所は、神奈川県・道志川沿いの(このまさわキャンプ場)です。
少し行くともう山梨県という場所です。
このキャンプ場は、勝手知ったる4回目なので、
お気に入りのサイトも指定して、道志川を眺めながらのキャンプでした。
関東も梅雨に入ったので、こういった梅雨の合間の晴天は、見逃せないのですね。

いつもの事ながら、私達は初日が金曜日という事が多いので、
家族連れのキャンパーは学校の関係で当然の様にやって来ない事が多く、
そうなるとキャンプ場貸し切り状態というのは何度も経験しているのですが、
今回は私達以外にもう一組だけファミリーキャンパーが居ました。

自分たちだけのキャンプには、それなりの味があるのですが、
それと違ったキャンプにも、それなりの楽しみはあるのです。



私達は(歌声喫茶)の狂乱状態が激しいので、
時によっては、いくら晴天に恵まれてもキャンプをあきらめざるを得ない時もあります。
これ以降は、行かれなくもなかったりしますが、
梅雨入りとなった現在は、何としてもキャンプ優先主義なのです。
日程と天候が合致した時には「ソレーッ」っと突撃するのですね。
その時は多少の歌声喫茶など、蹴っ飛ばしても行っちゃうんですね。



今回、私達は新兵器を持って行きました。
ガスボンベ式のバーベキューコンロです。
私達はいわゆるバーベキューをやった事は無く、
あえてやるには七輪に炭を起こして魚を焼くくらいだったのです。

しかし、キャンプ動画でこれを知り、早速のネット通販での購入。
となると、事前のスーパーでの食材仕込みも、今までとは一変しました。
つまり、焼き肉だったり玉ねぎ、椎茸、トウモロコシといった塩梅です。



後を流れる道志川は、鮎漁が解禁になった事もあり、
日中は10人くらいの釣り師たちが夕方まで釣り糸を垂れていました。
彼等を眺めていると、「好きだな~ッ」っと、
自分たちの歌声喫茶狂いを棚に上げて、その馬鹿さ加減にあきれてしまいます。



翌、土曜日はファミリーキャンパーが大挙して押しかけ、
如何にもキャンプ場というムードに一変しました。



私達の左隣に来たキャンパーは、
40歳になるかならないかの、チョッとむさ苦しい親父でしたが、
まだ小さい2歳と4歳くらいの姉妹を連れての家族でした。
「お母さんは、どうなってるんだろう?」・・・
「きっと、お母さんは忙しくて来られなかったのかな?」



この緑一色の自然を眺めていると、
「やっぱりキャンプっていいんだよな~ッ」と、つくづく思うのです。
川のせせらぎ、野鳥のさえずり、そういった中で私達、人間は生かされているんだなと、
自然の摂理という事を感じ、心が穏やかになるのです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の動画の最高ヒット数が8... | トップ | 霧の摩周湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。