河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

お彼岸の墓参り

2017-03-20 03:33:11 | 日記


いつもは車で行く墓参りに、今回は珍しく電車で行きました。
小田急ロマンスカーは、小田原までの特急料金が890円。
運賃は880円ですので、それとほぼ同額ですが、
1時間半かかる所を、1時間10分程度で快適に行く事ができます。





小田原駅北口は、ひっそりとした側で、
駅から少し歩いた所にある、いつもの蕎麦屋さんで昼食。
ここの蕎麦屋さんは、美味いのでお気に入りです。



再び駅前に戻り、これもいつもの花屋さんで買い物。
今回は妻の好きに任せて購入しました。



菩提寺は、駅から15分くらいのダラダラした上り坂の奥にありますが、
タクシーで行き、墓参りが終わるまで待ってもらいました。



ここが、私達が入るお墓。
いずれは姉の家族も、ここに一緒に入るつもりですので、
墓石は、〇〇家ではなく、
「夢」とかの文字を刻んだ墓石に替えなければと思っています。

元々は山口県・防府市が菩提寺だったのですが、
あまりにも遠くて墓参りなど行く事もままならず、
40年以上前に、母が分骨して小田原に新しく墓を買ったのです。

分骨の時は、最初で最後の防府の菩提寺に母と行ったのですが、
当時かなり高齢だった住職さんが、
墓を後にする私達親子を、いつまでもいつまでも見送ってくれた姿は、
今でも覚えています。
勿論もう亡くなっているでしょうが、
いつまでも見送ってくれた姿を思い出す度に、人の心の温かさを思います。

最初から防府には既に誰が住んでいる訳でもなく、
ただ父親の郷里だというだけの場所になっていたのですが、
それでも私は最近まで、そこを本籍としていたのです。
母も過去にこだわり、本籍を移すという事は最後までしませんでした。

父は母に防府の事を話す時に、
「毛利さん、毛利さん」とよく言っていたと聞いているので、
父の祖先は、毛利元就の家来だった様で、
いつだったか歴史の本を読んでいたら、赤川という名前の家来が居たので、
その武将が私の先祖なのかも知れません。

NHKの「ファミリーヒストリー」だったら、
きっとその辺を明らかにしてくれるのでしょうね。
あの番組で、自分のルーツを初めて知ったという人は多いですね。
私には残された時間はあまりありませんが、
その本籍地や菩提寺を訪ねて、自分のルーツを知りたいという気はあります。
でもね~・・・記憶が・・



帰りは、あまり歩かなかった小田原駅前を散策などしてみました。
駅前散策は初めてで細かい路地裏に意外な店があったりして楽しかった。
妻はある店でリュックを買ってしまいました。

今までは殆ど車で行っていた墓参りですが、
連休で混んだ道路を行くより、ロマンスカーでの墓参りも良かったので、
これからは、どっちで行くかが悩みになるかも知れません。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もやし生産業者が大変らしい | トップ | 新里愛蔵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。