河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

大井川鉄道へのキャンプ

2017-08-15 16:19:33 | キャンプ
8月12日(土)から15日(火)まで、
大井川鉄道沿線にある「くのわき親水公園キャンプ場」に3泊4日で行って来ました。
これは、私がいつも頼りにしている、
「すまいるキャンプ10」という方のブログを観て、
それで、「ここに行きたい」と行ったという訳です。

その方は殆どがソロキャンプ(単独)なのですが、
とに角あちこちに詳しくて、本当に頼りになるのです。
すまいるさん、いつもありがとうございます。

新東名高速道路・島田金谷から20キロくらい、大井川鉄道を遡った先が、
今回の「くのわき親水公園キャンプ場」
私達は指定サイトを予約して行きました。
初めてのキャンプ場は不安が大きいので、その方が確実なのです。





私達のテントサイトです。
今回は天気予報があまり芳しくないのですが、
小雨はありましたが、風が無風状態だったのが助いでした。
キャンプでは雨より風が最大の大敵なのです。

キャンパーの車のナンバーを見ると、
やはり(静岡)(浜松)が多く、他には名古屋や大阪、
関東では品川、横浜、などもチラホラ。



この辺は「川根茶」の産地という事で、
キャンプ場周辺にも茶畑が数多く散在していました。



キャンプ場から徒歩7分くらいの所に有名な吊り橋があります。
大井川にかかる吊り橋では最長の220メートルの「塩郷の吊り橋」
通称「恋金橋」
こちら側が塩郷駅側、あちらがキャンプ場です。



キャンプ場から塩郷駅側に渡る妻。はしゃいでいます。



下から見上げると、中々の迫力です。



この吊り橋では、1978年に
山口百恵と三浦友和主演の映画「炎の舞」が撮影され、
彼らはその2年後に結婚しました。
以来、この映画にあやかろうと橋を渡る若いカップルが一段と増えたそうです。



キャンプ場からは、赤いSLジェームス号が・・



青いSLトーマス号も見えました。

今回のキャンプは大井川を遡って井川ダムまで行くのも主目的でした。
井川ダムまで往復する為にはSLに乗るのは時間的に無理で、
仕方なく諦めざるを得ませんでした。

キャンプ場の最寄り駅(塩郷)から終点の(千頭)までは27分。
千頭からトロッコ電車に乗り換えて終点の井川までは、1時間50分くらいです。
途中に急こう配の坂があって(アプト式)の機関車を連結します。





トロッコ電車は幅が極端に狭く、窓も開放にしてありました。



「アプトいちしろ」駅から「長島」駅間の一駅は、
1000メートルの間に90メートル登るという急こう配の為に、
現在は日本で唯一となる(アプト式)になります。
かつては、碓氷峠にもあったのですが廃線になり、今ではここだけだそうです。
そんな事でしょうね、多くの鉄道マニアがカメラを持って集まってくる感じ。
アプト式の機関車を接続する時は、この様な状態でした。



これがアプト式。レールとレールの間に3列の歯車があります。



千頭駅には、機関車トーマスなどが居ました。





奥大井湖。



ここが最終駅の(井川)





井川ダム(昭和32年)の完成というダムです。
大井川鉄道は元々、このダムを造る為の資材運搬用の鉄道だったそうです。

今回のキャンプは、今までと様相を変えて、
大井川鉄道の最終駅まで行くという目的が加わり、
とても印象深いキャンプとなりました。
天気にはあまり恵まれてはいませんでしたが、とても良いキャンプでした。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が永遠の穂高岳 | トップ | フレームザック »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
河童さん (わか)
2017-08-15 19:01:54
夫妻の居ない「歌天」は、寂しかったですよ!
150人位でした。

キャンプと バクさんのうたごえには、、勝てませんね!?
ごめんね (河童)
2017-08-15 22:29:07
歌天よりキャンプ予約が先だったので勘弁ね。
でも、150人なら盛会でしたね。

コメントを投稿

キャンプ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。