河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

30キロの減量

2017-09-17 23:30:11 | 健康
松村邦洋、30キロ減量に成功 「RIZAP」新CMが公開


デブタレントの松村邦弘が30キロの減量に成功しましたね。

それに要した期間は8ヶ月だそうです。
よくやり遂げたものだと感心しています。

半年くらい前だったか・・
彼がダイエットを始めたという事を知りました。
一旦、世間に公表してしまったからには、
何が何でも痩せなきゃならなくなった訳ですが、
こうまで見事に成功した姿になるとは驚きです。

彼は50歳。身長164センチで、
最高体重は一時140キロまでいったそうです。
ダイエットを始めた時の体重は110キロ。
それを30キロ減量して、現在の体重は80キロ。



彼も言ってる様に「一人では絶対に成功しなかった」
ライザップという減量にかけては有名な会社の、
マンツーマンの指導によるものなんですね。

5年くらい前だったか、ある女性がライザップの説明会に行ったのですが、
その当時で130万円を即金で支払うように言われ断念。
ローンでの支払いもあったのですが、
その金利は凄く高くて、これも断念したそうです。

松村邦弘は会社に何百万円支払ったか?
あるいは広告塔としての価値が十分にあるので、
支払わずに済んだのかは謎ですが、
それにしても、これだけの大成功を見ると、
数百万円も惜しくはないなと思いますね。

歌声喫茶仲間で、
85キロから58キロへと、27キロの減量を、
自分一人で成功させた男が居ました。
彼の減量方がすさまじかった。
とに角「腹が減って目まいでぶっ倒れるくらい我慢した」のです。

彼は当時、多分40代半ば過ぎだった筈です。
でも「このままじゃ俺は一生ブタだ」と、
一念発起し我慢に我慢を重ねて27キロの減量に成功したのです。

その彼が56歳で逝ってしまったのは2年くらい前でした。
それは自宅での突然死でした。
私の妻は、「そんな急激な無理をしたから、突然死なんかするのよ」
と言っています。
確かにそれは言えるのかも知れません。
松村邦弘が食事療法と合わせてダイエットしたのとは、
かなり違っていて、やはり無理がたたったのかも知れません。

松村邦弘が更にダイエットを重ねるのか、
これを最適な体重として維持していくのかは知りませんが、
リバウンドだけは避けなければなりませんね。
50歳という年齢を考えると、
このまま維持させるのが最適かとも思われます。

それにしてもライザップという会社は凄いですね。
こんな事を書くと「お前はいくらか貰っているのか?」
と、言われそうですがそれはまるで無しです。
他にも有名なタレントさんが成功写真を発表したりしてますが、
やはり、ダイエットというのは、
一人っきりでは中々成功は難しいみたいですね。

しかし、松村邦弘の大成功は凄いですね。
ビックリしました。脱帽。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットその後

2017-07-19 05:42:04 | 健康
5月半ばくらいから、何となく初めたダイエット。

食事療法だけで最初の一ヶ月に4キロの減量となりました。
75キロ⇒71キロ。
それから、更に一ヶ月。
その結果は・・・全然変わらず。なんです。

ホーントに不思議なんですね~。
最初の一ヶ月とさほど変わらない摂取カロリーなのに、
何で変わらないんでしょうね~?

ここ最近は71~72キロを行ったり来たり。
一時、あれは瞬間最大風速みたいなものだったのでしょうが、
70,2キロを記録したんですが、
翌日には、また71キロ超え。

何年かぶりに、いよいよ60キロ代に突入かと思ったんですが、
行きそうで行かない。

私の年齢の男性が一日に必要なカロリーは、
1300キロカロリー程度だとかなんですが、
私は、もっとも少ない時は350キロカロリーくらいでした。
あれは、コンビニの「ざるそば」を、
一日一食だけしか食べなかった時でしたが、
そういった事をやってると、翌日、歌声喫茶に行く為に、
駅までの道を歩いていると、何だかフラフラしたのを覚えています。

今は、そこまではやらない様にしていますが、
それでも一日一食は何度もやっています。
でも、減らないって・・何なの~?

でも、以前肥っていた時に比べ、
「もうお腹いっぱいで食べられない」なんて事は皆無になりました。
体重は計器で計らなくても、お腹の感触で大体わかります。
最近は、以前のベルトがゆるくはなっていますが、
それでも、以前はいていたズボンはまだ穿けません。

歌声喫茶を知った10年前は、65キロ。
煙草をやめたのが約7年前。
それからでした、いきなりブクブク肥りだしたのは。
あれよあれよの70キロ超え。

原因は飲酒時に吹かしていた煙草が無くなってしまった分、
口がもの淋しくなり、やたらめったらとツマミを食べまくったからでした。
よく「ご飯が美味しくなる」と言いますが、
ご飯を食べずに飲酒をするのですから、やはり原因は酒のツマミですね。

しかし、歌声の女性たちから「貴方肥ったでしょう」と言われた事は、
一度や二度ではなく、その屈辱は、やっぱりプライドがね~。
「見返してやる~ッ、痩せてやる~ッ」っと思っても、
他人の撮った自分の写真を見ると「ブタ」
やだね~、もう見たくもないんだよのブタ。

元も体重65キロまでは、残り6キロ。
出来るんだろうか?
もうこの歳になると、以前の体重より少し太目の方が自然なんだろうか?
でもな~、
俺にだってプライドってやつも、一応はあるからな~。

あのベイビーブーのユウさんが64キロでダイエット言ってたのも、
気にかかるしな~。

今日一日、私はどういった食事をすべきなんだろうか?
昨日の様に、夕食は日高屋の味噌ラーメン、麺少な目はいいけど、
歌声会場ではビールは飲むし、
二次会でもビールをまたまた飲むし、
なんてやってる様じゃ、ダメだなこりゃ。

今朝は72キロ。
今日はコンビニの「ざるそば」だけで頑張るかな~?
でも明日の体重は、それでもせいぜい71キロ止まりなんだよな~。

しかしだね~、
若い頃からスリム体型だったこの俺が、
何とダイエットだなんて、信じらんな~いッ!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もしガンになったら・・

2017-06-28 09:39:07 | 健康
もし、自分がガンになったら・・どうするか?

ここ数年間で、私の身の周りでガンによって亡くなった方が何人か居ます。
その方々で70歳を越えていたのは、一人だけ。
殆どが私より若い50代、60代で亡くなっています。
また自分の知り合いではなく、有名人でもガンによって亡くなった方も居ます。

そういった方々を見ていると、
私は、これは個人的な見解ですが、
ガンになったら、結局は精々5年とかで逝ってしまう様な気がするのです。

知り合いの男性は73歳くらいだったか、
ガンと宣告された時点で、全てをあきらめ放棄してしまいました。
病院にも行かず、何の治療もしなかったのです。
彼はそれから、やはりというか1年と経たずに旅立って逝きました。、
彼の心は、人間だったら「生きていたい」という気持ちは勿論あるでしょう、が、
70歳を越えて、既にある程度、人並みの寿命を生きたという思いもあり、
ジタバタせずに神の召されるままに残りの日々を生きる。
それで自分はいいんだと覚悟を決めたのですね。

何とかして助かりたい、もっともっと生きて人生を楽しみたいと、
頑張りに頑張る人も居ます。
しかし、そうやって頑張りに頑張っても、
精々5年程度しか人間は生きられない様に思えるのです。

73歳の彼の様に、あきらめられる人もいますが、
その人の諸事情により、死ぬに死ねない人もいるのです。
その人は男性で多分70歳前だったと思うのですが、
奥様が身体障碍者で、彼の介護なくしては生活に支障があったのです、
死ぬに死ねなかったのです・・が、ダメでした。
「俺は死ぬ訳にはいかないんだよな」と言いつつ、
結局は後ろ髪引かれる思いのままで逝かざるを得なかったのです。

ある男性は自分がガンだとは最後まで家族からも知らされず、
知らないままで、1年足らずで逝きました。68歳でした。

私の母親も、
もし自分が大病になったら、どうか治療をしないで欲しい、
身体中に管を差し込まれ、意識も有るか無しかのベッド人生にはしないで欲しい、と、
正式な文書をしたためていました。
ですから94歳だったかで乳がんが見つかった時、
既に母は半ボケ状態で何も判らず、
私は私の判断でそれからの治療を決めなければならずに悩みました。
結局、摘出手術をしたのですが、
母は自分がガン手術をした事すら覚えていませんでした。

歌声の女性は、57歳、58歳、69歳でそれぞれ亡くなってしまったのですが、
何年か前にガン手術をしていて、それが再発した為だったり、
何年間かのガン治療を受けていて、抗がん剤により脱毛していたり、
といった具合で、結局は5年持つかどうかで逝ってしまったのです。

ガンは早期発見、早期治療が最も大事とは言いますが、
もしそうならなかったら、どうするのか?
そこが問題なんです。

ガン細胞を圧倒的に短期間で駆逐するという方法を、
ネットで見たのは、ごく最近の事でした。
酸性体質を、アルカリ性の体質に変えればいいとか・・・
そんな事だったかな。
それには、野菜のゴーヤ(苦瓜)を摂る事だそうな。

それで数か月前にその方法を試みて、
ガンにならない体質作りをやってみました。
ゴーヤをジューサーにかけて飲むのです。
しかし、そのままでは不味くて飲めないので、
私はバナナもジューサーにかけて一緒に飲むという事をしたんですが、
やっぱり不味くて、まるで三日坊主で終わってしまいました。

しかし、もし自分がガンと宣告されたら、
私は身内に迷惑をかけて多大の治療費をかける事はせずに、
ひたすら不味いゴーヤジュースを飲む事でやってみようかと思っています。
生きるか死ぬかの時の不味さなど、いくらでも乗り越えられると思うのです。

それでもダメなら、自然のままに死ぬ。
それでいいかなと・・・そんな事を思うのです。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエット

2017-06-10 06:37:12 | 健康
私がダイエットを始めたのは、多分、先月の18日くらいからでした。

「今日からダイエットやるぞ~ッ」と決心して始めたのではないので、
あまり正確には覚えていないのです。
それから約3週間。
体重は75キロから71キロと4キロの減量となりました。

やり方は、食べる量を減らしただけで、
運動療法は全くやっていません。

元々の体重は、身長-110で、65キロだったのです。
歌声喫茶を知った頃はその体重だったのです。
「俺は、あの森田健作と身長・体重・誕生日が同じ」と言っていたのです。
そして、北アルプスの様な大きな山行をする時は、
2~3キロの減量をして、62~63キロで登っていたのです。
ちなみに、高校生の時の体重は・・なな何と59キロでした。
60キロを初めて超えたのは30歳を過ぎてからでした。

それが7年前に煙草をやめてから、一気に肥りだし、
70キロオーバーになってしまいました。
よく、ご飯が美味しくなるから体重が増えるとか言いますが、
私はそれではなく、
酒の合間に吸っていた煙草が無くなってしまった分、
ツマミを食べる様になり、その量が半端じゃなかったからです。

71キロで止まっていた時間が長かったのですが、
気がついたら身長と同じ数字まで到達してしまい、
「これは絶対にまずいよな」と心では感じていました。
「貴方肥ったでしょう」とは何人かの女性から言われた事もあったし、
いつかはダイエットしなきゃとは思っていました。

数か月前に、ともしびで、あのベイビーブーのバス歌手ゆうさんが、
「ダイエット中」と言うので体重を訊いたら64キロだったのです。
彼は私と同じ身長なのに、64キロでダイエットとはと、
チョッとショックを受けました。
勿論、年齢は若いし、芸能人という事はありますが、
それにしても、我と我が身の体たらくにはガッカリしました。

肥るという事は、以前穿いていたズボンが入らなくなるんで、
買わなきゃならないんですね。
その時の惨め感ったらありません。ブタ~ッ!
他人が撮った写真を見ると、ホントにブタ。
やっぱり元に戻さなきゃな~。

コンビニで買った、ざるそばを一日一食だけという日は何度もあります。
それでも、あまり体重は減らないもんですね。
今日は町田の歌声に行きますが、
その前の昼食は、日高屋で味噌ラーメンの麺少な目を食べ、
夕食は二次会でビールを飲みながら、野菜炒めを食べる程度にするつもりです。
それだと、多分71キロのままの現状維持かな~?
ホントに中々減らないものですね、体重って。

一昨年、56歳で突然逝ってしまった歌声仲間の男性は、
85キロだった体重を「このままじゃ俺は一生ブタだ」と、
一念発起し58キロまでダイエットしたのですが、
そのやり方が凄かった。
腹が減ってぶっ倒れそうになるまで我慢したそうです。

妻が言うには「彼はそういう極端なやり方をしたから突然死したのよ」だって。
私はそこまでは我慢していないけど、
妻が言うには、私も彼と同じで、やり過ぎだと言ってます。
私も突然死への道を直行するんでしょうか・・・?

あの古田さんも、身長-110にこだわっている様で、
あと4キロ痩せなきゃと言ってましたね。
でも、私達くらいの年齢になると、多少肥っていた方がいいのかも。
身長-105くらいの方がいいのかも知れないですね。

でもね、若い頃からスリムで人生やってきた男としては、
ブタは耐えられない、やっぱりスリム体型で死にたいとか思うんですね(笑)
北アルプスを颯爽と登る俺って、
やっぱりカッコ良かったんだよな~。

「キャーッ、赤様ってステキーッ!」
だったんだよな~・・・(涙)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風邪をひいてしまいました

2017-01-12 16:23:45 | 健康
数日前から、少しおかしかったのですが、
やはり、風邪をひいてしまった様です。

と言ってもインフルエンザとかではなく、いわゆる鼻風邪。
別に熱が出る訳でもなく、そういった意味では(大したことない)のですが、
私の鼻風邪は、いつまでも、しつこく咳が出るのが困り者なんです。

人と話す時になると、咳が出るので本当に困ります。
特に顕著なのが(いい女)と話す時。
今ではあまり無くなってしまっている(いい女)と話す機会。
減ってますね~、
折角のチャンスだってのに、何てこった!
そ~ゆ~時に限って咳き込むのですから。

風邪をひいた原因は判っています。
はっきりとしてるんです。

布団です、布団。

我が家の布団(掛け布団)は羽毛布団です。
ですので毛布とかは一切使っていないのです。
掛け布団はそいつ一枚きり。

ですから、掛け布団をかけ損なうと、そいつは死活問題となるんです。
まさに、生きるか死ぬかの瀬戸際となるのです。

私が自分にとって、(たっぷり)と布団をかけると、
隣で寝ている連れ合いは、若干、布団量が少なくなるみたいで、
それに反発した女房殿は、何とかして布団を我が物にしようと頑張るのです。

私がチョッとでも気を抜くと、
寒空に(室内だから空は無いか)我と我が身を晒しているのです。
そんな理不尽な事があってたまるかと、
連れ合いに気づかれない様に、そっと手繰り寄せるのですが、
敵はかなりの役者で、気がつくと元に戻って布団は敵の手に・・・

「クソーッ!」
私は何とか敵をだまして元通りにしようと、あの手この手と策を練るのですが、
なんせ、敵はその身体を少しでも回すと、
円周率というか、直径が長いもんで、私は負けちゃうんですね。

何とか敵を騙す事は出来ないかと、色々考えてると、
もうそれだけで疲れちゃって、つい寝入ってしまうのです。
そんでもって、気がつくとやっぱり敵の思うつぼ。

私は真夜中にまんじりとも出来ずに、
「世の中、こんな理不尽が許されていいもんだろ~か?」と、
天井を睨みながら恨んで恨んで、敵をののしっているんです。
「明日になったら絶対に警察に訴えてやる」
「このままだと俺はこいつに殺されちゃう」と訴えてやる・・・

寝る、と言っても我が家では、死にもの狂いなんですね。
単にイビキなんてかいてるゆとりなんて、何処にも無いんですね。

俺はね、一日でもいいから、真から寝てみたい。
ひと様みたいに普通に寝るって事をしてみたい。

さっき、その敵は「今夜は鍋でいいわね」とか言って、
下のスーパーに買い物に行きました。
そ~やって、今夜も俺を騙す準備をしているのです。

あ~、俺の風邪が治るなんて事はあるんだろ~か?
こんな事じゃ風邪は更に悪化の一途を辿るばかり・・・

訴えてやる~!
死んで告訴してやる~!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加