河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

これでも大相撲などと言えるのか?

2017-09-18 07:23:11 | 相撲
維新力、見事な入身転換 平成の牛若丸


両国国技館で行われている9月場所。
4横綱中、3横綱が初日から休場。
大関は3大関中、2大関の休場。
こんなのは、1918年(大正7年)以来99年ぶりという。

幕の内で合計8人が休場なんて、大相撲なんて言えないじゃないか。
こんな抜け殻みたいなのを、客に見せるのかよ。

私は一年間の場所数は、
現在の6場所はやめて4場所にすべきだと常々思っています。
6場所という事は、1ヶ月おきに場所が開催されるという事です。
もし、力士が怪我をしたら2ヶ月以内に治さなければなりません。
これが年4場所だったら3ヶ月以内に治す事になります。
この1ヶ月の差はとても大きいと思います。

私達は、怪我を抱えながら土俵に無理に上がる姿など見たくはありません。
常に万全の状態での力士達の相撲が見たいのです。
今の土俵に上がった力士達の姿を見てご覧なさい。
殆どの力士が、テーピングの白い布だらけ。

もう常態化して、テーピングした姿しか思い浮かばない力士も居ます。
そんなのはイヤです。
そんなみっともなく汚らしい姿の力士は見たくありません。
土俵に上がるからには(美しい姿)で上がるべきです。

何でこんな状態が恒常化しているのでしょう?
それはひとえに体重が重すぎるからです。
重すぎるから、その重さゆえに怪我をしやすい。
一旦、怪我をすると重さが回復の妨げになって治らない。
体重が軽ければ怪我する事も少なくなり、
怪我をしても治りが早くなります。

重いという事は、(いい事)とはなっていないのです。
これは昔、ハワイ出身の(高見山)からの悪影響です。
彼はそれほど才能のある力士だとは思えません。
しかし、その体重(180キロ)は当時とすれば、
驚くべき超重量級で、その体重ゆえにそこそこ勝てたのです。

それを見た力士達は「重けりゃ勝てる」と短絡的な発想となり、
猫も杓子も(重けりゃ勝てる)思想が全盛になり、
挙句の果てが、現在の体たらくになってしまったのです。

現在の相撲を見て御覧なさい。
肥満児たちの押し合いへし合い。
単なる(押しくらまんじゅう)じゃないですか。
こんなのが相撲などと言えますか?
技というのが何も無いじゃないですかの、押しくらまんじゅう。

動画にある「維新力」は、
身長175センチ。体重81キロの、
現在では全く見る事の出来ない小兵力士でした。
しかし、その相撲の面白かった事。
私は、こういった技の駆使を見たいですね~。
デブの押しくらまんじゅう相撲など見たくはありません。

昔は40貫(150キロ)を超えると、巨漢と言われました。
現在の力士の平均体重は160キロにも達しています。
それは、そのまま(つまらない相撲)となってしまう訳です。

150キロを超えた力士には罰金を課すといいですね。
力士の月給。
横綱・・260万円。
大関・・216 〃
三役・・156 〃
幕内・・120 〃
十両・・・95 〃

その2割程度を場所毎に罰金を払う羽目にするのです。
幕内120万円は、実質96万円になるのです。
これは効き目が大きいと思います。
単に体重だけで勝とうなんて卑屈な力士は、
かなり減るでしょうし、私達相撲ファンは、
今と違った(面白い相撲)が見られる様になるでしょう。

おまけに高見山から始まった外人力士達の跋扈は、
白鵬に受け継がれ、
勝ちさえすれば何をやってもいいの、
現役横綱の、「稼がしてやってるのは俺なんだぞ」には、
相撲協会もだんまりを決め込むしかなく、
全く情けない腰抜け、腑抜け状態。

こんなのは(大相撲)じゃないよ。
こんなデブと外人ばかりの相撲なんて見たくもないよ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稀勢の里が横綱に

2017-01-25 18:38:11 | 相撲
稀勢の里が初優勝と、横綱昇進を同時に果たしました。

これにはビックリしました。
だって、私は去年3月の日記「バカヤロー横綱」で、
出稽古嫌いの稀勢の里など永遠に横綱とは無関係の、
つまらない力士と書いたのですから。

今場所は、二人の(みそっかす)横綱、
日馬富士と鶴竜が休場であり、
残るは第一人者の白鵬しか横綱が居なかったという運が幸いしました。
その白鵬も全盛期からは、確実に力の衰えが目立ってきた感があり、
この千載一遇のチャンスで優勝できなかったら、
それこそ永遠に終わりだったのではと思います。

日馬富士はまだとも角として、
鶴竜という横綱は、本当にダメ横綱ですね。
大関がいいとこで横綱にはすべきではなかったですね。
これは、稀勢の里にも言えるかも知れません。
稀勢の里という力士に、私は多くを期待していません。

大体30歳で初優勝して横綱などという力士に、
残った力がどれだけあるというのでしょう?
3分の一の横綱しか居なかった、
言わば、鬼の居ぬ間の空き巣狙いの30歳横綱に、
私は期待感など持てません。

とは言っても、19年ぶりの日本人横綱が、
嬉しくない筈はありません。
手ばなしで嬉しいと言いたいのですが、そういった意味では、
やはり、そう安閑としてはいられない横綱でしょうね。

昨年は「年間最多勝」という栄冠をものにし、
安定感が有るという意味では、最有力の力士であり、
3人の横綱は一体何をしていたんだと、後ろ指を指されても仕方がありません。
こういった状況だったので、横綱にはなれましたね。

しかし、日本人の優勝は10年ぶりと持てはやされた、琴奨菊。
私は、やはり過去の日記に、
「貴方の優勝は一回きり」ですから、
多いに飲み狂い、騒ぎ、遊び呆けていていいんですよ。
といった事を書きました。
そして、やはり所か大関陥落なのですから、もう本当にイヤハヤですね。

稀勢の里・新横綱も、琴奨菊の二の舞にならなければいいんですがね。
でも、これを機にモンゴル力士ばかりが相撲界をデカイツラして闊歩する、
今の大相撲から、少しでも日本人力士達が(デカイツラ)して、
歩ける大相撲になってくれる事を願うばかりです。

「もう、外人ばっかりの大相撲なんか見たくないんだよ!!」
相撲協会も、外人ばかりを導入した事により、
どれだけの相撲ファンを失ったかを、よく再思考して頂きたい。
目先の利益ばかり追っているから、
こんなだらしない無様な相撲界になってしまったか、思い知るべきです。

さてと、稀勢の里ね~。
この人は、大丈夫なの?
ここ一番となると、まるで目が虚ろ。
こんな気の弱い力士が、本当に横綱を張っていかれるの?
あの(ダイッキライ)だった朝青龍の、負けん気の強さったらなかった。
ああいった格闘心剥き出しは、あまり偉大な力士とは言えないけど、
それでも気の弱いのよりかは、まだいいからね。

やっと日本人の横綱が誕生したからといって、
あまり多くを期待しない方がいいと私は思います。
稀勢の里という力士は、それほどのモンじゃないよ、多分。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これが力士って言えますか?

2016-09-25 07:07:37 | 相撲
2016年9月場所3日目 服部桜ー錦城


これは、今場所3日目にあった(序の口)の取り組み動画です。
私はこれを、ネット記事の「敗退行為」という言葉に興味を持って見ました。

一体、敗退行為とは、どういう意味なんでしょう?
「わざと負けること」だそうです。
エッ、わざと負けるって何のこと?
その答えが、この動画です。

負けた細身の力士は「服部桜」という四股名です。
まだ18歳。入門して1年の力士。
身長180センチ。体重は、たった67キロ。
67キロって、俺より軽いじゃないか。

この力士は自分から望んで相撲界に入門したという事です。
最初は親方に断られたのですが、
今度は家族の承認を得て、再び部屋の扉を叩いて来たそうです。
そこまで言うならと、親方も入門を認めたのでしょうね。

入門時は70キロあった体重が何故か3キロ減ってしまいました。
きっと激しい稽古のストレスとかなんでしょう。
それにしても67キロの相撲さんなんて見た事ありません。

さて、対戦相手の錦城はどんな力士かというと、
服部桜と同じ18歳。
ただ、腕相撲16~21歳部門の全国2位という力自慢。
身長185センチ。体重130キロ。
その将来を嘱望されている力士です。

この映像を観た人は、皆さんが見てはいけないものを見た。
信じられないものを見た・・そんな思いでしょうね。
私も全く同感です。

それは、この3月29日に書いた私のブログ、
「バカヤロー横綱」の時と同じです。
あの時は、千秋楽の横綱同士の結びの一番に、
大バカヤローの白鵬が、変わり身で勝ったという、
前代未聞の信じられない事件でした。

そしてこれは、モンゴル人なんかじゃないぞ、日本人なんだぞ。
日本人の若いこれから角界を背負って立つべき力士が、
こんなぶざまな背任行為をやっていいと思ってんのかッ!
冗談じゃないぞ、それは相手に対しても客に対しても失礼千万。

服部桜の敗退行為(わざと負け)は2度目だそうです。
こんな、もうどうし様もない力士は、力士とは言えません。
相撲というのは格闘技です、闘争心の無い者は来ちゃダメッ!
相手が強そうでビビった~ッ!
そんな弱虫が、相撲取りなろうなんて思うんじゃないよ。
角界は、こんな大バカヤローを追放すべきです。
親方は、こいつをクビにすべきです。

あ~、情けない。
私の好きな大相撲は一体何処に行くのでしょう?
外人ばっかり・・さて日本人は・・情けない。
どっちを向いても大バカヤローばっかり。

今場所は、何とか(豪栄道)が初優勝しましたし、
1月には(琴奨菊)が、日本人として、
10年ぶり(だったかな?)に優勝しましたが、
彼等の未来など、ある筈ありません。
彼等の優勝なんて一回こっきりなんですから、
浮かれまくっていていいんです。
(稀勢の里)彼の横綱なんて前から言ってるでしょ、
絶対に無いんですよ。
稀勢の里って力士はいくら期待したって無駄なだけの力士。
また仮に横綱になったら、負け越し続きで、即引退の力士なんですよ。

そして、日本人の下位力士は・・本当にバカヤロー。
バカヤロー・バカヤロー・バカヤロー・・・

俺の好きな相撲は、どっかに飛んで行っちゃった~(涙)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バカヤロー横綱

2016-03-29 08:20:28 | 相撲
あの横綱・白鵬が36回目の優勝を果たしました。

その千秋楽、横綱同士の一番の決まり手が、なんと、変わり身!!
私が子供時代から見てきた、千秋楽・横綱同士の取り組みで、
(変わり身)なんて姑息な手を見たのは、生まれて初めてです。

こんな決まり手など見たくもなかったし、あって欲しくなかった。
これは、もう詐欺であり、卑怯者のする事でしかありません。

変わり身という手は許される手です。
ただ、それはどうにも勝てない上位力士に対し、下位力士がする事は許されます。
やけっぱちの一手といった意味で許される手ではあります。
ですが、千秋楽に横綱同士となると、
それはもう言語道断、絶対にあってはならない事です。
これほどの(優勝回数を誇る)横綱が、こんな姑息な手で優勝する。
日本古来の相撲を汚す冒涜行為だと私は思っています。
それは、つまり日本人に対する冒とく行為だとも言えます。

白鵬という力士は、
今までもその品性の無さが露骨に感じられる力士であり、
今場所に限っても、(ダメ押し)を2回もしました。
もう既に勝負のついている相手に対し、
ダメ押しをして、土俵から追い落とす行為をする卑怯な力士です。
その為に、土俵下にいた検査役の井筒審判長(元・逆鉾)を骨折させてしまいました。
また、最近には(猫だまし)などという横綱のする技ではない手を使いました。

変わり身といい、猫だましといい、
そんな技は、横綱のする行為ではないのです。
横綱という地位にある人は、そんな事はやってはならない行為なのです。

勝ちさえすれば何をやったっていいんじゃないの?
といった事を言う(特に若い人)も居ます。
それは理屈であり、理屈が合ってればいい、というものでは相撲はないんです。
それが(相撲道・すもうどう)なんであり、
外国人には、そして若い人には分からない理論なのかも知れません。
でも、相撲を本当に知りたい、理解したいのであれば、
相撲道を理解できなければ永遠に、相撲は理解できないのですね。

相撲道なんて言ったって、そんなに難しい事は何もありません。
要するに、人として恥じる事のない様にというのが、基本でしょうか。
変わり身・・恥ずかしいですよね。
それは、相撲道なんかではないですね。

白鵬の前には、朝青龍というやはりモンゴル人の横綱が居ましたね。
彼は、相撲の世界にプロレスを持ち込んだA級戦犯でした。
もっと言えば、相撲の世界に(喧嘩)を持ち込んだ、もう、どうし様もない奴でした。
そんなに勝敗にだけにこだわるのであれば、
何が何でも勝ちたいのであれば、何でもありのプロレスに行けば良かったのです。
プロレスにはプロレスの良さがあり、独自の世界があります。
朝青龍は、そっちの世界に向いている人でした。
それを、そのまま相撲に持ち込んだから、嫌われ者になってしまったのですね。

しかし、朝青龍といい、白鵬といい、
その品性の無さ(皆無)には、もう日本人としてウンザリします。
そのウンザリ力士が、日本古来の相撲の歴史を全て塗り替えてしまいました。
残るひとつだけが、
双葉山の持つ、69連勝だけだなんて、ああ悲しい。
この鉄壁の牙城だけは、何としても品性欠如の外国人などに渡してなるものかッ!

先日の日曜日・朝のTBS(サンデーモーニング)で、
プロ野球の張本氏が、先場所優勝した琴奨菊に対し、
優勝したからと言って、浮かれて稽古を怠っていてはダメだとか言っていましたが、
私はそうは思いません。
琴奨菊よ、どうぞいくらでも取り巻きのファン達と浮かれまくって下さい。
32歳の、がぶり寄りしか技の無い貴方に横綱なんてあり得ません。
貴方の優勝はたった一度の夢なのです。
どうぞ、死ぬまで浮かれまくっていていいんですよ。貴方は。
もう一回なんて、横綱なんて絶対に無いのですから。

それは、毎回日本人の夢を打ち砕く事しか出来ない、稀勢の里にも言えます。
貴方も同じ、出稽古嫌いの力士に横綱なんて無いんですね。
永遠に貴方は横綱とは無縁のつまらない力士です。

さてと、現実に立ち戻ると、視界に飛び込むのは、モンゴル相撲、日本場所。
こんな事態になる事を読めなかった過去の相撲協会の先達たちよ。
本当のA級戦犯は、貴方たちなんですね。

この現実をどうするの?
こんな事態になってしまった大相撲は、もう本来の姿には戻せない・・の?
品性も何もない力士たちの相撲なんて、私はイヤなんだけどね。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バンザ~イ、日本人力士の優勝

2016-01-25 05:16:46 | 相撲
日本人力士・栃東以来10年間にわたり優勝のなかった日本人力士による優勝。
琴奨菊によって長年の日本人の悲願は達成しました。

琴奨菊が優勝を決めた瞬間、私は大声で「ヤッターッ」の雄叫び。
それと共に涙があふれました。
この瞬間を、一日本人としてどれほど待っていた事でしょう。
(10年間日本人力士の優勝が無い)
その事がどれほど日本人として屈辱的だった事でしょう。

明けても暮れても外国人力士の優勝オンパレード。
たまにヨーロッパ人力士(琴欧州や把瑠都)が居るが、
後は全部がモンゴル人。
これじゃまるで、モンゴル相撲日本場所。
こんな情けない事態はない。
モンゴルでは、日本人の弱さに皆、嘲笑しているだろうと思うと、
口惜しくて情けなくて、もうテレビなど観たくなくなっていた。
でも、本来は相撲は大好きなので、やはり気になっているのです。

そんな情けない事態に一風を与えてくれたのが「遠藤」
しかし、その遠藤も、全く期待外れを演じるばかり。
そんな中から現れた期待の新人・・・
それが、逸ノ城と輝ノ富士。
なんだよ、なんだなんだ、又もやモンゴル人じゃないか。
それも見れば納得の横綱体型。
それに比べて、遠藤は標準以下の小型体型。
こんな点でも、モンゴル人は我々日本人をなめてるのかッ!

それにしても、彼等モンゴル人横綱の品性の無さにはヘドが出る。
最も顕著だったのが、あの朝青龍。
彼が勝った瞬間にやるガッツポーズ。
あれこそ品性の無さの象徴であり、あれには目をそむけましたね。
朝青龍ほどではないにせよ、白鵬もまた同じ。
そんな彼等は、ことごとく日本人力士の記録を塗り替え、
残る記録はと言えば、双葉山の持つ69連勝、ただひとつだけ。

こんな大相撲に誰がした。
第一級の戦犯は誰なのか?
大相撲は日本人だけのもので、いいんです。
彼等外国人が格闘技で名を挙げたいのなら、プロレスに行けばいいのです。
何も、そんなのを大相撲に持ち込む必要など無かったのです。

それを一時低迷した客の入り。
そして、あまり育ってこない日本人の若者力士。
そんなこんなで導入した挙句がこの始末。
この猿芝居。
こんなの見るのは、もうたくさん、もう見たくないんだよ。

これからの若者たちは、こんな外人ばかりの相撲を、
「大相撲」だと認識し、納得して見ていかねばならなくなるのですか?
そこに日本人の存在感を感じる事が出来るのでしょうか?

若者たちの中には、(外人がいっぱい居たっていいじゃない)
という意見を持つ者が増えつつあるみたいです。
でも、私はイヤなんです。
はっきりとNOといいたいのです。
貴方が外人力士賛成派であろうが何だろうが、とも角私はNOなんです。
そんな相撲は見たくないのです。

外国に出て行ったが為に悩んでいるのが、柔道。
オリンピック種目などになったばかりに、柔道本来の姿が無くなってしまったと、
柔道関係者は悩んでいるみたいですが、
その事に関して私は、あまり意見を持っていません。

外国人の中でも、その国独自のスポーツに興味を覚える人も当然います。
日本人でも、タイ式キックボクシングに身を投じ、チャンピオンになった人も居ます。
彼は当たり前ですが、タイ人からは毛嫌いされました。
「やりたきゃボクサーになればいいじゃんか」と。

同感です。
格闘技がしたかったら、何もその国独自の世界に行って騒ぎを引き起こす事はないので、
他にいくらでも世界的な格闘技があるのですから、そこに行けばいいのです。

それなのに、昔の相撲界の重鎮たちは、
開けてはならないパンドラの箱を開けてしまいました。
そういった短絡的、遠くを見られない目で相撲界を‘改革‘してしまいました。
それが、この結果。
今後これをどうする気なんでしょうね?

もう見たくない相撲の世界がこれからも進んでいくんでしょうかね?
私はイヤですからね、言っとくけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加