河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

冷やし中華

2017-09-23 02:14:03 | グルメ
そろそろ冷やし中華も終わろうとしていますね。
私は、あれを考えた人には感謝したい気持ちです。
あれって、実に美味しいんですよね。



冷やし中華にはいくつかの思い出があります。

あれはもう10年も前でした。
私はそれが(今年初めての冷やし中華)だったんです。
「さあ、今年初めて食べる冷やし中華だぞ~」っと、
期待しながら店に入ったのです。

それで出てきた冷やし中華は、外観は普通の冷やし中華でした。
所が食べ始めたら、まるで違っていたんです。
スープが辛くて、あの冷やし中華の味とは似ても似つかない味。
おまけに麺が硬くて噛み切れないのです。

あまりの不味さ硬さにビックリしましたが、
私はどんな料理であろうが絶対に食べ残さない主義なんで、
最後の最後まで、食べました。
でも、口の中は違和感がいっぱい。
仕方なくコンビニで和菓子を買って、口の中の辛さを中和したんです。

ある時、やはり冷やし中華が食べたくてある店に入りました。
その店は、時々見かける今風のスタイルで、
若い従業員達が、頭にバンダナをしている・・そんな店でした。
チョッと不安な感じはありました。

で、出された冷やし中華を見たら、
外観は違うし、味もまるで別物。
「俺流の冷やし中華」だったんです。
私にすれば「そんな自己流なんか食べたくないよ」だったんです。
冷やし中華は、やっぱり王道を行く冷やし中華じゃないとイヤですね



セブンイレブンの冷やし中華。
あれは実にいいですね。
冷やし中華の王道を行ってますね。
下手な店なんかより、ずっと美味しい。

母が(老健)に入っていた時。
私はこのセブンイレブンの冷やし中華を買ってきて、
老健の駐車場の一角で、キャンプ道具を取り出し、
テーブルとイスとをセットしてお湯を沸かしてスープを作り、
その冷やし中華を母と一緒に食べました。

それが母と一緒に食べた最後の食事になりましたが、
老健の職員達はそんな私達親子の風景が珍しく、
皆の注目を浴びながらの食事でした。
それから一年もしない内に母は逝きましたが。

でも、下手な店より美味しいなんて、本当に凄い。
セブンイレブンは、今は私の大好きな酸辣湯麺の置いてある時期なんで、
どっちかと言うと冷やし中華を買う事は少ないんですが、
また、その内に食べるよな~。
だって冷やし中華ってやっぱり美味しいよね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メニューをすぐ下げる店

2017-07-23 11:45:23 | グルメ
私達夫婦は、歌声喫茶によく行くので、
外食をする事も当然多くなります。

それが歌声とはまた違った楽しみでもあったりするのですが、
先日入ったある店は、
注文が済むと、ハイ~ッとばかりにメニューを持って行ってしまいました。

テーブルの上には当然、何にもありません。
よく、注文が終わってからも手持ち無沙汰にメニューを眺めたりって、
誰だってやると思います。
そんな事をしている内に、「あ、これも食べたい」と、
追加注文するという事も、何度となく経験しています。
しかし、テーブルの上には何にも無いのですから、
追加注文には、なり様もないんですね。

これって、ずい分損をしていますよね。
メニューなんていつもテーブルの上に置いとけばいいだけの事なんですから。
それを置いておくか、すぐに引っ込めるか・・・
それが追加注文に至れば、店側は得をするのですから、
置いておけばいいのにね~。

だって、客が来る度にメニューを持ってくる手間。
終わるとそれを引っ込める手間。
こんなのってただ馬鹿々々しく無駄なだけで、
それで損するなんて、まるで馬鹿ですよね。

私が店の店長だったら、こんな馬鹿げた事はしませんね。
それと、メニューはテーブルに座った客が、
両側から見れる様に2部置いておくべきだと思います。
片側の人が見終わってから、今度は反対側に人が見るのは、
時間の無駄だし、早く食べたい客にとってはイライラするし。


それとは別に、
ある店では、こんな事がありました。
私が食事が済んだ時、妻はまだ済んでいなかったのですが、
若い女性店員が、私の皿をさっさと下げてしまったのです。
その時、妻はさすがにムッとして、
会計の時にチョッと年配の女性店員(店長らしき人)に注意をしました。

店員教育以前に、その若い店員の家庭での躾けがなっていませんね。
人がまだ食べ終わっていない段階で、皿を下げてしまうなんて、
常識の問題ですね。


私が若い時の話ですが、
あるラーメン屋に入りました。
客は私一人だけ。
いつまで経ってもラーメンが来ないので店の人を呼びました。

それはアルバイトみたいな若い女の子でしたが、
彼女が言ったセリフ・・・
「あ、忘れてた」
おい、客は俺ひとりだけなんだぜッ!
厨房の奥の店長らしきオヤジが、
苦虫を噛み潰した様な顔をしているのが見えました。


これも若い頃、都心の昼の定食屋に入りました。
店は満席で、どこも相席状態。
向かいの客の食べるのを眺めていたって仕方ありません。
テレビを眺めるしかなかったのですが、
テレビはまるでつまらない番組をやっていました。
私は立ち上がってチャンネルを回したのですが、
その瞬間、店員が言いました。
「チャンネルを勝手に回さないでください」

私は、その瞬間、ハイ、サイナラーで店を出て行きました。
周囲の客が苦笑いをしてましたね。


本当に色々な店があるもんですね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩辛

2017-07-11 07:59:54 | グルメ
私は、塩辛が大好き。
日本酒と塩辛の組み合わせが大好き。
高血圧など物ともせず、ひたすら塩辛が大好き。



降下剤は一日一錠だけ飲んでるんです。
もう5年くらい飲んでるんです。
でも大した事はないんです。
チョッとだけの高血圧なんですね。

で、今行ってる病院がいい加減って言えばいい加減で、
殆ど診もしないで(本当は違うと思うけど)、
行けば必ず60日分の薬を出してくれるのです。
薬は以前とまるで変わらないままなんです。

そんな事などお構いなしに塩辛で、一杯やってるんです。
妻は、あ~だこ~だってのたまっていますが、無視。
好きなもんはしゃ~ないやんかッ!アホ。

で、先日も、近所のスーパーで袋詰めの塩辛を買いました。
セブンイレブンで売ってる袋詰めの塩辛はよく買うのですが、
スーパーに行ったんだからともっと多量の奴を買ったのです。

したら、こいつが・・・
「ヒェーッ、何だこの塩っ辛いのはッ」
もうヤッ。
こんな塩の塊り食べているみたいのはヤッ!
てんで全部捨ててしまいました。

そ~なんです。
何で市販の塩辛は、そういった具合で、ただただ塩っからいのが多いんでしょうか?
もう、ガッカリします。
もうこの世には神も仏も無いんでしょ~か?
何で俺の塩辛好きを、神様は分かってくれないんでしょ~か?

ずっと前、居酒屋で塩辛を頼んだら、
イヤーッこいつの旨い事旨い事。
あんまり旨かったんで、店員に訊いたのです。
「これ、どうやって作るの?」
そうしたら教えてくれたんです。
「レモンを入れるんんです」
「エーッ、塩辛ってレモンなんて入れちゃっていいの~?」

それから私は一念発起して、自分で塩辛を造る(お~っと、造船じゃないんだから~)
作る様になったのです。
イカを2杯(イカって2尾じゃないのね)買ってきて、
まず皮を剥く。
これが軍手をはめてやるとスピーディーに剥ける。

塩は少な目に(これが決め手)で、レモンを多めに入れる。
本当は冷蔵庫なんかで半日とか寝かせるらしんですが、
俺が・・この俺がそんな悠長な事、待ってられる筈がないだろ。
出来上がったら、
というか出来上がる前からもういっぱいやりながらつまみ食いしてる。

もう何年間も作ってないんだけど、
こんな状況じゃ、やるっきゃないかな。

だけどね、面倒くさいんだよな~。
俺は男だから、やっぱり女房が「アナタね、塩辛が出来ましたよ」
って方がいいんだよな~。

「お~い、お~い、エリカさんよな~ッ」
知らん顔してやんの、
やっぱり俺がやるっきゃないのかな~(涙)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの牡蠣三昧

2017-07-01 03:12:13 | グルメ
キャンプに行けなくなった腹いせに、
電車で20分弱の、聖蹟桜ヶ丘まで牡蠣を食べに行って来ました。



ネット検索でヒットしたお店で、
新宿にはいっぱい牡蠣専門店は有るのですが、
新宿に行くと(ともしび)に行きたくなっちゃうんで、
今日は、そ~ゆ~のはやめて、反対方向の直近の駅へ行ったのです。

駅から徒歩1分の「牡蠣屋・うらら」という店です。
以前、やはり牡蠣を食べたくて行った府中の店では、
2万円で殆どおつりが無かったという事があったので、
今回はそこまではやらない様にしようと戒め、
まあ、良かったね、という範囲での食事となりました。
尤も、府中の店は何もかもが高過ぎたきらいはありましたが。



いつも仙台に行くと必ず行く店の生牡蠣3Pセット、
この(うらら)にも同じ物がありましたが、
980円というのは仙台に比べ、かなり割安だった様な・・・
そのくらい低価格の思いやりのお店ですね。

私は生ビール一杯と、日本酒2合程度を飲み、
妻はパインサワーなどを2杯お替りし、共にほろ酔い加減。



ところが、ビックリする事が起こったのです。

「停電」

店内が一瞬、真っ暗とはいいませんが、
それに近い状態になったのです。
私は(ニューヨーク大停電)1965年に起きた12時間に渡る大停電を思いました。
その為に、その年はベビーラッシュになったとかを思っていました。

人間って、真っ暗になっちゃうと、
男と女はト~ゼンっていうか、必然ってゆ~か・・・
やっぱり、そういった事にきっとなっちゃうんだよな~(笑)

で、ふと隣のテーブルをと見ると、
というか、停電の前から私は隣テーブル、女性3人を意識していて、
その中でも右側の一番若い女性が、とびっきりの美形であり、
はたまた、とびっきりのグラマーである事を感じていたので、
この、真っ暗という千載一遇のチャンスに彼女を押し倒し・・・

そんな不純な事、この俺がする訳ね~だろ~。
俺を誰だと思ってやがんだッ!
(でも、チビっと残念だった、涙が出た)


停電は1分くらいで直りましたが、
面白い体験でしたね。



〆は、
牡蠣鍋丼一人前。
二人前を注文したら、お店の女の子が「一人前を二人で別けた方がいいですよ」
という親切なアドバイスを貰い、その通りにしたら、それが正解でした。
牡蠣味のご飯は、〆として結構いけるものでしたね。

イヤ~、キャンプなんぞ行かなくて良かった~。

なんて、この俺が思う訳ね~だろ~バカ。
でも、この店は良かったね。
多分、これからもチャンスがあったら行きたい店でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豆腐の味噌汁

2017-05-14 08:30:12 | グルメ


今朝は、あまりガッツリとは食べたくなかったので、
冷蔵庫内に残っていた豆腐で味噌汁を作る事にしました。

私は豆腐はいつも木綿の豆腐です。
それを賽の目切りにして、それだけでも良かったのですが、
冷蔵庫に、ネギが入っていたのを見て、
その青い葉っぱの部分を刻んで一緒にしました。

私は、人によっては切り捨ててしまう、この青い部分が好きなんです。
こんな美味しい部分を切り捨てるという感覚が理解不能です。
だってね、美味しいんだよ青ネギって・・・

味噌は我が家では赤味噌。
やっぱり白味噌より赤味噌が、いいな~。
俺の名前だって「赤」にしてるくらいだからね。

そこに(だしの素)を振りかければ、いっちょあがり~。
湯気の立ったホクホクの味噌汁。
イヤ~美味いこと美味いこと・・・
ネギの硬さがいいよな~、
そして、その酸っぱ味が何とも言えないんだよな~。

何なんだろ?この酸っぱ味は?
そうだな、きっと青ネギから出る酸っぱ味なんだろうな。

ん?それにしても、得も言われぬ酸っぱ味だな~。
あれッ?
エリカさ~ん、豆腐の賞味期限はいつまでだったっけ?

「一昨日までよ」

あ、そ~なの~。
そんじゃ、この酸っぱ味って、ひょっとして・・・

「エリカさ~ん、貴女なんで味噌汁食べないの?」


私は、これからは賞味期限二日後の豆腐ばかりで味噌汁を作ろうと、
かた~い決心をしたのです。
そうだな、あともう一日置いた方が、もっと良い酸っぱ味になるかも知れない。
こういった新発見というのも、またいいもんだな。
これぞ、料理の神髄。


賞味期限12年切れのチューブ入りの生姜だって食べた事あるんだから、
きっと、今日一日程度の腹具合は、ま、大丈夫だろ。


さてと、今日は田町で行われる合唱団のコンサートを聴きに行きます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加