Yum Yum Yummy !!

私とBisouとマリモのうまうまノート

ぷるぷるとろ〜ん

2017-11-29 | Yummy!

この間、キノコの炊き込みご飯を作った時に同時進行で作っていた
「食べたいものリスト 順番待ち組のアレ」とは今日のお昼の
おうちごはんプレートのコレ。

キノコたっぷりのハッシュドビーフソース🐄でした。
このソースを ぷるぷるトロンなオムレツにかけて食べたかった‼️

・・・と言う訳で ぷるぷるトロンな半熟プレーンオムレツを焼いて
冷蔵庫に残っていたポム・ドフィノワ(じゃがいもグラタン)と
茹でたペンネとブロッコリーを添えた一皿。 

残り物&有りものから作ったハッシュドビーフで 洋食モリモリな
一皿になりました 

食べたかっただけあって ハッシュドビーフが美味しかったけれど
今日は実は それよりも何よりも オムレツがプルップルの
トロットロに焼けて 美味しく出来て上機嫌であった(笑) 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

超簡単 じゃがいもグラタン

2017-11-28 | Recipe 覚書

寒くなると食べたくなる率が上がる料理にグラタンがありますよねー。
でも。ホワイトソースを作るのって 「ダマになっちゃうかもー」とか
「結構めんどくさ〜い」と思ったりしてしまうけど。

これはね。ホワイトソース、作らないでお芋も皮を剥いたら
ただ2mm位にスライスして 塩をチョイチョイッと振ってお芋に
なじませている間に器にバターを塗って 半分に切ったニンニクを
キュキュッと擦り付けて 塩をしたお芋を兎に角、器に平らに
ピラピラ並べて入れて 生クリーム+牛乳+ナツメグ+白胡椒を
混ぜたものをお芋の上から注いで 200℃のオーブンで
20分〜30分程度焼くだけ。

途中、15分〜20分の所でお芋の上にパルミジャーノの摩り下ろしを
パラパラパラ〜ッと振って焼くだけでおしまい。
これは粉チーズでもピザチーズでもOK

私の大好物。コルドンブルーで学んだ際に教わったもの。
フランス南東部のドフィネ地方(ここはお芋の産地)の料理。
Pommes Dauphinois(ポム・ドフィノワ)とか
Gratin Dauphinois(グラタン ドフィノワ)と呼ばれています。
あちらでは小学校の給食にも出るし 外で肉料理を頼んだりすると
付け合せにドカッと乗って来たりもします。

フランスでは生クリームだけで作ることも多くて 元々、私が
習ったレシピも脂肪分の高い生クリームのみのレシピだったけれど
高カロリーの恐怖(すっごく美味しいんだけど)とか 食べた後の
胃袋の消化能力の関係で牛乳で薄めた方が日本人向き。

それでも 美味しくて毎度、一気に この量を独り占めして食べて
しまいそうになるから私の中では「悪魔の一皿」な料理。

お芋はスライサーでシャシャシャーとスライスしてしまえば良いし
後はオーブンに放り込んでしまえば良いしで超簡単なので
ポピュラーな料理になったんでしょうねぇ。

今回の分量は こんな感じ。

⚫︎ 容器の大きさ →18×11×4cm

⚫︎ 使った材料

 中位のメークイン 4個
 塩        小さじ1弱
 ナツメグ     少量
 ニンニク     1片
 バター      少量
 白胡椒
  生クリーム    120cc
  牛乳        60cc
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スヤスヤ Zzzzzz・・・

2017-11-27 | NYAN

追い剥ぎビズ。

いつも。私の後を追って家の中を移動する。
「しめしめ。今、寝てるな。 じゃぁ今の間に・・・」と
ゆっくりトイレに入っている間に 目が覚めて私が居ないと
リビングや寝室から「ウミャ〜ン‼️‼️(ママァーーーッ‼️‼️)」と
私を呼びつける鳴き声がしたりする・・・・

毛皮娘1号のマリモも私の影法師のごとく いつも家の中を
私について歩いたけれど 彼女の場合は私が家の何処にいるのか
認識できれば 必ずしも私の姿が見えなくても それで満足
している様子だった。

ビズは。マリモと同様 抱っこも膝乗りも嫌いだけど 本当に
密着するほどの距離感で近くにいないと不安になるらしい。
我が家に来た時から ずっと一緒。
ちょっとでも私の姿が見えないと とっても大きな声で
「ミャーッ!」と少しヒステリックな鳴き方をする。

私が着ているフリースもビズには「ママちゃんに代わる存在」だったりする(らしい)

私が羽織っているのに そのフリースの裾から首をグイグイ中に
突っ込んできたりするので やむなく脱いで甘えん坊将軍なビズ嬢に
献上することになる。

私から剥ぎ取ったフリースの中に潜ってフリースの中を
手でカキカキしながら 鳴らす喉のゴロゴロの一際大きな音が聞こえて
なんとも嬉しそうな その様子に身包み剥がれて寒さに震えながら
心の中はポッと明るくなって温まる。 

ファスナー、ジジジッと閉めたら 本当にフリース着て寝てるみたい(笑) 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこ🍄いっぱい。

2017-11-26 | Yummy!

もう 何日も「食べたいものリスト」に入っていた きのこ沢山の炊き込みご飯🍁

他にも きのこを使った「食べたいものリスト 順番待ち組」のアレ、、と
一緒に作ってしまう方が都合が良いので 大量きのこは組み合わせを変えたり
量を調整しつつ2盛り。

使ったきのこは えのき茸、しめじ、舞茸、マッシュルーム、椎茸。

我が家では舞茸も しめじも 買って来たら そのまま使わず一旦、しばらく乾燥。
それから使うか、セミドライになったきのこを保存袋に入れて冷凍保存。

きのこは水分が多いので 少し干した方が味が濃くなるし
冷凍すると繊維が壊れて旨味が抽出されやすいから。
あと。旨味の抽出温度は60℃前後なので 沸騰した所へ入れるより
少し低めの温度から調理開始した方が旨味が出るのです・・・・

牛蒡や鶏肉も入れようか迷ったけれど 今日はきのこがメインの
炊き込みご飯が食べたかったので 油揚げと人参を少し入れただけで
あとはドバッと🍄きのこを投入。

今回は生椎茸を使ったけれど 干し椎茸の戻し汁も加えて だし昆布を
入れ、かつお出汁炊きしたので 炊きあがって炊飯器を開けた瞬間の
立ち上る香りが凄かった❗️

ずっと食べたいと思っていたので大満足😋

同時進行で作っていた「食べたいものリスト 順番待ち組」のアレ、、も
美味しく出来たけれど食べるのはまた今度



こっちはチョット前の一皿。
ローストかぼちゃ🎃とゆで卵とゴロゴロ ベーコンの粒マスタード入り温サラダ。

かぼちゃ🎃は大きめにザクッ、ザクッと切ってオーブンでホックリ素焼き。
かぼちゃが焼きあがりそうになったら ゴロゴロ切ったベーコンを
多めオリーブオイルに 軽く叩き潰したニンニクと共に放り込んで
オイルにニンニクの香りを移しながら ベーコンを香ばしく焼いて
焼きあがった かぼちゃとゆで卵の上からジャジャーッと回しかけて
粒マスタード+マヨネーズ+牛乳のソースをかけ 黒胡椒を上から
ゴリゴリッと挽いて出来上がり。

冬は温かいサラダも良いですニャ〜😸
 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

しぇあ。

2017-11-18 | NYAN

チラチラと雪が降った日はあったけれど。
今朝は遂にベチョベチョ雪が チョットだけ積もって
いよいよ本格的な冬の始まり。

夜、寝室だけストーブで暖めたり ホットカーペットを使う時は
あったのだけど今朝はリビングの暖房機を点けて稼動確認しました。

膝乗りも抱っこも苦手なビズですが基本的には私のストーカーなので
ホットカーペットの上で ふたりでゴロゴロ。

母から貰ったフリースブランケットを掛けてウォームシェア。

ビズの甘えたいモードのスイッチが最大になった時は
お隣でコロリン、、、から「ママちゃん、胡座かいてニャ‼️
胡座の真ん中に入りたいのニャ〜〜‼️‼️」・・・とワタクシの
股ぐらをモゾモゾして来る ちょっと端ないお嬢様なのでありました(゚ー゚;A 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加