Yum Yum Yummy !!

私とBisouとマリモのうまうまノート

梅シロップのシワシワ梅からの ふっくら梅の甘露煮

2017-07-06 | Recipe 覚書

6月8日に漬けた梅シロップの薄茶版の方(三温糖&氷砂糖Ver.)の
シワッシワの梅を甘露煮にしました。

シロップから取り出した梅は 食べる所なんて残ってないんじゃない❓
・・・と言うほど クッチャクチャのシッワシワ。

その梅にヒタヒタのお水を加えて 厚手鍋で ごく弱火でコトコト
お水を足しながら梅に再び水を吸わせてやると あんなに
シワシワだった梅が あ〜らビックリ 梅がふっくら。

そうか。私の肌のシワも水分足らずなのねー
30時間くらい、ぬるま湯に浸かっていたらお顔のシワも
伸びるでしょうか(笑)

梅がふっくらして 柔らかくなったら梅の重みの1/4の糖分を入れ
もう1回、数分コトコト。
これで一旦、冷めるまで放置。 そして その後、再び梅の1/4の
糖分を加えて もう1回 数分コトコト。

これで 梅シロップのシワシワ梅からの甘露煮完成

梅の味が薄くなったり 物足りないかなーと思ったら
意外にも梅の味は抜けていなくて 甘酸っぱくて うまうま
梅の味は 噛まずに舌と上顎でムニュ〜ッと潰せる柔らかさ。
出来上がったシロップでゼリーや寒天を作って 中にこの梅の
甘露煮を入れても良さそう。

冷蔵庫で2週間ほどの保存が出来ると思うけれど
長期保存なら冷凍しておくのが良さそう。
 

 

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅仕事と赤紫蘇反応 | トップ | お嬢様のお仕事。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。