久留百合子の生活者視点

仕事、旅行、日常のちょっとしたことから得た情報、生活者として感じたことなどを綴ってみます。

シンガポール編

2016-12-28 14:51:31 | Weblog
 今年もあと4日になりました。毎年やって来る年末ですが、何とも慌ただしいこと・・・

 18日日曜は、9時から17時半までイオン九州の政策会議。数日前から「あー日曜なしか・・・」とちょっと憂鬱になるのですが、始まってみると1日、結構充実していてあっという間でした。でも一生懸命聞いていないと付いていけないので神経を集中して説明を聞きますし、意見も言いたいので、そのタイミングを考えたりしていると結構疲れます。1日終わると、頭はイオン九州のことで一杯になります。

 22日も今年最後の取締役会。その前に、政策会議に出席出来なかった時の説明に朝9時から1時間。そして、10時から2時間、監査役会に出席。今回は社長との懇談が1時間ありました。お昼を急いで食べて、13時から17時半近くまで取締役会。その後、忘年会。この日も1日イオンデーでした。


 映画「海賊と呼ばれた男」見ました?百田さんの発言等は好きではありませんが、彼の本はよく読んでいます。「海賊・・・」も大好きな本で、ウルウル、感動しながら何年か前に読みました。「永遠の0」も好きでした
 今回映画も良かったですねー。「永遠の0」と同じ、岡田准一の主演で、感動し何度か涙、涙・・・
 弱小企業が国の制度や大企業に挑みかかっていくところ、従業員を一番に考え大切にするところ、新しい仕事を見つけ考えだしチャレンジしていくところ、日本という国のある意味視野が狭く変革が遅いところに切り込んでいくところ、などなど私の大好きな要素がたっぷり入っている小説なのです。いやほぼ実話ですよね。
 感動するのと、あーいいなーと思う気持ちと、私もがんばろーという気持ちにさせてくれいい映画でした。一人で見る映画はいいですね!


 さて、前置きが長くなりましたが、マレーシア旅行の続きで、シンガポールに入国。前にも書きましたように、ヨーロッパのようにシェンゲン協定を結んでいる所は、国境を超えるのに何の不便もないのですが、マレーシアからシンガポールへ入るのに大変な時間がかかりました。

 この日の午後は移動だけで、ホテルへ直行。今回、シャングリラホテルのガーデン棟の方で、素敵なホテルでした。この日の夕食は、マレーシアの鍋料理・スチームボートでした。日本の寄せ鍋のようなので、肉も魚介も入っていてなかなかおいしい鍋でした。
 
 次の日は1日シンガポール観光。5年前に来た時もマリナ・ベイ・サンズなどにびっくりしたものですが、今回は以前来た時には工事途中だった、ガーデンズ・バイ・ベイが完成していて、つり橋を渡ったり、ガーデンを楽しみました。
 夜は夕食の後オプションで、マリナ・ベイ・サンズ前であるレーザーショーを楽しみ、まあ、観光客の多さや賑わいにびっくり。ほとんどの店が10時まで開いているとか。金融の街でもあるので、高層ビルには10時でも明々と電気が付いていましたし、24時間眠らない街を実感

 東京23区ほどの大きさの国に、人口540万人、中華系の人が74%、他は多様な国の人々が住んでいるそうで、ほとんど建物は高層。1,2億のマンションはざらで、外国人ビジネスマンの居住が多いそうです。
 では、一般国民はというと、公団の部屋が収入によって選べそういう所に住んでいるそうです。車は高くて買えないし、渋滞するので、地下鉄がとても発達しています。

 マレーシア合わせてたった4日間の滞在でしたが、活気あるアジアを見たという印象です。躍動している若者が多い街、日本とは随分雰囲気が違うなーと思いました。
 毎回、そんなに観光する所があるわけではないのに、なぜあんなに世界中から観光客が来るのだろうかと考えるのですが、ショッピング、グルメ、ちょっとした観光がキュッと詰まっているので、人は訪れるのでしょうか。

 シンガポールからの帰りは初めての2時半起き。何しろ朝6時半の飛行機ですから。あっという間の忙しい旅行でしたが、リフレッシュと見聞のいい旅になりました
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マレーシア編 | トップ | 1月も下旬になりました・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL