久留百合子の生活者視点

仕事、旅行、日常のちょっとしたことから得た情報、生活者として感じたことなどを綴ってみます。

いろいろな出会い

2017-06-22 16:25:53 | Weblog
 6月の忙しさは尋常ではありません。出る仕事も多ければ、社内でする仕事も山ほどで、朝通勤のバスの中で1日の段取りは考えて職場に行くのですが、1日があっという間に終わってしまいます。兎に角やらなければならないことの優先順位を付けて、忘れそうなことは、メモや手帳に書いて、終わったら消していきます。そうして何とかしなくてはいけないことを終わらせている状況です。
 こう書くと仕事をこなしているだけのようですが、いろいろな所に出かけていろいろな方に会って、気持ちもリフレッシュできますし、豊かな気持ちにもなれた月でもありました


 今月はそんな出会いの集まりが3つありましたのでお話ししましょう。
 ひとつは、私の仕事の基礎である資格ー消費生活アドバイザーの集まりであるNACSの年次総会に参加しました。
 勿論、毎年総会には出ていますし、1,2か月に1回ある勉強会にも関心があるテーマであれば出席しているのですが、今回は、総会、セミナーの後に懇親会があり、結構盛り上がり楽しかったです。
 男性もたくさん参加されていました。元メーカーや役所に勤めていた方や勿論現役の方もいらして、近況報告も含め、その日のセミナーのテーマでした、スマホの使い方やアプリの話などでも盛り上がりました。
 仕事や立場は違いますが、共通の資格を持っている者同士の会、こういう会もいいですね。


 2番目は、福岡城市民の会の総会・懇親会に出席。総会は滞りなく終わり、その後、葡萄の樹・グラノ24Kの小役丸社長の講演があり、農家支援、地域振興など大変興味深い話を聞くことが出来ました。
 懇親会は場所を変えて、イムズの葡萄の樹で。ここでもまた違う分野のいろいろな方々と懇親でき、美味しいものを食べながらおしゃべり。自分の会社の思いを語ったりもできましたし、なかなか楽しかったです。


 そして3番目は、土曜日の午後から小さなレストランを貸し切ってあった、昔からお付き合いのある建築家の受賞祝賀会に出席。私は昔からの友達として出席したのですが、来られている方々は、自分の家や病院をを建ててもらったという方々ばかりで、私はちょっと場違いな感じもしましたが、楽しい会でした。
 今になって、彼はなかなか素晴らしい建築家だったのだと再認識したり、映像で見せられた作品を見て感心しきりでした。
 今回受賞されたのは、「25年以上経っても建築の存在価値を発揮し、美しく維持され、地域社会に貢献してきた建築」に送られる賞でJIA25年賞というのです。素晴らしい賞ですよね
 以前から集合住宅でもいかにコニュニティを醸し出すかに工夫をしたり、個人のお宅ですが、涼しく、健康にもいい漆喰の家を建てていたり、あらためてがんばっているなーと思いました。


 今月は、このような交流を含め、イオン九州の仕事も多く、いろいろな所を見、いろいろな方と語り、たくさん考えること、悩ましいこともあって、少ししんどい月ですが、考え方で、この年齢でこれだけ刺激的な毎日を送れることに感謝しなくてはいけないのかなと思ってみたり・・・の今日この頃です。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メリハリは大事! | トップ | 仕事は大変です ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL