★成功への扉★ 毘沙門天の招福相場塾 

のんびり、バランス投資のすすめ! HappyLifeの道  勝率75%の手法

掉尾の一振りは

2016-12-24 12:32:28 | 株式
毘沙門天の招福相場塾」掉尾の一振りは 2016.12.24

■相場展望
今週は4日の立ち合い、週末は日経平均は19,427円で引けました。NYダウは19,933ドルでした。クリスマスを控え市場参加者は少なく出来高も細りました。米国は20,000ドル目前で足踏み、日本も20,000円手前で足踏み状態でした。為替は117円台で推移。来週で2016年の相場は終わります。
実質今年の相場は終わりとの意見が大半ですか、昨年は年末から下げた経緯があり、さて今年について掉尾の一振りがあるのか、投資家の関心はこの一点です。

気持ちは来年の相場はどうなるかに向いています。ポイントはトランプ新大統領の政策ですね。基本的には保護主義です。米国の政策に為替も大きく影響します。WTI原油相場は55ドルから上昇傾向。日本株については大きく①第3四半期業績下方修正銘柄の逆修正銘柄(想定105円から12円も円安、米国輸出比率高い銘柄)②IT新技術テーマ関連(IoT、AI、自動運転、フィンテック等)に注目です。

今年の最後は、持ち株はとりあえず整理。キャッシュポジションを高めてください。買いのタイミングは2017年1~2月の下げの時期です。外国陣投資家の売買動向については来年も要注目です。

※掉尾の一振は、主に株式相場で使われる用語で、年内最後の取引日である大納会に向けて株価が上昇する「年末に起きる株高」のことをいいます。アノマリーの一つです。

金融関係のサイトで参考になります。

http://www.ifinance.ne.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強弱感交差する。 | トップ | 大納会は20年来の高値 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

株式」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL