珍珠茶日記

中国・台湾への旅行記など。

台北での素敵な午後の過ごし方 -「濱江街180巷 飛機巷」で大迫力で上空を通過する飛行機の写真撮影

2017年05月14日 20時05分26秒 | 台湾
ホテルの人に教えてもらった台北の穴場的スポットに行ってきた。
そこは松山飛行場そばの或る裏道で、飛行場に着陸する飛行機や飛び立つ飛行機が真近でみられるところ。大迫力で上空を通過する飛行機の写真が撮れるので、いつも地元の学生、カップル、家族連れ、高級な撮影機材をもつ写真マニアの人達が集まっている。

■撮影に来る地元の人たち


Google Mapで探す場合は 「濱江街180巷 飛機巷」というキーワードで検索を掛けると良い。

初めて訪れた時は徒歩だったのだけれども、松山機場のMRTの駅から結構な距離なので、20分くらい掛かった。
それで2回目からYouBikeを使う事にした。地元の人達も結構YouBikeで来ているみたい。

松山飛行場に降り立つ飛行機の撮影が一番楽しいのだけれども、1時間に空港に入る飛行機は限られているから、待ち時間が結構出てくる。そのため、多少の忍耐が必要となるが、遠くの空に飛行機の光が見え始めると、見知らぬ人達の間にささやかな連帯感が生まれ、「ほら、もうすぐやって来るよ。そこのカップル、こちらへどうぞ」みたいな会話が聞こえてくるのが結構楽しい。

■カップルが飛行機をバックにラブラブの記念写真を撮りに来ていた。


僕は多少なりとも写真好きな人間なので、飛行機くらい簡単に撮れると考えていたのだが、これが中々難しい。
遠くに見えるうちは近付いてくる速度は緩やかだが、徐々に早くなってきて、フレーミングをしてカメラを構える頃には一瞬で飛行機が過ぎ去っていく。バッチリのタイミングでシャッターを切ったつもりでも、写真を見返してみると、機体が半分途切れていたりする。
このため、「次こそは」と何度も何度もチャレンジする間に1時間や2時間は直ぐに経つ。

■これはまあ、上手く撮れた方


■焦って失敗するとこんな感じ。


何人かの台湾人の友達にここに来た事を話たら、みんなこの場所の事を知ってたから、やはり有名な所みたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠の台湾インディー青年 ー... | トップ | 台湾らしいものって何だろう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL