小さな旅、大きな旅の写真物語(Virtual trips/travels)

京都や東京を本拠地として、自然の中や町を歩きながら、撮った写真をどんどん掲載します。いっしょに歩いているように。

アート考察 その5  <茶の湯>

2017-06-16 20:01:10 | 日記
アート考察 その5  <茶の湯>
2017-6-2, 3
ちょっと重い腰を上げて、東京国立博物館に行きました。<茶の湯>という特別展で茶碗の勉強をしようと思ったのです。閉幕までにあと数日ということで、空いてはいないだろうと思っていたのですが、予想を越えた混み具合でした。
とにかく、いくら係員が移動して次の方が見られるようにしてくださいと連呼しても、まったく反応しない人々と、合煮やして途中から突っ込むおばさん連、この年代のおばさん連にとって人ごみはかき分けるものだと思っているらしい。人ごみは<ごみ>でなくて<人>であるとは全く認識していない。
意味不明なのですが、非常に混んでいる展示物と空いている展示物(国宝級が空いている)が存在するのです。空いている方に回ればいいのですが、とにかく混んでいるところにいいものがあるに違いないと、むやみに突っ込む(この世代のおばさんは背が低いから、展示物がなにか全然見えないのです)、その連鎖でますます混む悪循環が生まれる。これが<茶の湯>を解する人たちとは到底思えない。

<茶の湯>とは真(まこと)なのか? 環境が変われば消えてしまう虚なのか? 

  昨日ここまで書いて、今日(6-3)は池坊専好の物語<花戦:はないくさ>を見にゆきました(面白いです、推薦)。人の上に立つ者<茶と花と人の心を大事にせよ>と信長が説く。<茶道とはおもてなしの心>が茶の湯/利休の精神。そして、華道/池坊の精神とは?? 池坊の源流は京都・六角堂の僧侶、池坊専好であった。<ヒトは自然(神)の一部であることを花を介して感じて、祈る>。これ当方の勝手な解釈で、どこにも書いてない。伊藤若冲から学んだこと、<万物には霊があり、自分の絵はそれを押し頂いて表しているにすぎない>、伊藤若冲の精神を華道に当てはめてみました。


さて本題にはいります。
最近、理想のぐい飲みを目指して、同じ形の片口とぐい飲みペアを10組作って、いろいろなゆがけ/絵付けをしています。
これはその一つ。マリメッコのデザインと、陶器でよく使う半割ゆがけをミックスしたもです。




マリメッコ



当方は、マリメッコの、<自然を少ない色数でシンプルに、しかし核心をついて表現する>この考え方に賛同しているのです。

これだけじゃないですよ。





当方は、伝統的手法だって、使おうと思えば使えるのです、なんちゃって。


さて、話をもどして、
<茶の湯>で出あった茶碗に<マリメッコ>を見ました。


黄天目 珠光天目 中国 元―明時代 14~15世紀

深く勉強するのは面倒なので、当方の感覚で<茶の湯>の茶碗をばっつりと4つに分けました。

1、 利休以前:中国、韓国の道具を日本の選美眼で選び出し、時の権力者の都合によって作りあげられた、<偶然と選択の芸術>。


柿釉金彩蝶牡丹文碗 中国/定窯 北宋時代 11~12世紀


斗々屋茶碗 銘 広島 朝鮮 朝鮮時代16世紀


2、利休と楽:<無作為の作為>をはっきりと意図した画期的<作為的芸術>の始まり。


黒楽茶碗 銘 利休 長次郎 安土桃山時代 16世紀


赤楽茶碗 銘 白鷺 長次郎 安土桃山時代 16世紀

2、 安土桃山から江戸時代前期のダイナミズム:これまで偶然から選択してきた美の本質を自分の心の声にしたがって、のびやかにダイナミックに自らの手で作ることを追い求めた時代。


伊賀花入 銘 生瓜 伊賀 安土桃山~江戸時代 16~17世紀


伊賀耳付水指 銘 破袋 伊賀 江戸時代 17世紀


志野矢筈口水指 銘 古岸 美濃 安土桃山~江戸時代 16~17世紀 


黒織部菊文茶碗 美濃 江戸時代  17世紀

4、<きれい>の時代:時代の権力者や芸術界の権力者や一般ユーザーの好み、見手を意識
した、よくいえば円熟した、悪く言えば自然の本質への関わりが薄まってゆく時代。


色絵鱗波文茶碗 仁清 江戸時代 17世紀


高取面取茶碗 高取 江戸時代 17世紀

この時代は再び古典にもどる動きがあります。どの世界も新古典主義というのがあります。

そして、現在は? 右往左往しながら、まだ4の時代に留まっているのではないか? 陶芸教室の生徒さんはみな、織部だ志野だと、昔の名品に似ていると言って、してやったりと喜ぶわけです。プロの活動も伝統の縛りの中で右往左往しているように見えます。

当方の主張はただ一点、<自然に戻れ>です。<古典に戻れ>ではありません。<確立した美意識に従え>でもありません。

過去の大家が自然を穴のあくほど眺めて、自然を作品の形にしたのに、現代は過去のデザインを見て、頭の中で、その延長上に独自性を出そうとしています。これでは次の世代が何も生まれません。

0ベースで自然から形を作り出すのは大変なのです。でもそれをやらなければ、クリエーターとしての存在意義は無いと思っています。 お前いつクリエーターになったんだ???? というお言葉を黙らせるために、さて、また器作りに励みますか。クリエーションしようと思う者は全てクリエーターなんだ。

茶碗の写真は全て2017年、東京国立博物館特別展<茶の湯>カタログのコピーです。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然教育園日記 その92 ... | トップ | 海の形と色 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。