あまもりのなんやかんや

しがらみから離れてたまには身近な自然と親しみたい

蹴上インクラインから動物園へ

2017年05月07日 | おでかけ

(旧暦4/12 先負 月齢10.6)(大阪の日の出5:02  日の入り18:48)

1ヵ月近く前の画像ですんましぇん。


↑京都は蹴上(けあげ)のインクライン(傾斜鉄道)〈4/16撮影〉

今年は桜(ソメイヨシノ)の開花が遅かったので、
ほとんど散っているといえども4月16日に名残り桜を見ることができました。

インクラインについて
明治時代に大津~京都間に設けられた琵琶湖疏水(そすい)は舟便流通で大いに賑わいました。しかし南禅寺、蹴上付近の段差は大きく、急な勾配のあるこの場所ではとても舟を進めることはできなかったのです。

そこで造られたのがインクライン方式といわれる傾斜鉄道です。
勾配のある水路の上にレールを敷き、舟を乗せた台車で走らせる。
まず水路に沈めた台車に舟を乗せ、その台車をワイヤーで上に巻き上げてレールの上に乗せる。このために蹴上に発電所まで造りました。文明開化の明治、京都でもドえらいことしてはったんどすな~


↑↓ 舟を乗せた台車(これが台車 どう見ても鉄橋にしか見えない


↑この大きな台車を走らせた線路。線路幅の広さ、半端やない

詳しくはWikipediaの蹴上インクラインをご覧ください。

この琵琶湖疏水舟運も国鉄(現JR)、私鉄の鉄道が次々に開通し陸送化が進んだため、昭和26年9月にその役目を終えました。
疏水のこともインクラインのことも知らずに蹴上に行ったのですが、もう一度行ってじっくり見直したいですね。
この蹴上の疏水沿いに歩いて今話題の京都市動物園(岡崎動物園)へ立ち寄りました。

京都市動物園は日本で上野動物園に次いで2番目にできた動物園ですが、園内の敷地面積はとても狭いです。今話題になっているのはその狭さを逆手にとってより身近に動物を感じてもらおうと創意工夫した展示方法です。
日曜でお天気が良くて園内はとても混み合っていました。動物たちも疲れていたのでしょう、創意工夫なんか関係あれへんっ! 暑いやんかっ! って感じで人間の思うような動きをしてくれませんでした。しょうがないですよね。また行きますはい。
その中でもキリンを上から見下ろせるキリン舎は最高でした。
 ↑キリンの親子も見られたし。

↑子どもは編み目模様の中に模様が入っていますね
↑おとなになればこの模様は消えてしまいます。

こどもは平成28年8月26日生まれの生後7ヵ月。父清水(キヨミズ)(今年3月死亡。享年17歳)、母ミライ(今年15歳)の第6子。名前は「吉田(ヨシダ)」くん。東山36峰の一つ吉田山に因む。一つ上のお兄ちゃんは嵐山に因んだ「嵐(アラシ)」くん。この子は現在は神戸市立王寺動物園へ移動しています。


↑ジャガーを下から見あげる

いろいろと工夫された動物園、写真の撮り方が下手っぴで掲載できるような写真があまり撮れませんでした。いつものことですが(^^ゞ
動物園から京都地下鉄を利用して二条城へ行きました。プロジェクトマッピクング最終日ということで。結論からいえばプロジェクトマッピングは大したことありませんでしたが、八重桜のライトアップは最高に綺麗でした。写真ですか? これまたうまく撮れませんでした。(>_<)


以下は五月五日の子どもの日に、去年訪れた摂津市大正川の鯉のぼりを今年も見に行ってきました。あづかった~

1111本の鯉のぼり。鯉もいっぱい、人もいっぱい。
頑張ってるな~摂津市。


帰り道で見掛けたハナミズキの輪っ


 

【追加】5月8日(月)
琵琶湖疏水(大津から宇治川まで全長202キロ)には蹴上インクラインだけではなく伏見インクラインもありました。
蹴上インクラインは581.8メートルで世界最長。伏見インクラインは290.8メートル。
「京都を歩くアルバム」のHPに詳しく写真付きで掲載されています。舟を乗せた台車の全体写真もあり、よくわかります。
またWikipedia「琵琶湖疏水」にはその詳細が載っています。段差を解決するためにインクラインだけではなく閘門も造っていました。また舟運だけではなく琵琶湖から水も取り込んでいました。
なお宇治川の水源は琵琶湖で、瀬田川が宇治市で宇治川と名を変え、京都八幡市で木津川、桂川と合流して淀川となります。琵琶湖の水は京都、大阪ともに深い深い関わりがあります。当時も今も。
琵琶湖疏水と二つのインクライン、決して京都だけのお話ではなかったことがよくわかりました。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ウグイスの囀り

2017年03月29日 | 大阪の町

(旧暦3/2 仏滅 月齢1.0)(大阪の日の出5:50  日の入り18:17)

今朝(3/29)犬の散歩途中、住宅のど真ん中でウグイスの声を聞きました。
今年初めて聞いた囀りです。
植え込みの茂みの中で鳴いているらしく姿は見えません。 
囀りはまだまだ幼くて練習不足。これからだね、うまくなっていくのは。
 ガンバレ!

春になると淀川の河川敷でよくウグイスの鳴き声を聞いたものですが、
こんな住宅の中で聞いたのは初めてです。
ウグイスの姿は見えませんが、
動画に写っている植え込みの中で鳴いていたことは確かです。

再生時間は35秒です。 

 

↓ちなみに大阪のソメイヨシノの蕾の現在の様子です。

開花は4月に入ってからでしょうか。
大阪の今年の2月は例年より暖かかったようで蕾の目覚めが遅れたのかもしれません。桜の開花も例年になく遅いようです。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

実のないナンテン

2017年02月21日 | 身近な自然

 (旧暦1/25 先勝 月齢24.1)(大阪の日の出6:37  日の入り17:47)

前記事(1/17付)「徒然にパチリ」で冬に咲いているコスモスの画像を紹介しましたが、このコスモスのバックに写っている赤い葉の植物は「ナンテンの紅葉?それともオカメナンテン?」と、植物に詳しいブロガーさんのコメントがありました。
「オカメナンテン」って?
初めて知った植物名でしたが大いに興味が湧きました。

そこで早速web検索。
以下のサイトに
http://sodatekata.net/flowers/page/820.html
オタフクナンテン(お多福ナンテン)とありました。
(他のサイトでもほとんどオタフクナンテンの名前で登録されていたので、以後オカメナンテンをオタフクナンテンと称します)
上記のサイトに
常緑で冬にも落葉しないのに、霜に当たると紅葉します。とても便利。生垣として利用されます。中国原産で品種改良のためか、ナンテンと違って実がつきません。
とありました。また 
樹高(草丈)が40センチから50センチほどで、大きくならない
ともありました。
また他のサイトには「葉が丸っこい」とも書かれていました。

◇霜にあたると紅葉する
◇草丈は40~50センチほど
◇葉っぱが丸っぽい
◇実がつかない

この4点が一般のナンテンとの見分けになる。
これを頭に叩き込んで散歩へGO。

↓まずは「徒然にパチリ」にUPしたコスモスの画像の再掲載。

↑この画像のバックに写っている赤い葉っぱの植物の正体は?
↓以下2枚の画像は上記の画像をズームしてトリミングしたもの 


塀沿いに植えられていたナンテンに似た植物にはいずれも赤い実が生っていました。これはオタフクナンテンではなく一般のナンテンであると断定。(しかし、園芸種には先祖返りをするものも多くあり、実が生っているから普通のナンテンであると決めつけられないこともあります)

↓散歩中見つけたオタフクナンテンです。
(1月末に撮影。場所は近所のマンションの入り口の植え込み)

ナンテンと思える植物に注意して歩くと、戸建てやマンションの入り口の植え込みのほとんどはオタフクナンテンでした。犬と歩けばオタフクナンテンに当たる、です。(^_^;)

以下は一般のナンテンとオタフクナンテンの葉っぱの違い

↑左のオタフクナンテンの葉はどことなくぷっくらしていて、右のナンテンの葉はとがっています。

 ★オタフクナンテン★
科名:メギ科
属名:ナンテン属
学名:Nandina domestica cv.Otafukunanten
英名:なし
別名:オカメナンテン(オタフクに同じ、葉の形に由来)
   ゴシキナンテン(秋に葉が緑から赤く紅葉すると五色に見えることから) 
ナンテンを矮小化した園芸種 

 

以下の画像はオタフクナンテン探しの時ついでに見つけた野鳥。
おまけUPです。 見てくださいませ。<(_ _)>


↑ジョウビタキの女の子


↑上記に同じ(前にまわって撮りました)


↑ジョウビタキの男の子(近くにいました。上の女の子とつがい?)


↑モズの女の子。可愛いね。


↑上記に同じ(横顔も愛くるしい)

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

徒然にパチリ

2017年01月17日 | 身近な自然

 (旧暦12/20 先勝・土用  月齢18.8)(大阪の日の出7:04 日の入り17:12)

◆↓下2枚ともに、1/10撮影。近所の公園にて。 

コスモスは秋桜とも表し秋の季語にもなっているが、近年夏にも咲く種類が多くなりそれもすっくと立っている。 子供の頃記憶にあるコスモスは、茎がクニャクニャと曲がりくねって地面を這っていた。
しかし上記のコスモスは結構茎が曲がりくねって昔の姿を彷彿とさせる。この寒い時期に咲いているなんて珍しいと思わずパチリ。葉っぱは全て枯れていた。

◆↓ ヒヨドリ。近所にて(1/10撮影)

先ほどまで一所懸命囀っていたヒヨドリがいきなりパタリと鳴きやむ。
人の気配を感じたのね。でも飛び立たずじっとしていた。


反対側に回ってパチリ


鋭い視線・・・
早よあっち行けっ!
と言っているような・・・
写真を撮らせてくれてありがとう、ほなサッサと退散します。 

↓15日に撮った別のヒヨドリの動画(鳴き声が入っています) 28秒

↓こちらは4年前の2013年5月に撮った動画。10秒。(車の騒音で聞き取りにくい)



15日、この大阪にも雪が降った。
朝方わずかに積もった雪は昼すぎに跡形もなく消えた。
早よ帰ろうな(ソフト)。相変わらず雪が苦手なソフト。 

トップのコスモスの花。
頑張って咲いていたけど15日の雪でついに消えた。
この4、5日、朝方零下前後の気温が続いたもんね。よく頑張った。 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月01日 | 大阪の町

 (旧暦12/04 先負 月齢2.8)(大阪の日の出7:05 日の入り16:58)

2017年 初日の出 7:17(淀川から)

大阪の元旦の日の出は7時5分ですが、
生駒山(いこまやま)を越えるのに12分かかるようです。 
 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加