Don't Kill the Earth

地球環境を愛する平凡な一市民が、つれづれなるままに環境問題や日常生活のあれやこれやを綴ったブログです

レボルビング・ドア

2017年02月22日 08時13分33秒 | Weblog
出所をためらう日本の高齢受刑者たち、社会復帰の難しさ
 「法務省矯正局の西岡慎介(Shinsuke Nishioka)氏は、「高齢者や病気の人の割合が増加傾向にあるので、介護みたいになってるところは仕事内容として問題はある。本来的な仕事というのは保安警備。社会から隔離して逃さないということ」と語った。」

 記事によると、受刑者の高齢化により、刑務所がある意味では福祉施設化しているようである。
 出所後も簡単に職が見つかるわけではなく、生活保護が受けられれば御の字といったところ。だが、限られた収入では生活の幅が狭くなり、塀の中での生活と大差ないことにもなりかねない。
 違うのは、犯罪を行う機会があるかどうかと、生活のリズム・内容が他律的か自律的かという点だろう。
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハゲタカ | トップ | 侮辱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。