Don't Kill the Earth

地球環境を愛する平凡な一市民が、つれづれなるままに環境問題や日常生活のあれやこれやを綴ったブログです

若い芽(その2)

2017年07月01日 08時07分02秒 | Weblog
将棋界の天才・藤井聡太四段が小学生のころに読んでいた本が衝撃的すぎる
 「これほどまでに彼の才能が花開いた背景には、通っていた幼稚園の教育法も関係しているらしい。“モンテッソーリ教育”というシステムだ。「19世紀にイタリアで生まれた教育法で、子どもたち自身が自発的に物事に興味を持つことを重視します。内面から自然に現れる好奇心に促されて自由に取り組めるような環境を整え、大人は子どもが選んだ活動を心ゆくまでできるように援助するという考え方です」(教育評論家)」

 一般の家庭は、「モンテッソーリ教育法」と真逆の教育法をとっていることに気づかされる。
 「将棋ばかりしてないで、ちゃんと勉強しなさい」という親がなんと多いことだろう。こういう教育によって、こどもはどんどん自発性を失っていくことになる。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月1日の思い出 | トップ | 怖いものなし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。