フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

思いがけないシロバナサクラタデの雌花に興奮しました

2016年10月14日 14時34分48秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

前日に観察会の資料を作っていて気が付いた。シロバナサクラタデの雌花だ。かなり前に顧問の先生からシロバナサクラタデは雌雄別株で雄株6に対して雌株は1しかない事をお聞きした。自生地を一生懸命探したがどうしても見つからなからず、やっと目黒の教育園で見つけた事があった。その雌株があった。花冠からY字型に雌しべが伸び出している。雄しべは花の中だ。

雄株は雄しべが長く、花冠からたくさん伸び出して雌しべは短い。この頃は雄株しかないと思い込んでいたので、写真を編集していて初めて気が付いた。

これはビッグニュースで観察会で皆に報告しようと他の写真を見るとやはり雄花で、2つを並べて資料にできた。元々アキノウナギツカミが大量発生しているのでイヌタデ属の一つとして考えていたのが思いがけないニュースになった。

今日はユウガギクが全域の観察路を彩り、第2自生地ではノコンギクがそろそろ見ごろになっていた。両者を対比した資料も作ろうと思ったが何となく気が抜けて資料として渡すまでにはいかなかった。

冠毛が短いのでヨメナ属と言われていたユウガギクだがAPG分類ではシオン属に含められた

茎にも葉にも毛が多いのと冠毛の先が赤みがかる事が多いシオン属のノコンギク

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョット遅い彩の国環境大学... | トップ | 講義のタイトルに期待し過ぎ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。