フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

サクラソウ自生地ではイヌヌマトラノオが少し盛りを過ぎていました

2017年06月18日 16時08分31秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

久し振りのサクラソウ自生地は全域でノカラマツとイヌヌマトラノオが花をつけていた。
イヌヌマトラノオは少し盛りを過ぎていたが、まだ各所で多く見られた。サクラソウ科オカトラノオ属は雑種を作りやすいと言われるがこれは人間が定義するだけで植物にとれば進化の一過程なのかもしれない。

中央観察路から見られる花は裂片の幅が広いのが多い

サクラソウ科の共通項として裂片は5枚が普通で、雄しべは対生する

とにかく見た限りでは残念ながらノジトラノオは無いようだ。でも、見た目ではなくDNA解析による分子系統学に基づくAPG分類ではどうなるかは興味のあるところだ。

花序は先が垂れ下がり裂片も細く花が密についていますが・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キカラスウリつれづれ | トップ | 懐かしい名前を見つけました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。