フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

サクラソウ自生地は第2指定地も賑やかです

2016年11月02日 17時52分55秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

田島ケ原サクラソウ自生地を守る会のホームページをご覧になっている方から昨日電話を頂き、第2自生地の一番入口に近い一角に咲いている花は何だろうとの問い合わせがあった。
最近見ていない所だったので何とも答えられず確認に行ってみた。確かにコバナノワレモコウのようだが河川敷で見られるのと比べて花穂が全て短いのが気になったが個体差なのだろう。

マメヒラタアブが来ていました

第2自生地ではノコンギクが今が一番の花の盛りでその先ではタイアザミも多くの花をつけていた。
タイアザミはナンブアザミの変種で別名トネアザミ。タイは国のタイではなく大薊の意という。関東地方には普通に見られるアザミで刺が太くて長い。ノハラアザミの根生葉は花期にも残るがタイアザミは無くなる。

総苞片が反り返って見えるのもタイアザミの特徴

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたま築堤工事で高くなっ... | トップ | 上種足の収穫後の田んぼ地帯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。