フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

観察会の日は天候に恵まれませんが、思わぬ景色に出会いました

2016年09月15日 19時02分06秒 | 田島ケ原サクラソウ自生地

被害者意識が強いのかもしれないが、15日観察会の日というとスッキリ晴れて好天というのが少ない。長期予報では晴マークだったのが日が近づくにつれて雨マークに変わったりする。

シロバナサクラタデに来たホシホウジャク

今日の仲秋の名月は元々雨模様だったが一時曇になったと思ったら、今朝は6時前に結構強い雨が降った。そして終日陽が射す事はなく空は雲に覆われている。名月も雲の中だ。

サクラソウ自生地の周囲は囲曉堤に囲まれていて、昭和水門から桜草公園に下って来るところは堤防が2重になっている。そのためいつも片方の除草が残されてしまう。今回も上側の堤防の草刈りがされず、荒れ放題だ。でも良くしたものでそこにマルバルコウの朱赤色の花がびっしりと群生している。白い小さな花のマメアサガオも混じる。ヨモギが花をつけ春の端正さが嘘のように道を覆う。オオニシキソウも精巧な花をいっぱいに付けている。ヒガンバナ、キクイモの大形植物も花を咲かせている。

ノウルシと同じトウダイグサ科のオオニシキソウ。花は杯状花序につき蒴果が垂れ下がる

今日は自生地の観察路がぬかって水溜りもあるので、入れない所があり、堤防の花に代役を務めて貰った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芥川賞は業界人のためだけの... | トップ | 上に出て世界が広くなりまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田島ケ原サクラソウ自生地」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。