フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

イワツバメとばかり思って撮ったのはハクセキレイでした

2017年06月12日 19時05分42秒 | 身辺雑記

川治温泉でイワツバメが歓迎してくれました。
ホテルの窓の外を多くの小鳥が猛スピードで飛翔を繰り返していた。飛び方はツバメだがツバメにしては小型でずんぐりしている。2年前に万座温泉で見たほど数は多くないがイワツバメに違いない。ちょうど夕方の採餌で飛び回っていたようだ。翌朝河原沿いを歩くと石垣に多く飛んできていた。巣があるようだ。餌をとってきたはいいが人間がいるので近づけず近くのロープでズーッと警戒音を発しながら待っている鳥がいた。

イワツバメとばかり思ってシャッターを押したがなんとハクセキレイだった

遊歩道を歩くと葉が白くなっている木があった。マタタビだった。同じく花の季節に白くなるハンゲショウは苞葉が白くなって小さな花を目立たせるようだが、マタタビは先端の葉が白くなるので木全体を目立たせるためではないかという。

花はまだ蕾のようです

遊歩道の終点近くには白い三角錐のような花序をいっぱいに付けたマルバアオダモが並んでいた。木全体が白く見えるほど花が付いていた。名のマルバは葉が丸いのではなく、よく似たアラゲアオダモの葉が鋸歯がハッキリしているのに対し不明瞭なことからという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キカラスウリの開花2・3号と... | トップ | 湯西川「水の郷」の郷土料理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。