フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

キカラスウリつれづれ

2017年06月15日 19時16分28秒 | 身辺雑記

今朝はじゃなくて正確には夕べなのだろうが、珍しく新しい花は咲かなかった。
キカラスウリの花はカラスウリと違って結構開花時間が長い。コンディションさえ良ければ2日間は花らしい形をしている。

2017年6月12日 AM7時24分

そして蜜が多いのだろうか小さな蟻が群がっているのが見られた。でも残念ながら夜行性のスズメガの姿は今のところ見たことがない。

6月12日AM11時44分撮影

翌13日には花弁の先端の糸状のレースは縮んでいたが花弁はハッキリ見えた。緑色の3裂した柱頭は褐色に変色していたが、別に受粉したからではない。雄株が無いから確かだ。

近くでは別の花が開花していたが、この花は一日で萎んでしまい、上の写真のようにはならなかった。日差しや気温、雨が微妙に関係しているのだろう。


今日は10日から預かっていた孫を保育園に送り届けてきた。19日で満2歳になるが、電車を乗り換え1時間以上はかかるので泣かれないか心配だったが、どうやら無事届けられた。いつも女房が一緒なので今回一人だった事もあり、ホットしたような気の抜けたような奇妙な気分だ。
気になっていたキカラスウリを見直してみたくなった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯西川「水の郷」の郷土料理... | トップ | サクラソウ自生地ではイヌヌ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。