王様の「秘密の参謀本部」

田端到&ビンゴ本郷の実験創作プロジェクト

米子SとジャパンOP

2017年06月18日 | 五輪
 卓球のジャパンオープンと、ヤクルトスワローズの復調交流戦@神宮球場で、連日、千駄ヶ谷近辺に出かけており、ブログ更新の余裕がない。
 今日は伊藤美誠の試合に興奮。悔しさと嬉しさが入り混じって、心を揺さぶられた。こんなにキレキレの、美誠ちゃんらしい美誠ちゃんを見たのは久しぶり。このところ迷いの道に入っていたのが、やっと抜け出す光が差した。
 ワンマンユ相手に悔しすぎる負け方だったけど、迷路の出口がはっきり見えた試合だったように思う。快進撃を続けていた2015年頃の伊藤美誠が戻ってきた。復活は近い。

 平野美宇は相手にしっかり対策されると、今はまだこの結果も仕方ないのかなという敗戦。覚醒した去年から、目覚ましい好結果→あららの凡結果、というリズムを繰り返しているので、競馬目線的にも今回は「買い」の大会ではなかった。
 使用球も、今回は得意ではないほうの中国製のボールだったし、女子のベスト4のうち、3人は世界選手権に出場していなかった選手だ。コンディションやモチベーションの違いは大きい。
 相手が下回転で美宇ちゃんに打たせる作戦をとってきたときにどうするか、課題もはっきり見えたから、そのうちクリアしてまた一段階登るだろう。平野美宇という選手は学習しながら強くなる秀才型だと思っているので、今は強い相手に負けることが良質のサプリメントになる。

 日曜の競馬は米子Sが少頭数で検討しやすそう(笑)。
 ダノンメジャーは阪神マイルがベストと思えないし、グァンチャーレは休み明けで馬券になったことがない。ならば勝負になる馬が自然と絞られる。

この記事をはてなブックマークに追加

グーグル翻訳と日本のAI

2017年06月09日 | Weblog
・しばらく世界卓球に夢中で、競馬がおろそかになっていた。毎日、中国のいろんな新聞を翻訳かけながら読むのだけれど、google翻訳は中国語→日本語の精度が低く、中国語→英語→日本語のほうが翻訳の精度が高いと知った。

・それにしても、アップルやアマゾンのAIスピーカーっつうの? あの辺のニュースを聞いていると、日本の電機メーカーの未来のなさに愕然とする。人工知能云々の前に、日本語の音声認識機能まで、アメリカの企業に負けてしまったら、もう何をすればいいのか。

 私の所持するシャープのスマホにも、メーカー自慢のAIとやらが搭載されていて、勝手に話しかけてきたりするんだけど、こっちの生活リズムに関係なく、夜になれば「もう寝る時間だよ、お休み」しか言わない。照明のオンとオフは認識できるんだから、こっちの生活リズムくらい覚えろよ。音声認識機能なんて、バカすぎて何の役にも立たない。
 グーグルの音声認識がすごいのは、膨大な言葉のデータベースが地域別にあるからだろうと思っていたけど、アップルやアマゾンに日本語で負けてしまうのはどういうことなんだ。

・そもそも私くらいの世代だと、シャープや東芝が危ないと聞けば、こりゃまずい、なるべくシャープや東芝の製品を買ってあげようという気持ちが働く人は少なくないと思うが、たぶん若い世代はそんな気持ち、これぽっちもないよね。 
 LINEなんか使いまくったら、大事な情報がみんな韓国に集められちゃうのにとか心配しちゃうのは、冷戦時代に落合信彦やゴルゴ13を読みすぎたおっさんだからだろう。使ってるけど。

・安田記念、馬券はきれいに当たったのに、予想は外してしまった。王様が当たりそうもない馬に◎を打ったときは、心の本命は▲のほうだよという話は以前に書いたが、今さらそんなこと言ってもダメ?

・エプソムCは空模様と馬場加減がよくわからない。後ろのベルーフか、前のマイネルハニーか。その辺の予定。

この記事をはてなブックマークに追加

目黒記念の大穴

2017年05月27日 | 競馬
・目黒記念は毎年、ダービー以上に馬券を買ってしまう。
 ヴォルシェープの1番人気は妥当としても、メトロポリタンを休み明けで勝った後の中2週というローテに若干の不安あり。ならばハーツクライ産駒のサラトガスピリットとカフジプリンス、どっちかを軸にして、大穴でハービンジャー産駒のマイネルサージュを狙う感じ。

 いや、こんなに人気ないなら、ハービンジャーから行く手もあるか。ダービーも目黒記念も今年はハーツクライ次第。

・世界卓球はまずダブルスのドローが出た。伊藤美誠&早田ひなのペアがいいドローを引いた。楽しみ。
 シングルスのドローは明日出る。

この記事をはてなブックマークに追加

王様の得意G1とコテコテ宣伝

2017年05月23日 | 競馬
 先日のヴィクトリアマイルは、1着アドマイヤリード(父ステイゴールド)、2着デンコウアンジュ(父メイショウサムソン)で、馬連4万円台の大波乱!
 ところが「王様・田端到のマジか!の血統馬券術」では、<東京芝1600m>のページで、ステイゴールドとメイショウサムソンを特注種牡馬にピックアップしていました! 以下、引用します。

 注目したいのはステイゴールド。過去5年のランキングは5位だけど、16年以降に限れば3位に上昇する。牝馬は特に要注意で、アルテミスSでは12年にウインプリメーラが7番人気3着、14年にココロノアイが9番人気1着、クロコスミアが6番人気3着と、毎年のように穴をあけているね。クイーンCも15年にキャットコインが2番人気で勝っている。

 意外と高率なのがメイショウサムソン。この種牡馬は「サドラー系の中長距離型」と思っていると、まちがえる。マイルの得意な馬も多いし、東京のような長い直線の上がり勝負に適応するタイプも少なくないんだ。メイショウサムソン産駒のデンコウアンジュが、15年アルテミスSで追い込みを決めて穴をあけた。

 以上、引用終わり。
 もちろん、3着ジュールポレールの父ディープインパクトも、このコースの1位種牡馬としてくわしく解説してあります。本書を読んでいれば、3連単91万馬券も楽勝でゲットできましたね!

 ……と、自分で書きつつ、だんだん腹が立ってきた(笑)。なんで本人が取ってないんだよ。ちなみに王様の過去のヴィクトリアMの本命馬(日刊スポーツ紙上)はどうだったかというと。

17年 ◎アドマイヤリード 6人気1着
16年 ◎ストレイトガール 7人気1着
15年 ◎ストレイトガール 5人気1着
12年 ◎ホエールキャプチャ 4人気1着
10年 ◎ヒカルアマランサス 8人気2着

 10年と16年は◎○で的中。12年は◎▲。15年は△ケイアイエレガント(12人気2着)で馬連3万馬券。
 以上、ベタな宣伝をしてみた。最近、ヒモが抜けすぎだ。

この記事をはてなブックマークに追加

都大路Sと大松とカンパネラ

2017年05月13日 | 競馬
・今日はダイヤモンドリーグ上海で桐生とケンブリッジが走る。サニブラウンも走る。
 来週は体操のNHK杯と、競泳のジャパンオープンがあるし、その次の週はいよいよ卓球の世界選手権だ。

・水曜日のカンパネラがJRAとコラボだと? ぶひー、わし、コムアイさん大好きなんだけど(笑)。ダービー当日、東京競馬場で何かやるのかな。魂の16連単でも売るんだろうか。
 とりあえず競馬場無人ライヴは観た。あれはどこか、アントニオ猪木の巌流島の影響を受けているように見える。

・土曜の競馬は雨の降り具合がわからないが、京都の都大路S、ミッキージョイとベルーフで18倍ってマジか。京王杯SCは馬場が悪化すればトウショウドラフタにそそられる。

・「はじめまして、ヤクルトスワローズの大松尚逸です」のサヨナラ・ホームランにほろり。
 ちなみに大松は有馬記念のプレゼンターをやったことがあり、そのときはマツリダゴッホから買って外した、というプチ情報を入れてみる。


この記事をはてなブックマークに追加