「へンくつ日記」

日常や社会全般の時事。
そして個人的思考のアレコレを
笑える話に…なるべく

度し難し

2008年10月30日 18時41分24秒 | Weblog
 
 
先日 北海道で振込め詐欺被害があった
この手の詐欺被害は珍しいことではない
けれども、これは珍しい事例だ

息子から「会社の金に手をつけた」という
泣きながらの電話が母親にあった
母親は急いで銀行に行き、息子のではない
指定された口座に金を振り込もうとした

異変に気づいた銀行員が
「これは振り込め詐欺」
「騙されてはいけない」
と、母親を説得した
母親は息子に連絡を取ろうとしたが
悪いことに電話は繋がらなかった
銀行員の説得は1時間半にも及んだ
しかし母親は聞こうとしない
そして結局、母親は指定された口座に
百数十万円を振り込んだのだ

振り込んだ後に息子と連絡がとれた
息子は驚く 当然ながら詐欺だった

母親以上に、説得した銀行員は落胆した…


度し難しという言葉がある
「道理を聞かせても聞く耳持たない」
「愚か者」という意味だ

息子を思う母親の感情が
正常な判断を狂わせたのだから
「愚か者」扱いするのは言いすぎだ
けれども、賢明ではない行動に走った
彼女の思考回路の重要な部分に
「度し難い人間」と同じ欠陥が
あるように思えてならない


度し難い人間の底辺には
日本古来の悪い風習が
こびり付いている気がする

「見ざる・聞かざる・言わざる」だ

長い軍事政権下(鎌倉~徳川~近代の一時期)
で、庶民が権力に睨まれずに生きるには
「役人らの不正に目をつぶり」
「権力に反抗する者の言葉を聞かず」
「ましてや自らも反抗の言葉や
 権力への不満を言わず」しかなかった

「この世は苦しい
 けれども不平を言わず耐えれば
 死んだ後 極楽へ行ける」という
権力と結託した宗教の教えも
この生き方に拍車をかけた



それが日本人のDNAに染み込んでしまった
まさしく「私は貝になってしまった」のである

長い「見ざる・聞かざる・言わざる」
の生き方が、脳の大事な部分を閉ざしてしまった
だから事象への反応に愚鈍になり
打てば響く賢明な民族とは程遠くなり
賢明なこと正しいことに敵意さえ抱く
愚かな民族になってしまった…という意見もある



体の調子が悪いと医者に行く
どの部分が悪いかを調べ
原因が判って初めて治療できる

「本当のことが恐くて…」
医者に行かない人もいる
もしガンだったらどうするのであろう
死ぬのは何より恐いくせに
末期まで進行し取り返しが
つかなくなるのを待っているのか

取り返しがとかなくなる前に
自らの欠陥を正しく認識し
“打てば響く賢明な人間”
“他人任せにしない真に自立した人間”
を目指す努力をしたいと思う昨今
大事なのは目指すべき
比類なき偉大な人格の存在
常に偉大なる人格を胸に
日々の生活を戦おう

振り込め詐欺から
大きく話がそれてしまった
ま、ブログだからいいか…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民主国家の主は…

2008年10月29日 14時19分28秒 | Weblog
 
中学生の時に習った
「日本は民主国家」
「民主国家の主は国民」
「民が主の国家」なのだ…と

ということは…
日本の政治は民のためにあり
それを司る人間は民の家来…のはず

家来のトップ総理大臣が
毎日ホテルで食事をして
「安全」なバーで飲んでいるんだと
この最不景気の最中に…

“主”が
「日々の家計のやりくりに四苦八苦」
しているのに 主に向かって 
「不景気を一喜一憂するな」だと…

へぇ~
世の中には すごい家来がいたもんだ
家来のトップが今までこうだったから
家来の家来・役人も真似をする
主の目を盗んで悪事を働く小役人

なんか逆でしょ 
全てが


だから政治家を「先生」なんて
呼んじゃあいけないのよ
役人を「お代官」扱いしちゃいけないのよ
バカはすぐ付け上がるんだから…

ね?

政治・家来をキチンと監視するのが
民=主の務めなのだ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

採点

2008年10月29日 12時33分07秒 | Weblog
 
日曜まで 学生として
テストに汗を流していた僕が
今日は専門学校の新入生の
「特待生テスト」の採点に追われている

特待生を申請したのは250人
課題をもとに書かれたレポートに
採点をつけるのだが
これが大変



10枚採点するのに
なんと1時間かかった
この調子でいくと
全員の採点が終わるのは
24時間後…!!

24時間これを続ける…?

「24」
「危険だ。このままでは死んでしまうっ!」
(by Jack Bauer)



日記@BlogRanking ← 「12:41」「12:42…」これを押して時間を止めてくれ~!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も授業…学生として

2008年10月25日 19時24分49秒 | Weblog
 
今日も中国語の授業

ともかく懸命にノートをとる



そのなかで
中国の紙幣を見せてもらった
どの高額紙幣にも毛沢東の写真が…
でも小額紙幣には その顔はなく
労働者や少数民族の絵があった
国が何を大事にしているのか
少し感じてしまった



↑ は すでに廃止されている
外国人用の紙幣
これ一枚で 100元の価値
実際には その倍の価値はあったらしい



たまたま一階の教室では
このブログにも来て頂いている
法学部S教授の授業があった
内容は「刑法各論」
黒板に書かれている文字が理解不能
法学部でなくて良かった…

お忙しそうだったので
先生にはご挨拶だけして
教室を辞した


キャンパスでは
昼間の学生が
体操していた
運動部かと思いきや
ブラスバンド部だって

若さに触れ
リフレッシュしたのだった



明日は試験
頑張ろう~!

日記@BlogRanking ←目指せ「試験満点」


 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

餓鬼畜生

2008年10月23日 18時41分12秒 | Weblog
  
先日、大手ファミレス「サイゼリア」のピザ
(400円相当)から微量のメラミン
(腎不全などを引き起こす毒性)
が検出され 食べた客に対し
飲食代を返金するとの発表がされた

何故にメラニンが混入したかは不明
早急に原因究明し解決して欲しい…

だが問題はそのことではない


食べてもいないのに
「食べた」と言い張り
約400円を受け取り
それを各支店で繰り返し
「3000円ほど稼いだ」と
mixiで誇らしげに
告白している者がいるのだ

それに対し
「自分も稼ぎたいっす」
「すげーー いいなぁ」
「自分も明日やりますっ」等
その手のコメントが多くという



餓鬼畜生という言葉がある

餓鬼は「餓鬼道におちた亡者」
「飢えとかわきに苦しむ地獄のひとつ」
畜生は「けだもの。人に値しないもの」
「生前の悪行で死後に堕ちる地獄」

死後ではない
生きている時に
すでに餓鬼畜生の
地獄に堕ちているのだ

それに気づかないのが
哀れで悲しい
そんな地獄に堕ちている若者が多い

大人の責任だ

「清すぎる水に魚は住まない」等と
訳知り顔で世の中を説き
自らも悪行を重ねる大人の責任だ

“悪いこと”をやりすぎて
悪に鈍感になっている
政治家や役人や医者や法律家

悪を見てみぬふりをして
結果的に悪の加担をする臆病者

「人の不幸」「醜聞」
「ガセネタ」さえ商売にし
私腹を肥やす報道屋

ありもしない「死後の世界」を説き
「金」を拝みつつ自らの死後に震える宗教屋


皆 全員が土下座して
それら青年に謝罪すべきだ

「悪うございました」
「私達は“正義”“真実”を伝えなかった」と…

その土下座の中に僕も入ろう
僕も以前は「正義」を恥ずかしく思っていた
眩しい「真実」から目を避けていた
マスコミの特権意識に溺れ
自らも悪に染まっていたのだから

「反省しています」

「しかし これからはハッキリ言います」
「浅ましい生き方は悪です」
「悪い生き方は自らを糞に変えます」
「悪行の人の体臭は糞に似ています」

「自らの存在を糞にするか
 清らかで神々しい黄金にするか…
 全ては行動で決まります」


でもね
糞の生き方をしている若者は少数派
例えば僕の回りにいる青年
そして専門学校の学生たちは
皆 黄金色に輝いているのだ

それは嬉しいことだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ともかく…

2008年10月21日 23時38分48秒 | Weblog
 
元気ですかぁーーー!

元気が全て
だぁーー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々のスクーリング

2008年10月18日 22時21分09秒 | Weblog

 
専門学校の非常勤講師のときは
「センセイ」と呼ばれるが
今日の身分は学生だ



今日から4日の間
中国語の授業…





単位取得のため
マジメに勉強するのだ…

ニィ~ハァォ~
ワ~シィー~ チャン・ツィーイー~
レンシィーニィー ヘンガォシン~


こんばんわ 森進一です… 嘘


ちなみに…
唯一の楽しみの学食は



しょうが焼き定食に山菜蕎麦

食いすぎだっちゅうの!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後期授業開始

2008年10月16日 18時32分59秒 | Weblog
 
今日から 後期授業が始まった
ひさびさの講義に 少し疲れた
早めに授業は終わらせ
誰もいなくなった教室で
1人 休憩…

さて、皆のためにも
後期の授業内容は
充実したものにしよう

それにしても
今日は疲れた~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リア・ディゾンが妊娠&結婚!!!

2008年10月15日 07時05分49秒 | Weblog
 

えー!
リア・ディゾンが妊娠&結婚!!!
なんと彼女、初の全国ツアー
え、う、歌えるの?)の最終日の昨日
ファンの前で「大事なお知らせがあります」と涙ぐみ

「実は最近結婚しました」

そんでさらに「お腹に赤ちゃんがいます。
しばらくお休みしますが、復帰します。
頑張りますので応援よろしくお願いします」
え、もも、戻ってくるの?

それを聞いた会場は「えーっ!」と驚きの声
でも、その後に「おめでとー」と祝福したんだと…


♪ ど~でも いいですぅよぉ~

(ところで彼女、祖師谷育ち…らしい)


プロ並みのカメラを持って
秋葉原を徘徊する
オヤジだか若いんだか
判らない男共と
(僕も見た目は彼らと同じ…らしい)
少女だかオバサンだか
判らないアイドルもどき

将来のため勉強しなければならない子供を
“芸子”にして、それを束ね見世物にする大人と
その芸子にキャーキャー熱を上げる人たち


なんだかなー
ま、いいかっ




元気ですかぁー!
 ダァーッ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贈り物

2008年10月14日 23時17分00秒 | Weblog
 
カミサンの実家から地元の名産が届いた
当然、僕らは喜ぶのだが
拙宅のバカ猫も恩恵にあずかる
ヤツにとっても贈り物

それが空箱だ
ご覧あれ
早速空箱に収まり
至福の時…


翌日になっても
出てこない



お前は「箱男」ならぬ
「箱猫」かっ!
(by 安部公房)

箱詰めのまま
誰かに贈るゾ
ナンチッテ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名月

2008年10月13日 23時10分11秒 | Weblog
 
いい月だ…
しばし見とれる

秋だなぁ…


なんか腹減ったわい 笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北区十条

2008年10月09日 17時45分30秒 | Weblog
 
北区十条の「富士見銀座」に
揚げたイモを売る面白い店を見つけた
その名は「房州屋」





さつまいもに衣をつけ
サッと揚げた「いもぼう」は
素朴で懐かしい味



カミサンは「ウマイ美味い」と
何本も食べていた

ご商売の末永い 
ご繁栄を祈る

また来ま~す

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「警告表示」

2008年10月08日 18時16分31秒 | Weblog
 
こんにゃく畑をのどに詰まらせ
死亡した男児の事故を受け
野田聖子消費者行政担当相は
製造したマンナンライフの
鶴田征男会長らを呼びつけ
警告表示(子供や高齢者は喉に詰まるのに注意)
の拡大化を指示した

過去に、この食品を喉に詰まらせ
17人が亡くなっているという



結局、マンナンライフは
ミニカップタイプの製造を中止
市場から「蒟蒻畑」は消える
マンナンライフは巨額の利益がなくなり
企業としての存続が危ぶまれるが
これで、蒟蒻畑を喉に詰まらせ
亡くなる人はいなくなる

良かった良かった…

けれども、だ

毎年、餅を詰まらせ亡くなる人がいる
だからといって「餅の製造中止」とはならない
餅に「喉に詰まる危険が」との表示はない
魚に「骨が喉に刺さる危険が」との表示はない
バケツで水を飲んでいて溺れ死んだ人もいる
しかし「バケツで水を飲まないで」の表示はない
他にも様々な危険がアチコチにあるが
それにイチイチ表示は書かれていない


「警告表示」が小さかったから
事故が起きたかのような報道は
根本的に間違っている
第一、幼児は「警告表示」を読まない

「表示」より大事なのは
大人のチョットした
「想像力」と「注意」だ
自分の不注意を棚に上げて
「表示がなかった」と騒ぐのは
なんだか幼くて情けない


ともあれ
今回の事故を受け
各企業は商品裏側に
目一杯の「注意書き」を載せ
(遂には商品名が“ご注意”になり)
電化製品の説明書の「注意書き」が倍になり
説明書は電話帳くらいのブ厚さになり
(今でもそうか…。エコとは正反対だ)
箸にも「食べるための道具です。
人を刺してはいけません」の文字が書かれ
PCには「これをフリスビー代わりに
して人にぶつけないでください」の但し書きが書かれ
マフラーやネクタイには
「物に挟まって首を絞める危険」の表示が
デカデカと書かれ
靴には「右足から歩くと
コケる可能性があります」とあり
遂には米の一粒ひとつぶに
「食いすぎると肥満になり
生活習慣病になり、それが原因で
死ぬ可能性があります」との表示が立法化される…


オラ、そんな国イヤだ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

喧嘩両成敗

2008年10月03日 17時13分37秒 | Weblog

喧嘩両成敗の考えは
おそらく日本だけのものだろう
500年以上前、社会情勢が不安定となり
法律がキチンと機能していなかった頃
自己の利益を守るための武力衝突が頻繁に起きた

それを簡潔に解決する手段として
考え出された処罰法である
暴力を問題解決の手段にしていた時代には
ベストではないが、ベターといえなくもない
正邪・善悪をハッキリさせない(させられない?)
日本人の風土に合い
瞬く間に この考え方は広まった
もっとも、これを安易なものとして
批判する学者は多くいたが…


さて現代…
暴力による愚かな喧嘩は論外として
口角泡を飛ばす言い争いにも
喧嘩両成敗として片付けられることが多い

「なんだか双方がウルサク
 言い争っている
 いわば喧嘩だ
 どっちに言い分があるなんて判断は面倒だ
 ともかく面倒だ
 喧嘩両成敗として
 双方ともに悪だ」との判断

これは良くない
事なかれ主義の典型である
もしも片方に正義があっても
踏み潰され悪いイメージだけが残る

成熟した民主主義社会を作るには
正邪・善悪をハッキリさせなければいけない
それを判断するには広い見識と
確固とした哲学のようなものが必要だ

それがないから
「どちらが正しいか見極めるのは面倒」と
なってしまう
そんなダラダラな未成熟な人間が集まれば
不正がまかり通る汚れた社会になってしまう


「喧嘩両成敗がまかり通る社会」に危機感を覚える
だから僕は勇気を奮い起こして言うつもりだ

「艦長! アナタは間違っている!!」と…
(by デンゼル・ワシントン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴミの事

2008年10月03日 12時23分28秒 | Weblog
 
10月から世田谷区の
ゴミ分別の内容が変わった
今まではプラスチック類、ゴム
皮革製品は不燃物だったが
「可燃ごみ」に変更された

そのくせ、ペットボトルは別
あらたに回収日が決められ
キャップをはずしたものを集めるのだという
キャップはプラなので可燃だ

なんか変、というか妙
プラだってキャップだってペットボトルだって
全部石油から出来ている
リサイクルは それらを石油に戻すものと思っていた

きっと経費がかかり
リサイクルは採算に合わないのだろう
ペットボトルだけは再生して
新しいペットボトルとして使われるのだ

それも採算が合わないと思うけど…

ん?
「リサイクルしてます」っていうポーズだったりして

ちなみにドイツでは分別は厳密
反対に米国は何もかも一緒に捨てている
回収車を待つ道路に積み上げられたゴミを見て
驚いたことがある
紙類に混じってペットボトルや缶が詰められていた
唯一 ビンだけは別だったような…

ゴミの回収状況で文化の度合いが判る
してみると米国は後進国並だ
さて日本は…?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加