「へンくつ日記」

日常や社会全般の時事。
そして個人的思考のアレコレを
笑える話に…なるべく

腐敗国家

2017年07月23日 14時45分03秒 | Weblog

人間の鼻は鈍感に作られているという
例えば家庭内に漂う独特な臭い。そこ
を訪れた客は、敏感にその「臭さ」を
感じ取る…が、1時間、3時間、そし
て1日いると、その臭いは感じられな
くなる。臭いが消えたわけではない
それに慣れてしまったのだ

同じく、人間(特に日本人)の倫理観
や正義感も、次第に薄まり、最後には
現状維持や肯定に流されていくようだ

それに抵抗し、いつまでも「この部屋
は臭い」と言い続ければ、その人は煙
たがられ、終いには拒絶される
倫理や正義に関しても同じ事が言える
が、「言い続ける」人が絶えれば、その
共同体の倫理は崩壊し正義が否定され
どんどん腐敗していく。その末路は破
滅だ。過去、絶大な興隆を誇ったシュ
メール文明も、ある日、忽然と消え去
った。原因のひとつに、倫理の崩壊と
思想の乱れを指摘する学者もいる

人間社会に於いては、目に見えない
この「心根」が全てを左右するとは
哲人の言葉だ
「ただ心こそ大切」なのだ

「嘘をつく」「誤魔化す」という
実に小さく単純な悪が、友情を壊し
家庭を離散させ、会社を潰し、巨大
な国家さえ崩壊させる

だから周囲から嫌われ、疎まれ、遠
ざけられようと、公人や行政や為政
者に向かい「嘘をつくな!」と言い
たい。「君たちの嘘は、我が身、会社
共同体、そして国家を守るためとの
言い訳を掲げているが、結果は全く
逆になる事を知るべきだ」
「嘘、誤魔化しは、国民への最大の
侮辱だ。考え直せ。君たちの主君は
誰だ? 総理でも大臣でも局長でも
ない。国民だ!」
「君たちの嘘が国家を腐敗させ崩壊
させる。嘘をつく君たちは、国家を
潰す大罪人だ」
日本を独裁国、共産国のような、腐
敗国家にするな…

と…国会に向かって叫んでいる夢を見た

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の吉祥寺 | トップ | 新聞の思想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。