「へンくつ日記」

日常や社会全般の時事。
そして個人的思考のアレコレを
笑える話に…なるべく

環境を破壊する思想

2017年06月17日 16時22分38秒 | Weblog

「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。
海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物すべてを
支配せよ」(「創世記」第一章二十八節)


聖書の中の一節だ。この言葉によりキリスト教徒は
手当たり次第に鯨を捕って油を手に入れ、(食べる
為に獲り、それも食べられぬ程に獲らず、鯨を資源
とみてきた日本人を、自分たちの過去を棚に上げて
今更非難するな。歴史を知らぬお馬鹿さんめ。一度でも
『白鯨』を読んだことがあるのか?)
木々を伐採し
農地を広げ、すさまじい広さの森を消してきた
地球全体が砂漠化し破滅に向かっている原因は、正に
「聖書」にあるのだ、と隣人のオヤジが言っていた…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナタ、それって選挙違反で... | トップ | 籠池夫妻に関して〝確実〟なこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。