海外のバイナリーオプション講座。|リスクとトラブル防止のポイント。

海外のバイナリーオプション会社を利用するにあたって考えられるリスクや注意点をまとめております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バイナリーオプションとは?

2015-01-28 | バイナリーオプション基礎知識

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、FXや株と同じ投資の一種です。「外国通貨取引」や、「外為オプション」などと呼ばれることもあります。
「投資」や「外国通貨取引」などと聞くと難しく感じてしまうと思いますが、実際には非常に簡単にでき、投資未経験者でも気軽に始めることが出来る投資方法なのです。

トランプのゲーム「ハイアンドロー」のような投資。
よくバイナリーオプションは、その簡単さからトランプの「ハイアンドロー」というゲームに例えられることがあります。

ハイアンドロー

トランプのハイアンドローとは、
例えば、場に「4」のカードが出ていて、次にめくるカードが「4」より大きいか小さいかを当てるといった単純なゲームです。
バイナリーオプションがなぜこのトランプゲームに似ているかと言うと、バイナリーオプションの場合はこのトランプの「数字」が「通貨」に変わっただけだからです。

例えば、現在ドル円の相場が、1ドル100円だったとしましょう。
10分後に、この相場が100円よりも「上がるか」「下がるか」を当てるのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションとは

トランプの場合カードの数字が13までしか無く数字によっては当たる確率は大幅に変わってきたりするので、全く同じ仕組みであるとは言えませんが、根本的な原理は本当にこれだけです。

相場とは何か?
バイナリーオプションとは、相場が「上がるか」「下がるか」を予想する投資と説明させていただきましたが、そもそも「相場」とは何なのでしょうか?

相場とは正確には「為替相場(かわせそうば)」と言い、日本の"円"やアメリカの"米ドル"といった異なる2カ国間の通貨を、交換(売買)する時の取引価格のことを言います。
通貨は、日本では「円」が用いられており、アメリカでは「米ドル」、英国では「ポンド」、中国では「元」など、世界各国でそれぞれの自国通貨があるのは知っているでしょう。

各国の地域内では自分の国の通貨だけで取引ができますが、各国同士の取引が行われる場合は、異なる通貨間で取引をする必要がありますよね?

ニュースでもよく「1ドル=○○円」と報じられているのを聞いたことはないでしょうか。このドルと円の取引価格が為替相場であり、その他にも多くの通貨の組み合わせによる相場があります。

為替相場

相場は常に変動する。
為替相場はどこかの国がまとめてそれぞれの価格を決めているわけではありません。
為替市場の需要と供給のバランスによって常に動いているのです。

そのバランスとは、買いたい人と売りたい人のバランスです。買いたい人が売りたい人よりも多ければ価格は上がりますし、逆に売りたい人が多ければ価格は下がります。こういった原理はサービスの価格が決まる原理と同じですね。

為替市場には、この原理を利用して安い時に買って高い時に売ることで生まれる「差額」で「利益」を狙う人が世界中にいます。為替市場に参加出来るのは世界の名だたる投資家たちだけではありません。私達も気軽に為替市場に参加して、投資に携わることができ、またそれによって「利益」を出すことが出来るのです。

バイナリーオプションの基礎知識に関する記事一覧はこちらです↓↓

→バイナリーオプションとFXの違い。
同じ外国通貨取引であるFXとバイナリーオプションは具体的にどのような違いがあるのだろうか?

→バイナリーオプションの主な取引の種類4つ。
バイナリーオプションの主な取引タイプ「4つ」を紹介いたします。


初心者の方にお勧めのバイナリーオプション会社

BINARY60(バイナリー60)
海外のバイナリーオプションなので規制前の単純なHIGH&LOWが出来る。メールアドレスだけで1分後には開始できる。出金確認済みの優良サイトです。

→BINARY60(バイナリー60)で口座開設してみる(無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加