気ままにきのこ
きのこ大好き。 身近に生えるきのこの記録です。 テングタケ科やベニタケ科が特に好きです。







7月11日に日当たりのよい墓地に発生していました。

毎年同じ場所に発生しています。



においが無いため、ハマクサギタマゴタケではない。

大きすぎるので、ミヤマタマゴタケではない。

決め手になるものが無い。

オオシロタマゴタケなのだろうか?

上の三種は違いがよくわからない。

タマゴタケのたぐいは肉眼はおろか顕微鏡でみても良くわからないので、厳密に分けようとするとDNAまでみる事になるそうです



厚みのあるスカート状?のつば。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ゴムタケです。初めて見ました。

オオゴムタケはほぼ朽ちた枯れ木に発生しますが、これは新しい枯れ木に発生します。



断面と大きさです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







高校生になりました。久々の更新です。

今期初の観察会でした。

冬虫夏草です。

チクシトゲアリ(?)から発生していました。

チクシトゲアリは愛知県にいないことなっているのですが、

毎年おなじ場所にあります。

寄生されたアリが葉の裏側でこうなっているのを時々見ます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一つ前の記事のきのこは会の先生から、ミナミアシグロタケではないか、との指摘をうけました。

本来ミナミアシグロタケは沖縄あたりで見られるきのこです。

なのでこのあたりには無いだろうと思っていましたが。

温暖化の影響でしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









キアシグロタケの足が黒くないものと思いました。

カワキタケの類ではないかと言う人もいました。

よくわからないままです。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )









実はチャナバ自体をよく知りません。ははは。

きのこ会のメンバーが教えてくれました。

においが強いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






これはあまり臭くありませんでした。

竹林でみられる珍しいきのこです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









初めて見たきのこです。

ヒダが変色します。名前のまんまですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









アヤメイグチにしては小さいです。

傘の表面が鱗片のようになっていて、柄が繊維状です。

変色性があります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ノウタケは、中が白いものは食べられます。



新しくてきれいだったので、食べることにしました。
茶色の外皮は取り除きます。



お吸い物でいただきます♪





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





久々の更新です。

今日、今シーズン初の観察会がありました。

いつも山奥から珍しいきのこを見つけてくれるNさんが発見しました!

カゴタケは初めて見ました。珍しいきのこです。

この種のきのこに有る、芳しい香りがしました(笑








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






沢山集まっています

柄が膨らんでいるのでシャカシメジでは無いです

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






最近名前が付きました

穴がとても深いのが特徴です


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんなイスに座る人はいるのでしょうか(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今シーズン初の観察会でした。

芝生の近くにある木の根元に生えてたものです。



ハタケシメジのようですが、ひだの先が黒いのが気になります。



傘の表面

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ