笑われて・笑わせて・オートバイひとり旅16年・122ヵ国 道に迷い・親切に泣き・走った38万キロ・「バイクの松尾」

国境206ヶ所・赤道直下4ヶ所・2000年10月57才から2015年10月72才まで15年間・記録。やぉーなかったばい。

オートバイひとり旅・地球走行中・東南アジア編・ベトナム・・

2017年07月18日 | オートバイひとり旅121ヵ国37万キロ
7月14日から17日まで


ハノイに向かって不安の中、ホーチミン市内を出発した・・1800キロ、往復の予定だった。

はじめて出てきた標識


100キロを三時間かかっている・・


緑内障予防のため水中メガネを用意・・砂塵除けには役立った。しかし雨で曇ってしまう。


5時間かかった200キロ走ったところでギブアップ・・ホーチミンに引き返そう


7月14日金曜

レンタルバイクについてホテルレセプション聞いてみた。ホテルで用意出来るらしい…1日1000円と計算してみせた。

あとで考えてみると、ちょっと高いのではないか…他のレンタルバイク屋にあたってみよう。

先日テント屋で防水のスーツケースカバーを作ってもらった親父さんのところに行って相談してみた。

このあたりでは、その値段、高くはないとの話しだった。

ホテルに戻りあした15日出発するのでレンタルバイクを用意してくれるように頼んだ。

フロントのいつもいる男女のスタッフはレンタルバイク今日の夜10時に戻ってくる…とか、あしたにならなければ、

わからないと話す…

どこでどうなてるのか、話しの内容がいったり来たり…堪忍袋が切れた

テーブルをたたいて「ふざけるな 今までいつもレンタルできると」「言ってたじゃないか」日本語でどやしつけた。

すると、どこかに電話して…すぐに用意するから…5分待ってくれ…

どうしてのらりくらり、レセプションのスタッフは応えていたのだろう・・借りるつもりはないと見たのかな。

スクーターでやって来た女性。レンタルバイク屋さんらしい。

レンタル料1日1000円✖️20日間=約2万円、保証料(デボジット)…3万円、合計5万円をATMでおろして支払った。

これまで用意してきた荷造りのゴムひも 、S字型を取り付ける。




7月15日 土曜 くもり 一時雨

7時ホテルを出発、まずガソリン を入れてハノイに向かって走る約1800キロだ。少しづつ走ると いづれは

ハノイに着くだろう…

ホテルから250mの立体交差点…陸橋に上がって 左折だと最初思っていたが、 ネットでよくみると 、陸橋

の手前から側道を走り陸橋の下をくぐるようだ。

走り出すと ネットマップは使えない。道路がわからなくなった場合、時間かかっても海岸線沿いに出て走

ろうと決めていた。

バイクの 流れに乗って走るしかない…最初陸橋の下をくぐり抜けた…ネットで側道が消えていたのは

トンネルになっていた。

走ってみなければやっぱりわからない、気になっていた最初の難関を通過できた…

バイク集団の大きな流れに乗って進むしかない。信号で止まるたびに「ハノイ」「OK」か…「OK」…

間違いないようだ。

自分でも違って道にはいったなーと気づいて、信号で地元の人に、「ハノイ」はと聞くと夫婦乗りの人が

わたしの後ろについて来てと…手招き。Uターンして…本線に入るところまで誘導してくれた。

これまでは順調に走って来た。2回目の給油…100キロを3時間かかっている。

ひっきりなしにトラック バスの砂塵が飛んでくるので水中メガネは役に立って
いる。


ただ、すぐに曇ってしまうので 空気を入れて走っている。バイク専用のレーンは続いているが、逆走して

くるバイク には気をつかう。

逆走するのは当たり前になっているようだ。ひっきりなしに逆走して来る。くもり空…とうとう雨になって来た。

カッパを着ようにも停める場所が見つからない…メガネの水滴で前方が見えにくい…農作業の耕運機、

逆走して来るバイク。

プシュープシュ空気ブレーキをかけ、でっかいクラクションを鳴らして 注意をうながす 大型トラック、ミニバス、

ツアーバスが圧力かけて通り過ぎて行く。

走っていて気が気でない。

よかった…雨は止んだようだと思ったら思ったらまた降り出した。ダメだ、このまま走り続けることは危ない。

200キロを5時間以上かかっている。

ホーチミンからハノイまで1800キロ……往復3600キロ自分では走れるだろうと思って来たが、とてもじゃないが

ハノイまでレンタルスクーターで走り続けることは、今のわたしには無理だ。

ホテルを探して泊まって引き返そう。自分としても情けないが楽の道を選んだ。

5キロ先にホテルはあると地元の人の人 。ありがとうございます。この辺かな、地元の女性スクーターで出かけ

るところだ「ホテル」は…近くらしい。すみませんホテルまで「引っ張ってもらえませんか」

ありがたい、反対側にホテルはあった。ありがとうございました。

小綺麗なホテル 25000…1250円ぐらい。

ホテルについてネットでみると本線を走って来ていると思っていたが、脇道に入った場所になっているどこで

間違ったのだろうか…

ホーチミン⇄ハノイまで大まかには海側、真ん中 、山側に分かれているようだ、自分としては真ん中を走って

いるつもりだったが海側を走って来たようだ。

まぁいいや、ここからあしたホーチミンまで戻ろう。


オートバイ仲間の三人が8月1日ハノイに到着する、四人でツーリングの予定である。

ハノイまで列車か バスがあったらそれで向おう。




7月16日 日曜 くもり

ホテルに泊まった場所をネットでみると、海岸べりまで来てしまっている。

自分じゃ本線上のホテルだとばかり思っていたのに…どこで間違って入り込んだのだろう…

まぁいいや、これから進むのじゃないし、ホーチミンまで戻るだけだだから疲れていたのだろう。

家族連れ5・6人…ふた組が泊まっている。シャワーを浴びる気持ちにもならない…

持ち帰りの弁当にしてもらい、ホテルで食事して、そのままベッドに入って寝る。

ホテル玄玄関に人がくるたびにチャイムが鳴り響く…

朝6時にホーチミンに向かって戻ろう…夕べ激しい雨だったが今は止んでいる。

雨の中を走ると覚悟していたが今の所大丈夫のようだ。大きなロータリーが出て来た…ハハーン、

脇道に入ったのはここで間違っていたのか…

すでに日曜でもオートバイ、車が走り始めてきた。今日は戻るだけ、気は楽だ。

思った以上にスムーズに走れている、とにかくホーチミン目指して走ればよいのだから…。

「ホーチミン」「ホーチミン」と聞きながらホーチミン市内に入った。きのうよりも一時間ぐらい早く

走ってきたようだ。

信号で止まる時若い人をつかまえて「ホーチミン、セントラル」まで引っ張ってくれと…頼んでみた。

笑顔で「うなずく」しばらくうしろについて走る。

ここをまっすぐに行けば「セントラル」…と言って彼はバイバイ…ありがとうございました。

ここから先ホテルのある場所までが大変なのだ。オートバイタクシーに引っ張ってもらおうと、

サトウキビジュース露天販売所止まって待ってみたが、見当たらない。

ジュースを買いに止まった女性にホテルのアドレスも見せると、まっすぐ行って左の方だと教えてくれた。

よし行ってみるか、セントラルのに入ってどこを走っているのやら、見当もつかない。

ホーチミン市内に入って一時間か過ぎている。

確か来たことのある、戦車が最初に突入した、旧大統領府を見つけた、確かにそうだ。歩道に乗り上げて

道を訪ねる。

どこでみていたのかビルの中からビジネスマンが出てきて、スマホで調べてくれて詳しく紙にかいてくれた

…ビルは涼しい…日曜なのだがこのビルは仕事していた。

ごく近いんだ、ありがとうございました。ロータリーまではすぐに着いた。

出口を間違った、あるはずのホテルがない。グルーっと回ってふたたびロータリーに。

突然大雨になる…コンビニの軒下で雨やどり…青年に書いてももらった地図を見せたら、ふたつ目、その道に

入って行けばホテルの場所と…

雨がやんで走って見ると見覚えのある通りだった、すぐに着いた。12時を過ぎている。

アレーとゆう顔のレセプション女性、雨で走れなかったので戻ってきた。

飯食ったあとレンタルバイク2日分支払って、払い戻ししてもらう。

あー雨の中・・もうー走らなくてもいい・・ほっとした気持ちになった。



7月17日 月曜

これからハノイまでの旅…検討して練り直し…。ハノイに向かう途中、中間…海岸沿いあたりダナンと

言う街の近く…

ホイアンの町でろう者だけで営業している。注目の「喫茶店がある」と日本のろう者の仲間二人から

ぜひ寄ってみて来てくれとメールがすでに届いている。

録画も送ってくれた…女性、5・6人が切り盛りして繁盛している録画だった。きょう、ホテルの中に

あるツアー会社に相談して見た。

①バスで行くか ②列車で近くまで行くか…バスだと乗ってる時間が長すぎて腰を痛めそうだ。

列車寝台車62ドルを申し込んだが、二段ベッド4人部屋は満席でダメ、

三段ベッド6人部屋52ドル空いていたが…

わたしはリクライニングシートの座席を4700円…を予約済ませた。


7月18日ホーチミン19:30発ーダナン着12:30…ダナンからバスかタクシーで、

45分ぐらいとツアー会社説明。

ダナンに宿をとってそこからふぉい案まで移動することにしよう。


ホーチミン市内まで引っ張てもらった青年‥ありがとう


市内に入るとでっかい・・人の顔・・なんだろうか。


トウキビジュースのおばさんのところでバイクタクシーを待つ・・来なかった。


市内に入って・・いつの間にか出てきてホテルの場所を探してくれた・・ビジネスマン

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オートバイひとり旅・地球走... | トップ | オートバイひとり旅・地球走... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。