その後の『ロンドン テムズ川便り』

ことの起こりはロンドン滞在記。帰国後の今はクラシック音楽、美術、映画、本などなどについての個人的覚書

ビエロフラーヴェク指揮/ BBC交響楽団/ マーラー交響曲第6番

2011-02-02 22:43:11 | コンサート (in 欧州)
初めてバービカンホールでBBC交響楽団を聴く。7時から始まることの多いこのオケの演奏会はなかなか行きにくい。今日はマーラーの6番ということで、たまには仕事を定時後早めに切り上げて、バービカンへ。それでも着いたのはギリギリ。
着いてビックリ。なんと3階は閉鎖されていて、1階と2階のみ。メインはマーラーだというのに、2階席も後ろの方はがらがらで、ちょっと楽団員の皆さんが気の毒に。でも、会場の聴衆の皆さんには不思議に、なんだかくつろいだアットホームな雰囲気が流れているような気がした。

1曲目はモーツァルトのピアノ協奏曲16番。BBCラジオで生放送するらしいのだが、事前に簡単な一言紹介があった。モーツァルトのピアノ協奏曲の中で最も演奏される機会が少ない曲だそうだ。なので当然、自分も初めて。曲が始まるとモーツァルトらしい優雅で美しいオーケストラの序奏に続きピアノが始まる。5分ほど頑張ったが、案の上、撃沈。夢の世界に入ってそのまま終了。

休憩を挟んでの後半は、いよいよお目当ての登場。交響曲第6番は「悲劇的」と言われ、9番とならんでかなり暗い曲。ここでは、主任指揮者のイルジー・ビエロフラーヴェクとBBCSOのパワフルな演奏に肝を抜かれた。いつも同じホールで聴くLSOと比較すると粗削るなところがあるのは否めないと思ったが、それを補って余りある大熱演である。ステージ一杯に広がる大オーケストラによる120%の力を振り絞っての演奏は、理屈抜きに圧倒され感動的だった。

終演後、観衆からの大拍手やビエロフラーヴェクの称賛に応える楽団員の皆さんの姿勢や楽団員同士の雰囲気もアットホームな印象を受け、とても好感度の高いオーケストラだ。


Mahler and Mozart
with the BBC Symphony Orchestra

Mozart Piano Concerto No 16 in D major, K451
Mahler Symphony No 6 in A minor

Jiří Belohlávek conductor
Lars Vogt piano

Wednesday 02 February 2011, 7pm
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩野七生 『ローマ人の物語... | トップ | ロンドン 日本食レストラン... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つるびねった)
2011-02-03 08:40:02
かんとくさんもいらしたんですね。
BBCSOはいつもお客さん少ないんですよ。正直もったいないですね。
今日のマーラーはわたしにとってずば抜けた名演でした。今まで聴いた中で、間違いなく1、2を争う演奏でした。始めっから涙腺開きっぱなし。
Unknown (Miklos)
2011-02-03 09:40:00
おー素早いですね。私は今日はもう寝ます。

私も同意見、もの凄く良い演奏でした。節度があり、爆発があり、スコアに忠実であり、細かい心配りがあり、ビエロフラーヴェクさんの職人ワザが炸裂してましたね。

ところで、右側にある「メッセージを送る」で先日私信を送ったのですが、読んでいただけましたでしょうか?
Unknown (voyager2art)
2011-02-04 05:16:00
かんとくさんこんばんは。

あの会場にみなさんいらっしゃったんですね。僕は仕事がきつくて行くかどうか迷ったんですが、思い切って行って本当によかったです。

僕もみなさんと同感で、あれだけのマーラーは滅多に聴けるものではないと思います。オケ・指揮者共に何故か地味なんですが、実はものすごい実力の持ち主ですよね。どんどんこのコンビが好きになっていきます。
Unknown (かんとく)
2011-02-04 08:29:42
つるびねったさん
それにしてもお客さん少なすぎませんか?チケットもあんなにお手ごろなのに。これから、私ももっと応援します!
マーラー6番は私はあまり聴きなれていないので、私には詳しいことは分かりませんでしたが、凄い何かを感じさせられた演奏であったことは間違いないですね。
Unknown (かんとく)
2011-02-04 08:34:57
Miklosさん
はい、早いのだけが取り柄です。先を越されると、書けなくなるので・・・。それにしても、素晴らしい演奏でしたね。
メッセージの件、確かに受け取っておりました。別便で返信させていただきましたので、よろしくお願いいたします。
Unknown (かんとく)
2011-02-04 08:37:14
「voyager2artさん、おまえもか!」てな感じで、皆さん大集合だったわけですね。あの感動空間を皆さんと共有できて、とってもうれしいです。
Unknown (どきち)
2011-02-04 10:09:50
こんにちは。
たぶん、初めましてだと思います
つるびねったさんのブログ経由で
来ました
ミーハーなファンながらBBC交響楽団の
ファンブログを書いてるどきちです
 トラックバックをしました
(ちなみに女性の首席チェロの奏者が
お気に入りです)

追伸
このコンビは、私大好きです
いい関係を作れたと思っています
Unknown (かんとく)
2011-02-05 09:31:13
どきちさん
はじめまして。コメントありがとうございます。ブログも拝見しました。BBCSOの追っかけって、すごいですね。あと、沖縄にご在住とのこと、うらやましいです。プライベートでは行ったことないのですが、仕事で数回訪れて、いつもその素晴らしさに仕事をやる気を失っていました。
私はBBCSOの定期演奏会は初めてでしたが、とっても感じの良いオーケストラで一発で好きになりました。これからも、足を運ぼうと思います。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
逃げない/ビエロフラーヴェク & BBC交響楽団 & フォークト (Voyage to Art)
 マーラー記念年のシーズンにマーラーを1曲しか演奏しないBBCシンフォニー。何とも潔い態度だけれど、そこで演奏する1曲が交響曲6番というのがまた実に渋い。前半はモーツァルトのピアノ協奏曲16番と、これまた珍しい曲。 Mozart: Piano Concerto No.16 in D major, K...
まーらー交響曲第6番だす (メインは、BBCso)
BBCラジオ3で 現地2日に行われたBBC交響楽団のコンサートが 現在聞くことが
世界は悲しみで満ちている (miu'z journal *2 -ロンドン音楽会日記-)
02.02.2011 @barbican hall mozart: piano concerto no. 16, k451 mahler: symphony no. 6 lars vogt (pf) jiří bělohlávek / bbcso 今日もとっても期待してたんです。ビエロフラーヴェクさんとBBCシンフォニーのマーラーの交響曲第6番。このコンビの...
BBC響/ビエロフラーヴェク:模範的なマーラー (LONDON BORING - ロンドンの退屈な日々)
2011.02.02 Barbican Hall (London) Jiří Bělohlávek / BBC Symphony Orchestra Lars Vogt (P-1) 1. Mozart: Piano Concerto No. 16 in D major, K451 2. Mahler: Symphony No. 6 in A minor ロンドンのローカルオケで聴くマーラー6番シ