サーファー院長の骨休め

“ビッグマッサータハラ”のライフスタイル

まちあるきぼうけん隊

2017-03-21 | Weblog
「まちあるきぼうけん隊」2017.3/20(月・祝)

大磯町商工会青年部50周年事業


大磯の史跡とお店にある謎を解き、スタンプラリーをしながらお宝を探すという、子ども向けのイベントです。

ビッグマッサーも参加し、子どもたちに海のこと、そして、マッサージを教えました。


合掌叩打というマッサージのテクニックです。これは、主にマッサージの締めに使われる手技で床屋さんでも最後にやってもらったことがあるのではないでしょうか。

これを保護者の方の背中を借りて、後ろから子どもが教えられた通りにやると、パカパカパカと心地いい音がします。

それを「あ~、気持ちいいよ~。家でもやってね。」という、

親子のスキンシップが、なんともほほえましい光景となりました。

これができるとスタンプを押すというシステムです。




後輩。小田原国府津、臥竜治療院のタカチ。

急遽前の日に頼んだにも関わらず、快く引き受けてくれて手伝ってくれました。



発表では、参加した親子の人数は、1300人ということです。

ビッグマッサーにも保護者の方も合わせれば、そのくらいは、来ていたのかもしれません。

暑い中、お待たせしまして、申し訳有りませんでした。

私ものどがかれました。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の | トップ | プロトライアル »
最近の画像もっと見る

あわせて読む